木原敬介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
木原敬介
きはら けいすけ
生年月日 1939年11月5日(74歳)
出生地 大阪府豊中市
出身校 大阪大学法学部
前職 伊藤忠商事従業員
地方公務員大阪府
所属政党 無所属

当選回数 2回
任期 2001年10月8日 - 2009年10月7日
テンプレートを表示

木原 敬介(きはら けいすけ、1939年11月5日 - )は、日本政治家。元大阪府堺市長(第18代)。

概要[編集]

大阪府豊中市に生まれ、四條畷市で育つ。大阪大学法学部卒業。

伊藤忠商事に勤務した後、1964年大阪府庁に入庁。美原町堺市助役、大阪府企業局長、大阪府水道企業管理者を経て、2001年堺市長選挙に無所属で出馬し、初当選を果たした。2005年、前大阪府議会議員の森山浩行を破り、堺市長再選。2006年4月には「堺市40年来の悲願」であった政令指定都市への移行を実現する。また堺市長在職中、シャープの工場を堺市内に誘致した。

2009年、3選を目指し、自民公明両党の推薦及び民主社民の支援を受けて堺市長選に出馬。一方、かねてから大阪都構想や、それに付随する堺市内の交通網整備をめぐって対立するようになっていた橋下徹大阪府知事は、元大阪府職員の竹山修身候補を支援した。当初は自民・公明・民主・社民の与野党4党が相乗りした木原の圧勝が予想されていたが、橋下知事はほぼ毎日、堺市内で竹山の応援を行い、これに対して自民党の片山虎之助元総務大臣や大阪府選出の谷川秀善参議院幹事長、民主党の辻恵衆議院議員、公明党の白浜一良参議院議員ら既成政党の国会議員らが木原の応援に訪れたが、竹山に約4万7千票もの差をつけられ、落選した。投票率は43.93%[1][2]

著書[編集]

  • 『我、知事に敗れたり―2009年9月堺市長選』(論創社、2010年4月) ISBN 978-4846008727

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]

先代:
幡谷豪男
Flag of Sakai, Osaka.svg 大阪府堺市長
第18代:2001年 - 2009年
次代:
竹山修身