李世ドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「李世」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。

李 世(イ・セドル、이세돌、1983年3月2日 - )は、韓国囲碁棋士全羅南道新安郡の新安諸島飛禽島出身、韓国棋院所属、九段。富士通杯世界選手権3回優勝など数々の世界戦で優勝し、李昌鎬の次の世代として世界最強とされる棋士。戦闘的、独創的な棋風。ニックネームは「不敗少年」、世界棋戦でのめざましい活躍から世界碁界の「魔王」とも呼ばれる。兄は棋士の李相勲。

日本語と中国語では「」という文字がないので、「石」、「ドル」、「dol」などの表記に代替することもある。[1]

経歴[編集]

父から碁を習い、6歳頃から棋譜並べをしていた。1995年入段。1996年には第1回LG杯世界棋王戦の前夜祭で、曺薫鉉と公開対局を行い先番ジゴ。2000年、17歳の時にバッカス杯天元戦に優勝して初タイトル。またこの年には32連勝も記録した。2003年にKT杯戦に準優勝して七段昇段。また富士通杯世界選手権で2002年、2003年と連続優勝し、九段昇段。国際棋戦重視と言われていたが、2006年には国内棋戦4冠を達成し、李昌鎬と並ぶ実績を挙げ、2007年韓国等級ランキングでは1位に躍り出る。2007年から再開された名人戦ではリーグ戦を7勝2敗で1位となり、6勝3敗の同率決戦で睦鎮碩を制した趙漢乗を、五番勝負で3-0で破って名人位となる。また2007年から08年にかけて、トヨタ&デンソー杯、テレビ囲碁アジア選手権、三星火災杯、LG杯と世界戦4冠を達成。

2006年に結婚。結婚式は3月12日で、この前後の11、13日には春蘭杯世界囲碁選手権戦の1、2回戦が北京で行われ、春蘭杯の日程を知らなかったと言われつつも、北京とソウルを飛行機で往復して対局をこなしてタラヌ・カタリン羅洗河を破りベスト8に進出したが、9月の準々決勝で謝赫に敗れた。中国甲級リーグでは2004年から貴州チームに参加、2008年には全勝すると10万元、敗れると一銭もなしという契約で8戦全勝を果たし、さらに2009年第10戦で敗れるまでリーグ戦19連勝を果たす。韓国囲碁リーグでは、2005年ピーマン、2006-08年は第一火災チームに参加。農心辛ラーメン杯では2008-09年に初出場し、常昊古力の二人抜きして韓国優勝を果たした。

棋士休職と復職[編集]

2009年4月に、韓国囲碁リーグへの不参加、中国囲棋リーグ戦の契約金5%を韓国棋院に提供しないこと、棋譜の管理を韓国棋院にゆだねることの拒否を表明。これに対して韓国棋院では李の処分を諮り、李は6月に疲労など理由に1年半の棋士休業を発表し、認められた。ただし既に契約済みの中国囲棋リーグには参加を続ける。[2][3]

その後12月に復職依頼を提出して、2010年1月から棋戦に復帰。以来5月まで24連勝し、その間にBCカード杯優勝などして、棋士ランキングも3月には1位に復帰し、2012年6月に朴廷桓に抜かれるまで27か月間1位を維持。2010年11月のアジア競技大会では男子団体戦に出場して金メダル獲得。韓国囲碁リーグでは13勝2敗の成績で新安チーム優勝に貢献し、MVP受賞。

タイトル歴[編集]

国際棋戦

国内棋戦

その他の棋歴[編集]

  • 韓国囲碁リーグ
    • 2004年(ハンゲーム)5-2
    • 2005年(ピーマン)3-4
    • 2006年(第一火災)9-5
    • 2007年(第一火災)9-4
    • 2008年(第一火災)11-3
    • 2010年(新安天日塩)13-2(MVP)
    • 2011年(新安天日塩)10-4
    • 2012年(新安天日塩)

著書[編集]

  • 『李世乭名局撰集(上)(中)(下)』棋苑図書 2012年

脚注[編集]

  1. ^ 名前の漢字表記について
    」(ハングル、「トル」または「ドル」に転写)は韓国の国字で、「石」を意味する。韓国の男性の中には、韓国語(朝鮮語)の固有語(日本語和語に相当)風の「~」という名前がたまにある。韓国語で「」と同一な字音を持つ漢字は「突」などがある。仮名への転写は、異音によって「トル」または「ドル」とする。詳しくは朝鮮語の音韻を参考。
  2. ^ 韓国棋院 이세돌 9단의 한국리그 불참은 잘못됐다!?
  3. ^ 朝日新聞 韓国ナンバーワン棋士の李九段、1年半の休職届を提出

外部リンク[編集]

韓国棋院「이세돌(李世乭)」