朴顯俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朴 顯俊 (パク・ヒョンジュン)
Park Hyun-jun
基本情報
国籍 韓国の旗 韓国
出身地 全羅北道全州市
生年月日 1986年9月22日(27歳)
身長
体重
185 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2009年 KBOドラフト2次1位
初出場 2009年4月4日
最終出場 2011年10月2日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

朴 顯俊パク・ヒョンジュン、박현준 , 1986年9月22日 - )は、大韓民国全羅北道全州市出身の元プロ野球選手投手)。右投げ右打ち。

韓国プロ野球八百長事件に関与していたとして2012年4月18日に韓国野球委員会から永久追放処分を科された。

経歴[編集]

慶熙大学校を経て2009年KBOドラフトSKワイバーンズの2次1位指名を受け、入団した。2009年のシーズン開幕戦にも登板した。

2010年7月28日にSKがLGツインズとの間で4対3のトレードを成立させ、尹耀涉らと共にLGへ移籍する事になった。同年10月30日の第17回インターコンチネンタルカップの決勝戦の対日本戦では完投勝利を収めた。

2011年は投手陣が不足していたLGの先発ローテーションの一角を占め、チーム最多の13(11)を挙げた。

2012年2月に金聖賢と共に韓国プロ野球八百長事件に関与した疑いがある選手として浮上した。3月2日に大邱地検に出廷して約8時間の調査を受け、2011年8月に2回に渡って八百長を行い、1試合あたり200〜300万ウォンを受け取った容疑を認めた[1]。3月6日に金聖賢と共にLGから放出された[2]。4月18日に大邱地裁公判を開き、金聖賢と朴顯俊に懲役6ヶ月と執行猶予2年と120時間の社会奉仕活動命令の判決を下して実刑は免れ、追徴金には金聖賢に700万ウォン、朴顯俊と500万ウォンを宣告した[3]。同日に2人は韓国野球委員会(KBO)から永久除名処分を科された[4]。なお、KBOと相互協定を結んでいるMLBNPBCPBLなどの他国のプロ野球リーグでも同様の処分が課されており、KBOの許可無しにプレーする事は出来なくなっている。

プレースタイル[編集]

林昌勇に近い腕の位置から152km/hの速球を投げ、サイドスローには珍しく高速で「滝のように落ちる」と形容されるほどの落差の大きいフォークボールを武器としていた。クイックモーションも平均1.15秒・最速1.08秒と速く、盗塁を試みるのは難しい[5]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]






















































W
H
I
P
2009 SK 14 0 0 0 0 0 1 0 0 .000 84 17.0 21 1 10 -- 2 7 -- -- 14 11 5.82 1.82
2010 8 2 0 0 0 0 0 0 0 ---- 47 8.2 11 1 -- 10 -- -- 11 10 10.38
LG 12 9 0 0 0 2 3 0 0 .400 216 49.0 49 8 -- 36 -- -- 34 32 5.88
'10計 20 11 0 0 0 2 3 0 0 .400 263 57.2 60 9 27 -- 9 46 -- -- 45 42 6.55 1.51
2011 29 26 0 0 0 13 10 0 0 .565 711 163.2 153 13 68 -- 11 137 -- -- 88 76 4.18 1.35
通算:3年 63 39 0 0 0 15 14 0 0 .517 1058 238.1 234 23 105 -- 22 190 -- -- 147 129 4.87 1.42

背番号[編集]

  • 17 (2009 - 2010年)
  • 11 (2010 - 2011年)

脚注[編集]

  1. ^ LG 박현준 경기조작 혐의 일부 시인” (韓国語). ソウル新聞. 2013年8月28日閲覧。
  2. ^ 팬 여러분께 진심으로 사과 드립니다.” (韓国語). LGツインズ公式. 2013年10月20日閲覧。
  3. ^ '경기조작' 박현준-김성현, 집행유예 2년에 사회봉사 120시간 명령” (韓国語). 亜州経済. 2013年8月28日閲覧。
  4. ^ '경기조작' 박현준·김성현 영구실격 처분” (韓国語). 聯合ニュース. 2013年8月28日閲覧。
  5. ^ 트레이드가 박현준 살렸지…SK에 있었어봐 어휴” (韓国語). 東亜日報. 2013年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]