木魚達磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
鳥山石燕百器徒然袋』より「木魚達磨」

木魚達磨(もくぎょだるま)は、鳥山石燕による妖怪画集『百器徒然袋』にある日本妖怪[1]木魚付喪神[2]

木魚が変化してだるま状になった姿として描かれており、解説文では木魚と同じ仏具の妖怪である払子守の同類とされる[1]

木魚は本来、魚が昼夜問わず目を開けたままであることから、修行僧に対して不眠不休の修行を説くために作られたものである。また、だるまの顔の元となった達磨も、眠らずに9年間修行したと伝えられている。それらのことから、不眠をテーマとして木魚とだるまを合成して描かれた創作妖怪とされる[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、331-332頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  2. ^ 志村有弘監修 『図説 地図とあらすじで読む 日本の妖怪伝説』 青春出版社2008年、90頁。ISBN 978-4-413-00965-2

関連項目[編集]