木村恒久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

木村 恒久(きむら つねひさ、1928年5月30日 - 2008年12月27日)は、日本グラフィックデザイナー東京造形大学客員教授。

人物[編集]

大阪市出身。1946年に大阪市立工芸学校(現・市立工芸高校)図案科卒[1]。1950年代にかけて大阪で精力的にデザイン制作や批評活動を展開、永井一正片山利弘田中一光らとともに「若手四天王」と称される。

1960年に上京し日本デザインセンターに入社、1964年に独立。この間の1962年、日本建築家協会主催「モデュール展」で原弘と共同制作を行い、ADC銅賞を受賞。1964年の東京オリンピックではピクトグラムの制作に携わっている[2]

1966年には、前年に宇野亜喜良、永井一正、和田誠らとともに開催した展覧会「ペルソナ」で毎日産業デザイン賞を受賞している。

1968年頃からフォト・モンタージュ作品を数多く手がけるようになる。1977年、『季刊ビックリハウスSUPER』(『月刊ビックリハウス』の姉妹誌)にて「木村恒久のヴィジュアル・スキャンダル」の連載を開始、その原画展を渋谷パルコで開催し話題を呼んだ。1979年、作品集『キムラカメラ』を刊行。1980年、毎日デザイン賞(1979年度)を受賞。

1981年には、池袋西武百貨店スタジオ200での『ボードリヤール・フォーラム'81』でジャン・ボードリヤールと討論を行った。

2008年、肺がんのため死去。

作品集[編集]

  • 1979年 フォト・モンタージュ集『キムラカメラ』
  • 1980年 『キムラカメラ―木村恒久のヴィジュアル・スキャンダル』
  • 1985年 『フォト・マジック』『ニッポンの"ゑ" 木村恒久VS谷岡ヤスジ』
  • 1997年 CD-ROM『ラスト・モンタージュ』
  • 1999年 モンタージュ集『What?』
  • 2003年 『木村恒久 ggg Books 42(スリージーブックス 世界のグラフィックデザインシリーズ42』
  • 2006年 モンタージュ集『ザ・キムラカメラ』

主な個展[編集]

招待出品[編集]

脚注[編集]