杉町マハウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

杉町 マハウ(すぎまち まはう、Mahau Sugimachi、1984年11月13日 - )はブラジル陸上競技選手、専門は400mハードル北京オリンピック男子400mハードルブラジル代表。ブラジル選手権400mHは2008年から2013年まで6連覇している。身長185cm、体重78kg。

経歴[編集]

1984年ブラジル中部のゴイアスで生まれる。1992年に来日、足利市の小中学校を卒業後は常磐高等学校へ進学し茨城インターハイ走高跳で5位に入賞した。高校卒業後は日本ウェルネススポーツ専門学校へ進み、卒業後に同校の陸上部コーチを務めている。国民体育大会の男子400mハードルで2度優勝した。2008年6月チリイキケで開催された第13回イベロアメリカ選手権に出場し優勝を飾る。同年8月の北京オリンピックは準決勝に進出し、2組7着。世界選手権ベルリン大邱モスクワの3大会に出場している。2007年7月に母国ブラジル・リオ・デ・ジャネイロで開催された第15回パンアメリカン競技大会の400mハードルに出場し49秒63の記録で7位入賞の成績を残した[1]。2006年7月に神戸市で開催された第90回日本選手権は49秒63の記録で2位に入賞した[2]

成績[編集]

自己記録[編集]

  • 400mハードル - 48秒67(2009年10月3日、新潟

脚注[編集]

  1. ^ MAHAU SUGUIMATI IAAF. 2013年3月15日閲覧
  2. ^ 毎日新聞 2006年7月2日東京朝刊, p.17

外部リンク[編集]