木の葉丼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

木の葉丼(このはどん、このはどんぶり)は、玉子丼の一種であり親子丼のように鶏肉を使用せず、鶏肉の代わりに薄く切った蒲鉾、もしくは薩摩揚げ鶏卵で綴じた丼物である。シイタケネギ油揚げなどを入れる。近畿地方に多いとされているが、石川県では「玉子丼」(たまごどん)と呼ぶ飲食店が見られる。

名前の由来は、蒲鉾を舞い散る木の葉に見立てたもの[要出典]といわれるが、発祥は定かではない。

安価な食材を使用しており簡単に作れるので、庶民的な家庭料理として親しまれ、関西地方では大衆食堂などで定番のメニューとなっている。

類似した丼[編集]

関西では、類似した丼物に若竹丼を卵で綴じる)、ハイカラ丼天かすを綴じる)、衣笠丼油揚げを綴じる)などがある。

衣笠丼は京都では定番である。そのほか神戸や大阪、また店によっては京都でもきつね丼として供される。中京圏では「信太(しのだ)丼」と呼ばれる。その他の地域では名前自体見られる事が少ないが、明治時代までは東京吉原の歓楽街でも「あぶ玉丼(油揚げの玉子とじ)」の名で盛んに食べられていたという[1]

注釈 [編集]

  1. ^ どんぶり探偵団・編『ベストオブ丼』文春文庫・132頁