服部卓四郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
服部卓四郎
1901年1月2日 - 1960年4月30日
TakushiroHattori.jpg
生誕 日本の旗 日本 山形県
軍歴 1922 - 1945
最終階級 陸軍大佐
除隊後 GHQの元で再軍備に関る
テンプレートを表示

服部 卓四郎(はっとり たくしろう、1901年明治34年)1月2日 - 1960年昭和35年)4月30日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍大佐山形県出身。

経歴[編集]

陸軍士官学校34期を卒業。同期に秩父宮雍仁親王西浦進堀場一雄赤松貞雄西田税三好達治などがいる。卓四郎は、同期の西浦・堀場とともに「三十四期の三羽烏」と称されるほどの俊秀であった。陸軍大学校42期を卒業。卒業後、しばらくは参謀本部に勤務したが、1934年昭和9年)~1935年昭和10年)フランス留学、1936年昭和11年)にはエチオピア戦争を観戦するなど海外畑を歩いた。

帰国後の1939年昭和14年)5月に発生したノモンハン事件では、関東軍作戦主任参謀として作戦の積極拡大を作戦参謀の辻政信とともに主張したが、ソ連軍の大規模攻勢によって日本軍は大打撃を被った。停戦後、関東軍の植田謙吉軍司令官、磯谷廉介参謀長らは現役を退くことになった一方、作戦の拡大を主張した卓四郎は陸軍歩兵学校付(辻は第11軍司令部付)という軽い処分で済んだのみならず、1940年(昭和15年)10月には参謀本部作戦課に作戦班長として栄転し、翌1941年(昭和16年)7月には作戦課長に就任した。また同月には、辻政信も参謀本部作戦課兵站班長に任命された。このとき卓四郎の上司にあたる参謀本部作戦部長は田中新一。卓四郎の前に作戦課長を務めていた土居明夫大佐は、辻の呼び戻しを要求する当時作戦班長であった卓四郎と対立し、左遷されたとされている。開戦時の陸軍の作戦は多くが、辻―服部―田中のラインで形成されることになった(辻政信の項参照)。

1942年(昭和17年)8月に始まったガダルカナル島の戦いにおいては、現地を視察した際、「補給路が確立されつつあり、この点について問題なし」と実情とかけ離れた報告をした。結果、陸軍は3万人以上の部隊を投入したが、撤退できたのは僅かに1万人足らずであった。この時の約2万人の損害のうちの15000人は、餓死と戦病死(事実上の餓死)だったと推定されている。

同年12月からは陸相秘書官を東條英機の元で務めたが、翌年10月には再び作戦課長に復帰し、大陸打通作戦の立案を主導した。

戦後[編集]

終戦後は、参謀本部時代の経験と知識を買われ、第一復員庁史実調査部長(後に資料整理部長)となった。GHQ参謀第2部 (G2) 部長チャールズ・ウィロビーの下でマッカーサーによる太平洋戦争の戦史編纂に協力した。戦史編纂業務が一段落した1948年末、ウィロビーは戦史調査部を中心に裏の業務として日本再軍備の研究を託し、再軍備研究のための「服部機関」が発足した。服部機関は服部を中心に西浦進堀場一雄井本熊男水町勝城稲葉正夫田中兼五郎原四郎など陸軍中央の要職についた経験のある中佐級、大佐級の人材で構成された。後に創設される警察予備隊の幕僚長には服部か旧内務省官僚のどちらを任命するのかで意見が別れた。ウィロビーらG2が服部を推したのに対して、民政局長のコートニー・ホイットニー准将や首相吉田茂、吉田に進言した辰巳栄一中将などが反対し、服部の幕僚長就任は実現しなかった[1]

服部ら陸軍将校が執筆した全4巻からなる「大東亜戦争全史」が1953年に出版された。この戦史は1966年から順次刊行された「戦史叢書」まで準公式な戦史として扱われ数ヶ国語にも翻訳されている。

1952年(昭和27年)10月31日付のCIA文書によると、児玉誉士夫の支援を受けた服部ら旧陸軍将校は、自由党の吉田首相が公職から追放された者や国粋主義者らに敵対的な姿勢を取っているとして、 同首相を暗殺して民主党の鳩山一郎を首相に据える計画を立てていた。辻が「今はクーデターを起こす時ではない」と卓四郎らを説得し、卓四郎らはクーデターは思いとどまったものの、政府高官の暗殺を検討していたとしている[2]

鳩山政権下では国防会議参事官への起用が検討されたが、与野党ともに反発が強く、断念に追い込まれた。

評論家の保阪正康は「責任ある立場にあって最も無責任」だったとして、辻と共に「昭和の愚将の筆頭」として挙げている。その一方、G-2のウィロビーは卓四郎の作戦立案能力を高く評価していたという。

年譜[編集]

編著[編集]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 共同通信社社会部「沈黙のファイル―「瀬島 龍三」とは何だったのか 」新潮社
  2. ^ “CIA files reveal militarist plot to kill Yoshida in ’52”. Japan Times. (2007年2月28日). http://www.japantimes.co.jp/news/2007/02/28/news/cia-files-reveal-militarist-plot-to-kill-yoshida-in-52/ 2013年12月25日閲覧。 

参考文献[編集]