李キン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本来の表記は「李歆」です。この記事に付けられた題名は記事名の制約から不正確なものとなっています。
後主 李歆
西涼
第2代公
王朝 西涼
在位期間 417年 - 420年
都城 酒泉
姓・諱 李歆
士業
小字 桐椎
生年 不詳
没年 嘉興4年(420年)7月
武昭王
年号 嘉興417年 - 420年

李 歆(り きん)は、五胡十六国時代の西涼の第2代公。太祖武昭王李暠の次男。諡号廟号はないため、後主(こうしゅ)と呼ばれる。

生涯[編集]

建初13年(417年)、父の薨去により公位に即く。父の政策を継承して東晋に臣従し、嘉興2年(418年)には東晋から都督七郡諸軍事・鎮西大将軍・酒泉公に封じられた。しかし父と違って暗愚であり、家臣をむやみに処罰したり、刑罰を厳しくしたり、城の増築・改築を繰り返して民に重税を強いて財政難を招くなどして、国力の衰退を招いた。

嘉興4年(420年)には北涼への遠征を計画する。家臣はこれに猛反対したが、後主はこれを聞き入れることなく遠征を強行して、逆に北涼の太祖武宣王(沮渠蒙遜)に大敗し、捕らえられて処刑された。

後主の死により、西涼は実質的に滅亡したとされている。

宗室[編集]

父母[編集]

  • 父:李暠(太祖武昭王)

兄弟[編集]

[編集]

先代:
武昭王
西涼の第2代
417年 - 420年
次代:
末主