木津駅 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木津駅*
駅入口
駅入口
きづ - KIZU
**藍那 (3.4km)
(1.7km) 木幡***
神戸市西区押部谷町木津字勝田964-3
所属事業者 神戸電鉄
所属路線 粟生線
キロ程 6.4km(鈴蘭台起点)
湊川から13.9km
新開地から14.3km
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
348人/日(降車客含まず)
-2011年-
開業年月日 1937年昭和12年)4月27日[1]
備考 無人駅
* 1952年-1988年は電鉄木津駅
** この間に川池信号所有(当駅から1.1km先)
*** この間に見津信号所有(当駅から0.8km先)

木津駅(きづえき)は、兵庫県神戸市西区押部谷町木津字勝田にある、神戸電鉄粟生線

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅橋上駅舎を持つ。ホーム有効長は5両。

沿線光ネットワークに接続された駅務遠隔システムが導入されており、センター駅から自動券売機自動改札機自動精算機TVカメラインターホンシャッターが遠隔操作される。そのため駅員巡回駅となっており、構内売店も設けられていない。

エレベータ設置駅。

のりば[編集]

1 粟生線(下り) 粟生小野三木方面
2 粟生線(上り) 新開地有馬温泉三田ウッディタウン中央方面

駅周辺[編集]

駅前に商店はない。住宅は少ない。

毎年6月に行なわれる「サントリーレディスオープンゴルフトーナメント」では、当駅と谷上駅が最寄り駅となるため、開催期間中は観戦客で混雑するほか、昼間の急行列車も当駅に臨時停車する。

利用状況[編集]

1999年の1日当たりの平均乗降人員は324人、2008年の1日当たりの平均乗降人員は707人。利用客は増加傾向にあり、乗客が減少傾向にある粟生線(鈴蘭台~粟生)では唯一近年利用者数が増加している駅である[2]

2009年から、利用客増加策として43台分の駐車場を開設している[3]

粟生線の現状も参照

2011年の年間乗車人数は127千人(348人 / 日)である。(神戸市統計書より)

年度 1日平均
乗車人員
2005 268
2006 285
2007 296
2008 342
2009 332
2010 340
2011 348

歴史[編集]

  • 1937年昭和12年)4月27日 - 三木電気鉄道の藍那 - 押部谷間に木津駅として開業[1]
  • 1947年(昭和22年)1月9日 - 神戸有馬電気鉄道により合併され、神有三木電気鉄道(のちに神戸電鉄)の駅となる。
  • 1952年(昭和27年)10月1日 - 電鉄木津駅に改称。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 木津駅に改称。
  • 1999年平成11年)6月 - 橋上駅舎化。

隣の駅[編集]

神戸電鉄
粟生線
快速・急行
通過
準急・普通
藍那駅 - (川池信号所) - 木津駅 - (見津信号所) - 木幡駅
  • 隣の藍那駅までは神戸電鉄粟生線では駅間距離が一番長い。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳 9号 関西2』新潮社、2009年、p.56
  2. ^ 粟生線・駅別乗降人員<1日平均>の推移 (PDF)
  3. ^ 粟生線の乗客増へ接続バスなどの試み 神戸電鉄[リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]