有村かおり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有村 かおり(ありむら かおり、1959年2月17日 - )は、女性キャスター作家。本名、松富 かおり(まつとみ かおり)。旧姓、有村(ありむら)。身長158cm。

鹿児島県鹿児島市出身。鹿児島県立鶴丸高等学校東京大学文学部卒業後、アメリカ合衆国マカレスター・カレッジに1年間留学。ニュージーランドヴィクトリア大学ウェリントン国際関係学修士号取得。

1983年4月TBSアナウンサーとして入社。1999年10月、TBSを退社。2011年松富 かおり(まつとみ かおり)に改名。

略歴[編集]

人物[編集]

1983年4月にアナウンサー第20期生としてTBSに入社(同期には浦口直樹野口雅子牧嶋博子[1][2]。主に報道や情報番組で活躍。そんな中、かつて番組の企画としてビキニ水着姿(「朝のホットライン」にてギリシャ取材時)やレオタード姿(同じく朝のホットラインでの企画で、スポーツクラブから生中継)を披露した事もある。

TBSで同僚だったドラマプロデューサー瀬戸口克陽は鶴丸高校・東京大学の後輩である。

筑紫哲也 NEWS23』にキャスターとして3年半出演。外交官である現在の夫がニュージーランドに赴任するのに同行する為、1998年10月にTBSを退社[3][4]

2001年に外交官の松富重夫と結婚。ニュージーランドヴィクトリア大学ウェリントンにて国際関係学修士号を取得。

2005年には魂の再生をテーマにした小説『リサレクション』を講談社から出版し、作家デビューを果たした。

2011年、「松富 かおり」に改名。

2011年6月ごろまでキャスト・プラス(旧社名:クリエイティブ・メディア・エージェンシー)所属し、現在の事務所に移籍。

2013年12月、オフィス・ケイに所属。 http://www.matsutoikaori.com

2013年4月、『10年後の自分のために今すぐ始めたい36の習慣』をすばる舎から出版。

出演番組[編集]

TBS[編集]

テレビ
ラジオ

フリー[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

著書[編集]

  • リサレクション(2005年、講談社
  • 10年後の自分のために今すぐ始めたい36の習慣(2013年4月、すばる舎

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「1983.4<20期生>  4人入社(男1・女3) 浦口直樹 有村かおり 野口雅子 牧嶋博子」
  2. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、28頁。「83.4 <20期生>4人入社 浦口 直樹 有村かおり 野口 雅子 牧嶋 博子」
  3. ^ a b c d e f g 「III 放送関係 7.アナウンサーの活動記録」『TBS50年史 資料編』 東京放送、東京放送、2002年1月、239頁。「有村かおり[1998.10退社] R「ワールド・トゥデイ」「わが心のうた(1989)」「世界をNIRAむ(1993)」 TV「朝のホットライン(1985)」「筑紫哲也ニュース23(1993)」「おはようクジラ」」
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、28頁。「有村かおり…[98.10退社] R「かんぽサウンドレター(85)」「ワールド・トゥデイ(88)」「日曜ニュースクラブ(88)」「わが心のうた(89)」「世界をNIRAむ(93)」 TV「I LOVE・ワールド(83)」「JNNスポーツ特集(84)」「ニュース&スポーツ(84)」「ハローミッドナイト(84)」「朝のホットライン(1985)」「地球!朝一番(89)」「CBSワールドニュース(92)」「スポーツ&ニュース(92)」「筑紫哲也ニュース23(1993)」「おはようクジラ<ニュース>(97)」「テレビさんぽ(97)」「新サンデーモーニング(97)」」
  5. ^ 「TBSアナウンサーの動き」『TBS50年史 付属資料・ハイブリッド検索編』(DVD-ROM & PDF) 東京放送、東京放送、2002年1月、29頁。「1985年4月1日 *テレビ「朝のホットライン」スタート(草野 仁、有村かおり)」

参考文献[編集]

  • 『TBS50年史』 東京放送、東京放送、2002年1月

外部リンク[編集]