木幡駅 (兵庫県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
木幡駅*
駅舎
駅舎
こばた - KOBATA
**KB44 木津 (1.7km)
(1.5km) KB46
神戸市西区押部谷町木津字居垣内54-2
駅番号 KB45
所属事業者 神戸電鉄
所属路線 粟生線
キロ程 8.1km(鈴蘭台起点)
湊川から15.6km
新開地から16.0km
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
500人/日(降車客含まず)
-2012年-
開業年月日 1937年昭和12年)6月15日[1]
備考 無人駅
* 1952年-1988年は電鉄木幡駅
** この間に見津信号所有(当駅から0.9km先)
駅構内
駅前風景

木幡駅(こばたえき)は、兵庫県神戸市西区押部谷町木津字居垣内にある、神戸電鉄粟生線。駅番号はKB45

駅構造[編集]

相対式2面2線のホームを持つ地上駅。駅舎は下りホーム側にあり、上りホームへは構内踏切で連絡している。

沿線光ネットワークに接続された駅務遠隔システムが導入されており、センター駅から自動券売機自動改札機自動精算機TVカメラインターホンシャッターが遠隔操作される。そのため駅員巡回駅となっており、構内売店も設けられていないが、駅近辺の商店にて企画乗車券の委託販売が行われている。

のりば[編集]

(駅舎側) 粟生線(下り) 粟生小野三木方面
(反対側) 粟生線(上り) 新開地有馬温泉三田ウッディタウン中央方面

※のりば番号は設定されていない。

駅周辺[編集]

駅前には住宅は少ないが、やや離れたところに住宅が集中している(秋葉台)。

  • 木津老人いこいの家
  • 秋葉台(新興住宅地)
  • 神戸市立木津幼稚園

バス路線[編集]

南行車線前方

神姫バス

北行車線

神姫バス

  • 緑が丘・自由が丘方面
    • 快速:自由が丘・恵比須駅
    • 快速:自由が丘経由、恵比須駅行(恵比須快速線)
    • 小松原経由、押部谷(栄)行

利用状況[編集]

1日の乗降客数は、平成4年度には3,952人であったが、平成11年度には2,458人、平成19年度・平成20年度には1,374人(平成4年度比で約34.7%)にまで減少している[2]

詳しくは粟生線の現状を参照

2011年の年間乗車人数は183千人(500人 / 日)である。(神戸市統計書より)

年度 1日平均
乗車人員
2005 745
2006 715
2007 682
2008 658
2009 603
2010 570
2011 529
2012 500

歴史[編集]

  • 1937年昭和12年)6月15日 - 三木電気鉄道の木津 - 押部谷間に木幡駅として開業(隣の栄駅も同日開業)[1]
  • 1947年(昭和22年)1月9日 - 神戸有馬電気鉄道により合併され、神有三木電気鉄道(のちに神戸電鉄)の駅となる。
  • 1952年(昭和27年)10月1日 - 電鉄木幡駅に改称。
  • 1988年(昭和63年)4月1日 - 再び木幡駅に改称。

隣の駅[編集]

神戸電鉄
粟生線
快速
通過
急行(当駅まで各駅に停車)
西鈴蘭台駅 (KB42) - 木幡駅 (KB45) - 栄駅 (KB46)
準急・普通
木津駅 (KB44) - (見津信号所) - 木幡駅 (KB45) - 栄駅 (KB46)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 今尾恵介監修『日本鉄道旅行地図帳 9号 関西2』新潮社、2009年、p.56
  2. ^ 神戸電鉄「おでかけガイド」(2008年8月発行分)及び粟生線・駅別乗降人員<1日平均>の推移 (PDF) より。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]