木造具政

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
 
木造具政
時代 戦国時代
生誕 享禄3年(1530年
死没 不詳
別名 戸木御所(通称)、油小路殿
官位 従五位下、左少将、左中将、従四位
主君 北畠晴具具教具房織田信長信雄
氏族 北畠家木造氏
父母 父:北畠晴具、養父:木造俊茂?、木造具康
兄弟 北畠具教具政北畠具親
長政、娘(織田信雄継室)、長重[1]
テンプレートを表示

木造 具政(こづくり ともまさ)は、戦国時代武将

生涯[編集]

享禄3年(1530年)、伊勢国司である北畠家の第7代当主・北畠晴具の三男(次男説あり)として生まれる。父・晴具の命で分家の木造氏を継ぐ。天文13年(1544年)に従五位下に叙位する。天文23年(1554年)には戸木城を築城している。

永禄12年(1569年)5月、織田信長が伊勢に侵攻して来ると、長兄・具教に背いて信長に臣従し、北畠家の養嗣子となった信長の次男・織田信雄の家老となる。信長没後も信雄に仕え、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは戸木城に籠城して羽柴秀吉方の蒲生氏郷率いる軍勢と奮戦したが、信雄が秀吉と和議を結ぶと、城から退去した。以後の消息は不明である。

娘の織田信雄室は織田信良を生み、この系統は断絶することなく続いた(子孫を参照のこと)。

子孫[編集]

具政の子には長政長重織田信雄室の2男1女がいたが、織田信雄室の系統のみが残って現在の皇室へと繋がっている。『断家譜』によれば長政と長重の系統はどちらも2代後に断絶している。

略譜[編集]

村上天皇 -(略)- 北畠親房 -(略)- 北畠晴具 - 木造具政 - 娘 - 織田信良 - 娘 - 稲葉知通 - 稲葉恒通 - 娘 - 勧修寺経逸 - 勧修寺ただ子 - 仁孝天皇 - 孝明天皇 - 明治天皇 - 大正天皇 - 昭和天皇 - 今上天皇

脚注[編集]

  1. ^ 『断家譜』による。2代ほど後で家系は断絶した。