本納駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
本納駅
駅舎 (2005年10月)
駅舎 (2005年10月)
ほんのう - Honnō
永田 (2.4km)
(3.7km) 新茂原
所在地 千葉県茂原市本納1791
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 外房線
キロ程 27.7km(千葉起点)
電報略号 ホノ
駅構造 地上駅
ホーム 2面3線
乗車人員
-統計年度-
1,775人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1897年明治30年)4月17日
備考 業務委託駅
ホーム(2008年6月)

本納駅(ほんのうえき)は、千葉県茂原市本納にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)外房線である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

地上駅であり、駅舎の東側に接して単式ホーム1面1線、そのさらに東側に島式ホーム1面2線と、あわせて2面3線のホームを有する。二つのホームは駅舎の新茂原方にある跨線橋で結ばれている。

駅舎は木造平屋建てで、基礎部分がレンガ積みとなっているのが特徴的である。内部には広い待合所のほか、自動券売機自動改札機が設置されている。その他、トイレ2008年3月供用開始)と島式ホーム部に締め切り可能な待合所が一棟設置されている。

2006年平成18年)までは直営駅であったが、それ以降はJR千葉鉄道サービスが駅業務を受託する業務委託駅となった。なお茂原駅が当駅を管理している。

2010年(平成22年)2月10日より外房線PRC型自動放送が導入された。

のりば[編集]

番線 路線 方向 行先 備考
1 外房線 下り 茂原大原安房鴨川方面  
2 外房線 下り 茂原・大原・安房鴨川方面 待避列車
上り 大網千葉東京方面
3 外房線 上り 大網・千葉・東京方面  
  • 上下にかかわらずごく一部の列車は2番線に発着している。
  • ホームは10両編成までに対応する。

利用状況[編集]

2012年度の1日平均乗車人員は1,775人であった。

JR東日本および千葉県統計年鑑によると、1日の平均乗車人員の推移は以下の通りである。

年度 一日平均
乗車人員
1990年 2,021
1991年 2,066
1992年 2,204
1993年 2,229
1994年 2,251
1995年 2,327
1996年 2,324
1997年 2,241
1998年 2,186
1999年 2,219
2000年 2,237
2001年 2,202
2002年 2,070
2003年 2,001
2004年 2,032
2005年 2,036
2006年 2,028
2007年 1,993
2008年 1,991
2009年 1,921
2010年 1,838
2011年 1,814
2012年 1,755

駅周辺[編集]

1972年昭和47年)に茂原市と合併するまでは、長生郡本納町の中心部であった。

バス路線[編集]

のりば 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
本納駅 本01 吉田・白子中央公民館前 白子車庫 小湊鉄道
本02 吉田 白子中央公民館前 小湊鉄道
本03 北稜高校 小湊鉄道 休校日運休
北部(豊岡)コース 萱場北谷集会所・豊岡小学校前 清水集会所 茂原市民バス 月・水・金運行
萱場上谷青年館・豊岡小学校前 清水集会所 火・木運行
  長生病院 平日運行
本納駅入口 大網09 永田駅入口 大網駅 小湊鉄道 平日土曜2本のみ
新茂原駅入口 茂原駅南口 平日土曜2本のみ

その他[編集]

  • 茂原市によりJR東日本へ当駅への快速列車停車、駅舎改築、ホームへの屋根の設置が要望されている。
  • かつて、駅待合室に大量の提灯が飾られていたことがあった。

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道
外房線
通勤快速・快速(昼間時以外の京葉線経由)・快速(総武線経由)
通過
快速(昼間時の京葉線経由)・普通(各駅停車)
永田駅 - 本納駅 - 新茂原駅

関連項目[編集]

外部リンク[編集]