本田庄太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本田庄太郎(ほんだしょうたろう、1893年1月30日-1939年10月10日)は童画画家

静岡県浜松市に生まれた。小学校卒業後、17歳で上京。太平洋画会研究所(現在の「太平洋美術会」)で絵の技術、デザインを学ぶ。

1913年頃から児童雑誌の挿絵を描く仕事を始める。日本童画家協会に入らなかったが、児童雑誌「コドモノクニ」では最も掲載回数が多い作家であり人気画家の一人であった。

  • 「こがね丸」(講談社 1938年)
  • 「孫悟空」(講談社 1938年)