有村雄助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有村 雄助(ありむら ゆうすけ、天保6年(1835年) - 万延元年3月24日1860年4月14日))は、幕末尊攘志士。諱は兼武

薩摩藩士・有村兼善の三男として生まれる。母は連寿尼森元高見の娘)。兄に後の貴族院議員・海江田信義(有村俊斎)、弟に・有村次左衛門がいる。

安政5年(1858年)次左衛門とともに脱藩して江戸で尊攘活動を行い、水戸藩高橋多一郎らの志士と交流を深める。安政6年(1859年安政の大獄が起きるとそれに憤慨し、その実行者である大老井伊直弼の暗殺と京都・大坂での挙兵を計画する。翌安政7年3月3日(1860年3月24日)の朝、桜田門外の変で井伊が次左衛門や水戸浪士らに暗殺されると、それに呼応して水戸藩士金子孫二郎とともに京都に向かう。しかし、幕府によって藩士が捕らえられることを恐れた薩摩藩では、道中の伊勢四日市で有村らを捕縛し、一時大坂藩邸に移すが、すぐに薩摩に護送した。万延元年3月24日(1860年4月14日)、幕府の探索が鹿児島に迫ると、藩命によって自刃させられた。享年26。

のち贈従四位