木谷良平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木谷 良平
東京ヤクルトスワローズ #16
木谷良平.jpg
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県北九州市小倉北区
生年月日 1989年4月7日(25歳)
身長
体重
181 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2011年 ドラフト2位
初出場 2013年6月3日
年俸 1,800万 (2014年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

木谷 良平(きや りょうへい、1989年4月7日 - )は、東京ヤクルトスワローズに所属するプロ野球選手投手)。福岡県北九州市出身。

木谷選手のピッチングフォーム(2014年4月13日)

経歴[編集]

小倉高時代は、4番エースとして活躍。3年時の夏は、福岡県予選ベスト8で敗退。甲子園出場経験は無し。プロ志望届を提出したが指名漏れとなった。

高校卒業後は、九州地区大学野球連盟に加盟する日本文理大学に進学。2年時の2009年、第58回全日本大学野球選手権大会でベスト8進出を果たす。

2011年10月27日、プロ野球ドラフト会議東京ヤクルトスワローズから2位指名を受けた。明治神宮野球大会の出場を懸けた九州大学野球選手権大会の決勝トーナメントの開会式に出席するために訪れていた福岡Yahoo! JAPANドームで指名の連絡を受け、球場で記者会見を開いた。

2012年は一軍での登板は無く、二軍でも防御率6点台と振るわなかった。

2013年6月3日千葉ロッテマリーンズ戦でプロ初登板[1]。その後は主にロングリリーフとしての起用が続いた。7月12日の広島東洋カープ戦にて4番手で登板し、2回を無失点に抑えプロ入り初勝利を挙げた[2]。8月の再昇格後は先発に回ってローテに定着し、シーズン終了までに先発では2勝を挙げた。

プレースタイル・人物[編集]

最速151km/h(プロ入り後の最速は147km/h)のストレートに加え、武器のフォークスライダーシュートといった変化球を操る[3]

プロ初先発となった2013年8月16日の阪神戦では投球フォームが二段モーションではないかという指摘を受け、その日はクイックモーションで投げ続け7回を投げ1失点に抑えた。

2013年8月30日の横浜戦で先発での初勝利をあげた時のヒーローインタビューではファンに向けての一言に対して、(ファンの皆さまへ)頑張ります! (もう一声)頑張ります! (さらに、もう一声)頑張るぞー!!と答えており淡々とした性格が垣間見えている

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 ヤクルト 28 8 0 0 0 3 3 0 2 .500 333 78.2 77 5 24 1 3 55 0 0 36 35 4.00 1.28
通算:1年 28 8 0 0 0 3 3 0 2 .500 333 78.2 77 5 24 1 3 55 0 0 36 35 4.00 1.28
  • 2013年シーズン終了時

背番号[編集]

  • 16 (2012年 - )

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打:2013年8月30日、対横浜DeNAベイスターズ17回戦(明治神宮野球場)、3回裏に吉川輝昭から右前安打

脚注[編集]

  1. ^ 【ヤクルト】木谷初登板で3回無失点”. 日刊スポーツ (2013年6月3日). 2014年5月19日閲覧。
  2. ^ 木谷 内角攻めたプロ1勝!5日前に危険球退場何の”. スポニチ Sponichi Annex (2013年7月13日). 2014年5月19日閲覧。
  3. ^ 2位指名「ありがたい」/木谷良平投手”. asahi.com (2011年10月28日). 2011年11月1日閲覧。
  4. ^ 【ヤクルト】木谷初登板で3回無失点”. 日刊スポーツ (2013年6月3日). 2014年5月19日閲覧。
  5. ^ “選手プロフィール 木谷良平”. http://www.yakult-swallows.co.jp/players/2014/016_kiya.html 2014年5月19日閲覧。 
  6. ^ 木谷 内角攻めたプロ1勝!5日前に危険球退場何の”. スポニチ Sponichi Annex (2013年7月13日). 2014年5月19日閲覧。
  7. ^ 【ヤクルト】木谷、初先発7回1失点好投”. 日刊スポーツ (2013年8月16日). 2014年5月19日閲覧。

外部リンク[編集]

関連項目[編集]