本間美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 本間美術館
Homma Museum of Art
本間美術館(2007年1月撮影)
施設情報
専門分野 美術
管理運営 公益財団法人本間美術館
開館 1947年
所在地 998-0024
山形県酒田市御成町7-7
位置 北緯38度55分24.2秒 東経139度50分31.4秒 / 北緯38.923389度 東経139.842056度 / 38.923389; 139.842056座標: 北緯38度55分24.2秒 東経139度50分31.4秒 / 北緯38.923389度 東経139.842056度 / 38.923389; 139.842056
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

本間美術館(ほんまびじゅつかん、Homma Museum of Art)は、山形県庄内地方の大地主であった本間家が収集した品を保管、展示する山形県の登録博物館。運営は、公益財団法人本間美術館。収集品を展示する美術館としてのみならず、京風の純和風建築「清遠閣」、庭園「鶴舞園」による庭園美術館としての性質も持つ。庭園の片隅にある窯では、民芸品である本間焼が造られている。

概要[編集]

  • 1813年 本間家当主、本間光道が別荘として清遠閣を築造。以後、庄内藩主の立ち寄り所としても機能する。
  • 1925年 清遠閣が皇太子(後の昭和天皇)の行啓の際に、宿泊所として用いられる。
  • 1946年 農地改革が実施され、本間家は不動産に関する資産の大半を失う。
  • 1947年 別荘と庭園を私設美術館として開放した。初代館長の本間順治(1904 - 1991)は日本刀研究の第一人者として知られ、文化財保護委員会(現・文化庁)美術工芸課長などを務めた。彼は第二次大戦終戦後の混乱期に日本刀の芸術性を訴え、日本刀を没収の危機から救った人物として知られる。
  • 1965年 本間美術館が財団法人化され、本間順治が初代理事長に就任した。
  • 1968年 新館が落成した。(伊藤喜三郎の設計による)

文化財[編集]

鶴舞園(かくぶえん) 酒田の迎賓館と称された清遠閣
鶴舞園(かくぶえん)
酒田の迎賓館と称された清遠閣

重要文化財

名勝

  • 本間氏別邸庭園(鶴舞園)

アクセス[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]