末節骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
骨: 末節骨
Scheme human hand bones-ja.svg
人の手の骨
名称
日本語 末節骨
英語 Distal phalanges
ラテン語 Os phalanx distalis
関連情報
テンプレートを表示

末節骨(まつせつこつ)(羅名distalis Os,distalis)とは、四肢動物の前肢、後肢を構成する短骨の一つである。

ヒトの末節骨は、左右の手足に5本ずつ存在している。ヒトの末節骨は平たく、幅広いが、それに対し、多くの霊長類を含む哺乳類の末節骨は円錐形である。

手は基節骨中節骨とともに指節骨指骨)を構成している。

足は基節骨中節骨とともに趾節骨趾骨)を構成している。

上肢[編集]

末節骨と関節する骨[編集]

末節骨から起始する筋肉[編集]

末節骨に停止する筋肉[編集]

下肢[編集]

末節骨と関節する骨[編集]

末節骨から起始する筋肉[編集]

末節骨に停止する筋肉[編集]

関連項目[編集]