李ケイ (南唐)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「李璟」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
元宗 李璟
南唐
第2代皇帝(国主)
王朝 南唐
在位期間 943年 - 961年
都城 金陵→南昌府
姓・諱 徐景通→李璟→李景
伯玉
諡号 明道崇徳文宣孝皇帝
廟号 元宗
生年 天祐12年(915年
没年 建隆2年(961年
烈祖
皇后 鍾皇后
陵墓 順陵
年号 保大 : 943年 - 957年
中興 : 958年
交泰 : 958年

李 璟(り けい)は、十国南唐の第2代皇帝(国主)。烈祖の長男。初名は徐景通であったが、南唐建国後に李璟と改名し、さらに後周の臣下を称したあと後周の信祖郭璟(太祖・郭威の高祖父)のを避けて李景と再改名した。

生涯[編集]

即位後は内治に意を注いだ烈祖の政策を転換して外征を進め、保大3年(945年)にを、保大9年(957年)にはを滅ぼして最大版図を築いた。

保大15年(957年)に後周の軍が南唐に侵入、南唐の領域であった淮南を占拠してさらに長江一帯に迫ると、李璟は後周の世宗柴栄に使者を送り、臣称して帝号を廃止、国主を名乗って後周の年号を用いた。

元宗は政治面よりも文化面で名を残しており、や書に優れ、特に「小楼吹徹玉笙寒」は不朽の名句であり、次代の後主李煜の作品とともに『南唐二主詞』に収録されている。建隆2年(961年)に47歳で病死した。

宗室[編集]

先代:
烈祖
南唐の第2代皇帝/国主
943年 - 961年
次代:
後主