木村光佑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木村 光佑 Football pictogram.svg
Kosuke Kimura.jpg
名前
愛称 "Koz""Kimura-san"
カタカナ キムラ コウスケ
ラテン文字 Kimura Kosuke
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1984年5月14日(30歳)
出身地 兵庫県神戸市
身長 175cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム ニューヨーク・レッドブルズ
ポジション DF
背番号 27
利き足 右足
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

木村光佑(きむら こうすけ、1984年5月14日 - )は、兵庫県神戸市出身のサッカー選手メジャーリーグサッカー(以下MLS)初の日本人選手。ポジションは右ディフェンダー(サイドバック)

来歴[編集]

2007年1月のMLSサプリメンタルドラフトで日本人プレーヤーとして初めてコロラド・ラピッズに全体の35番目で指名され、同年3月に正式契約の28人枠に生き残り、日本人初のMLSプレーヤーとなった。

2007年シーズンも終わりに近づいた9月22日のレアル・ソルトレイク戦で右サイドバックとして90分間プレーし、1年目にしてトップデビューを果たす。10月7日のトロントFC戦でも同ポジションでフル出場。試合後、地元テレビ局の選ぶMVPに選ばれる。最終的に4試合に出場しその全試合で90分プレーし、2008年度も引き続きコロラドでのプレーが決まった。

2008年シーズンは18試合に出場しうち17試合が先発で計1438分プレーし、チームの主軸となった。

2009年5月2日、第7節レアル・ソルトレイク戦において自身プロ初ゴールを決めMLS史上初となる日本人選手による得点を記録した[1]。このシーズンは26試合に出場しうち21試合で先発、1932分プレーし2ゴール2アシストを記録した。

2010年も開幕時からレギュラーポジションを確保。シーズン中盤に疲労骨折もあったが、回復後もレギュラーポジションを維持して23試合に出場し21試合で先発。計1,931分プレーし3アシストを記録。 日本人として初めてプレーオフに進出すると、チームはワイルドカードから勝ち上がり、サンノゼ・アースクエイクスとのイースタン・カンファレンス・チャンピオンシップ決定戦では決勝点を記録、MVPを獲得すると同時にチームをMLSカップ進出に導いた[1]

迎えたMLSカップにも先発フル出場、延長戦の末にFCダラスを破り全米制覇を達成。日本人として初めてMLSカップを獲得した。2010年のプレーオフでは4試合に出場、先発した。

2011年はレギュラーシーズン34試合に全試合先発で出場して2,996分プレーし、1ゴール1アシストを記録した。ポストシーズンではワイルドカードプレーオフで決勝点に繋がるアシストを記録し、チームのカンファレンスセミファイナル進出に貢献したが、その第一戦の前半で相手のタックルを受け左足を骨折し、チームもセミファイナルで敗退してシーズンを終えた。

2012年7月、シーズン途中同リーグのポートランド・ティンバーズに移籍した[2]

2012年12月、ニューヨーク・レッドブルズへの移籍が決定した[3]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
アメリカ リーグ戦 リーグ杯 USオープン杯 期間通算
2007 コロラド・ラピッズ 27 MLS 4 0 4 0
2008 18 0 18 0
2009 26 2 1 0 27 2
2010 23 0 4 1 1 0 28 1
2011 34 1 1 0 35 1
2012 12 1 2 0 14 1
ポートランド・ティンバース 15 17 1 17 1
2013 ニューヨーク・レッドブルズ 27 24 0
通算 アメリカ MLS 158 5 5 1 4 0 167 6
総通算 158 5 5 1 4 0 167 6

脚注[編集]

  1. ^ unlikely-goal-good-enough-rapids”. 2010年11月14日閲覧。
  2. ^ Timbers acquire D Kimura from Rapids” (英語). Yahoo! Sports (2012年7月5日). 2012年7月12日閲覧。
  3. ^ NYレッドブルズが木村光佑を獲得” (日本語). Qoly.jp (2012年12月4日). 2012年12月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]