有線通信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有線通信(ゆうせんつうしん、Wired CommunicationまたはCable―)とは、自由空間以外の線状につながれた伝送路を利用して行う通信である。電線光ファイバーなどの通信線路による電気通信の事をさす。⇔無線通信

無線通信との比較[編集]

無線通信と比べ、以下の特徴がある。

  • 回線容量が比較的大きくとれる
  • 伝送路の上限がない
  • 安定した通信が可能
  • 盗聴が比較的困難
  • 移動に適さない
  • 通信線路を敷設する工作物が多く必要となり、初期投資コストが比較的大きくなる
  • 一対一の通信でない場合は回線交換が必要
  • 近距離では無線通信よりも減衰が少ないが、遠距離では減衰が多くなる。
  • 通信ケーブルが切断すると通信が途絶するため災害に弱い。

用途[編集]

用途として次のものがある。

また、移動体通信基地局間の通信にも使用されている。

関連項目[編集]