朴東鎮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
朴東鎮
박동진(1922년).png
朴東鎮 (1962年当時)
各種表記
ハングル 박동진
漢字 朴東鎮
発音: パク・ドンジン
日本語読み: ぼく・とうちん
英語表記: Pak Ton-gjin
テンプレートを表示

朴 東鎭(パク・ドンジン、박동진、1922年10月11日 - 2013年11月11日)は、大韓民国外交官国会議員民主正義党に所属した。

生涯[編集]

大邱府出身。大邱高等普通学校と日本の中央大学を卒業[1]

1951年に外務部に入省。儀典局長、駐イギリス参事官、外務部次官、駐ベトナム大使、駐ブラジル大使、駐ジュネーブ大使、国連大使、外務部長官(1975年-1980年)、国会議員(1981年-1985年)、国土統一院長官(1985年-1986年)、駐アメリカ大使(1988年-1991年)、韓国電力公社理事長、韓国外交協会会長を務めた。

2013年11月11日京畿道龍仁市の病院にて老衰により死去[2]。91歳没。

家族[編集]

妻の兪忠淑は、小説家法学者新民党元党首の兪鎮午の娘。

参考資料[編集]

注釈[編集]

公職
先代:
李世基
韓国の旗 大韓民国国土統一院長官
第12代:1985 - 1986
次代:
許文道
先代:
金東祚
韓国の旗 大韓民国外務部長官
第17代:1975 - 1980
次代:
盧信永
外交職
先代:
金瓊元
韓国の旗 在アメリカ合衆国大韓民国大使
第13代:1988 - 1991
次代:
玄鴻柱