札幌北洋ホールディングス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社札幌北洋ホールディングス
Sapporo Hokuyo Holdings, Inc.
Hokuyouodori center.jpg
札幌北洋ホールディングス本社
北洋大通センター
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8328 2012年9月26日上場廃止
札証 8328 同日付上場廃止
略称 札幌北洋HD
本社所在地 日本の旗 日本
北海道札幌市中央区大通西3丁目7番地
設立 2001年(平成13年)4月2日
業種 銀行業
事業内容 銀行その他銀行法に基づく子会社の経営管理と附帯業務
代表者 石井純二代表取締役社長
資本金 732億7,900万円
発行済株式総数 399,406,530株
売上高 連結1,799億9,000万円
単体11億3,000万円
経常収益、2010年3月期)
営業利益 連結334億9,700万円
単体5億1,700万円
経常利益、2010年3月期)
純利益 連結316億9,400万円
単体3億8,600万円
(2010年3月期)
純資産 連結3,251億0,500万円
単体2,837億0,500万円
(2010年3月期)
総資産 連結7兆3,945億7,800万円
単体2,840億0,700万円
(2010年3月期)
従業員数 連結4,158人
単独18名
(2010年3月31日時点)
決算期 3月31日
主要株主 日本生命保険7.75%
明治安田生命保険7.74%
第一生命保険6.71%
北海道電力5.79%
日本トラスティ・サービス信託銀行(信託口)3.72%
三井生命保険2.78%
日本興亜損害保険2.72%
東京海上日動火災保険2.51%
日本マスタートラスト信託銀行(信託口)2.24%
三井住友海上火災保険1.70%
(以上で43.70%)
主要子会社 北洋銀行
札幌北洋カード
札幌北洋リース
外部リンク http://www.sapporohokuyo.co.jp/
特記事項:経営指標は2010年3月期。同社の有価証券報告書による。
テンプレートを表示

株式会社札幌北洋ホールディングス(さっぽろほくようホールディングス、: Sapporo Hokuyo Holdings, Inc.)は、かつて存在した銀行持株会社。傘下に置いていたのは、北洋銀行(資金量で第二地方銀行首位)、札幌北洋カード(クレジットカード会社)、札幌北洋リースなど。

東京証券取引所一部、札幌証券取引所に上場していた。略称は札幌北洋HD(上場銘柄としては、単に「札幌北洋」としていた)。

自己資本比率10.52%、貸出金51,993億円(いずれも2010年3月期、連結)。資金量は地銀6位、総資産では4位。

概要[編集]

北海道地盤の第二地方銀行同士である「北洋銀行」と「札幌銀行」を経営統合するため、2001年(平成13年)4月に設立され、現在の札幌北洋ホールディングスとなる。2008年(平成20年)10月14日、北洋銀行を存続行として両行は合併し、現在の北洋銀行となった。

2012年(平成24年)10月1日、子会社の北洋銀行吸収合併され、解散した[1]金融持株会社が子会社の銀行に吸収合併されるケースは、もみじホールディングスきらやかホールディングスに次いで3例目となり、持株吸収後の北洋銀は、テクニカル上場により、再上場をしている。

沿革[編集]

  • 1999年(平成11年)9月 - 北洋銀行と札幌銀行が包括的な業務提携を開始
  • 2001年(平成13年)4月 - 北洋銀行と札幌銀行が株式移転により札幌北洋ホールディングスを設立。東証第一部、および札証に上場。
  • 2007年(平成19年)1月 - 2008年10月のシステム統合を目処に、子会社である北洋銀行と札幌銀行を合併すると発表。
  • 2008年(平成20年)10月 - 子会社である札幌銀行が北洋銀行と合併。
  • 2012年(平成24年)10月 - 子会社の北洋銀行に吸収合併され解散[1]

札幌北洋ネットワーク[編集]

ここでは、合併前時点における北洋銀行および札幌銀行の店舗(出張所を含む)を紹介する。なお、札幌銀行の店名は2008年10月14日の時点で8割ほど(拓銀店が存続したことに伴い、現存の北洋店と重複しない自治体名そのものの名称(帯広支店など)の店舗を含め)変更された。

2008年10月14日の時点で札幌銀行の支店名がそのまま残るのは当麻支店やアルカ支店など、ごくわずかにとどまる見込みであり、合併後2年以内に札銀店舗と北洋店舗が500m以内の店舗は統廃合が実施される予定(40店ほど)。

札樽地区(145店舗)
  • 石狩支庁管内
    • (北洋)札幌市内72店舗、千歳市内3店舗、江別市内3店舗、恵庭中央支店、恵み野出張所、当別支店、花川支店、花川北支店、北広島支店
    • (札幌)札幌市内34店舗、北広島市内4店舗、千歳支店、千歳富丘支店、野幌支店、花川支店
  • 空知支庁管内(美唄市以南)
    • (北洋)岩見沢中央支店、栗山支店、美唄支店、夕張支店
    • (札幌)岩見沢支店
  • 後志支庁管内
    • (北洋)小樽市内4店舗、倶知安支店、余市支店、岩内中央支店
    • (札幌)小樽支店
  • 胆振支庁管内(苫小牧市以東)
    • (北洋)苫小牧市内4店舗
    • (札幌)苫小牧支店、苫小牧北支店
函館地区(17店舗)
  • 渡島支庁管内
    • (北洋)函館市内9店舗、七重浜支店、松前支店、長万部支店、八雲支店、森支店
    • (札幌)函館支店、亀田支店
  • 檜山支庁管内
    • (北洋)江差支店
    • (札幌)江差支店
室蘭地区(9店舗)
  • 胆振支庁管内(白老町以西)
    • (北洋)室蘭中央支店、中島町支店、登別支店、伊達支店
    • (札幌)室蘭支店
  • 日高支庁管内
    • (北洋)浦河支店、静内支店
    • (札幌)浦河支店、静内支店
滝川地区(8店舗)
  • 空知支庁管内(奈井江町以北)
    • (北洋)滝川支店、深川支店、砂川支店、芦別支店、赤平支店
    • (札幌)滝川支店
  • 留萌支庁管内
    • (北洋)留萌支店、増毛支店
旭川地区(21店舗)
  • 上川支庁管内
    • (北洋)旭川市内8店舗、名寄支店、士別支店、富良野支店、美深支店
    • (札幌)旭川支店、永山支店、当麻支店、富良野支店
  • 宗谷支庁管内
    • (北洋)稚内支店、浜頓別支店
    • (札幌)稚内支店
  • 網走支庁管内(遠紋圏)
    • (北洋)紋別支店、遠軽支店
網走地区(10店舗)
  • 網走支庁管内(北網圏)
    • (北洋)北見市内3店舗、網走支店、美幌支店、斜里支店
    • (札幌)北見支店
  • 根室支庁管内
    • (北洋)根室支店、中標津支店
    • (札幌)根室支店
釧路地区(9店舗)
  • 釧路支庁管内
    • (北洋)釧路市内4店舗、弟子屈支店、厚岸支店、標茶支店
    • (札幌)釧路支店、鳥取支店
帯広地区(11店舗)
  • 十勝支庁管内
    • (北洋)帯広市内4店舗、本別支店、池田支店、幕別支店、木野支店、清水支店
    • (札幌)帯広支店、本別支店
その他
  • (北洋)東京支店、はまなす(振込専用支店)、大連駐在員事務所、上海駐在員事務所
  • (札幌)ばんくる号(合併準備のため2008年10月5日をもって休止)、アルカ支店

子会社[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 株式会社北洋銀行と株式会社札幌北洋ホールディングスの合併について (PDF)

外部リンク[編集]