本朝麗藻

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

本朝麗藻(ほんちょうれいそう)は平安中期の漢詩集高階積善の撰。一条朝末期、寛弘七年(1010年)頃成立。全二巻から成り、上巻は春・夏・秋・冬(闕)の四時部、下巻は山水・仏事・神祇・山荘・閑居・帝徳・法令・書籍(付勤学)・賢人・讃徳・詩・酒・贈答・餞送・懐旧・述懐の16部に分かれる。現存本は上巻の首尾を欠く。六朝風の七言詩の占める比重が頗る大きい。

一条天皇具平親王以下、藤原道長藤原伊周藤原公任大臣卿相をはじめ、大江以言大江匡衡藤原為時源為憲源道済ら寛弘期に活躍した詩人36人の作品150余首(漢詩と詩序を含む)を収録。作品年代の上限は円融朝。具平親王を別にすると藤原伊周(積善の甥)・大江以言(伊周の側近)の作が最も多い。

群書類従・文筆部」所収。

参考文献[編集]

  • 今浜通隆『本朝麗藻全注釈 1~3』(新典社注釈叢書)
  • 川口久雄・本朝麗藻を読む会編『本朝麗藻簡注』(勉誠社)
  • 柳沢良一『本朝麗藻総索引』(勉誠社)
  • 大曾根章介・佐伯雅子編『校本本朝麗藻』(汲古書院)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]