読売会館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
有楽町そごうから転送)
移動: 案内検索
建物外観

読売会館(よみうりかいかん)は、東京都千代田区有楽町一丁目の有楽町駅傍に所在する商業ビルである。所有者は当初は株式会社よみうりだったが、2000年代に読売新聞グループ本社傘下の株式会社読売不動産へ承継した。

概要[編集]

村野藤吾の設計により1957年にオープン。地下2階・地上9階建てで、6階までは商業区画、7階から9階までは#よみうりホールとなっている。地下2階で東京メトロ有楽町線有楽町駅地下通路と直結している。

商業区画は当初(旧)そごうに賃借し、「東京店(通称:有楽町そごう)」を出店。コマーシャルソングであったフランク永井の「有楽町で逢いましょう」で『デパート』としてこの建物が唄われている。そごう破綻の影響で2000年9月24日に閉店した。

そごう閉店から約8ヶ月経過後の2001年6月14日にビックカメラ有楽町店(現:有楽町本館)が開業し現在に至る。

飲食店が地下1階とよみうりホールに出店している。

よみうりホール[編集]

よみうりホール
Yomiuri Hall
情報
通称 NTVホール
開館 1957年
客席数 1階席:522
2階席:578
用途 コンサート、講演会、映画試写会
運営 株式会社読売不動産(←株式会社よみうり
所在地 100-0006
東京都千代田区有楽町一丁目11番1号 読売会館7階
アクセス 有楽町駅
公式サイト よみうりホール

よみうりホール(Yomiuri Hall)は、7階から9階に位置するコンサートホールコンサート落語・講演会・試写会に幅広く利用されている。別名は「NTVホール」。1980年代から2000年代前半にかけて劇団飛行船の公演会場として長らく使われた。

  • 客席 1100席(1階席 522席、2階席 578席)

角川シネマ有楽町[編集]

よみうりホールの区画内である8階にあるミニシアターで、角川書店が運営。前身はシネカノンが2004年に開業した「シネカノン有楽町一丁目」であったが、2010年に同社の民事再生法申請により閉館。2011年2月に居抜きで開館(再開)した。

外部リンク[編集]