有名人のハプログループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

有名人のハプログループ(ゆうめいじんのハプログループ、: List of haplogroups of notable people)とは、有名人ハプログループを集めた一覧[1]である。父系祖先が分かるY染色体ハプログループ母系の祖先が分かるミトコンドリアDNAハプログループ分析結果を示す。


概要[編集]

被験者となる人物が存命中のときは、本人の承諾を得て唾液か、口腔粘膜から採取したサンプルを解析に用いるのが一般的である。被験者となる人物が既に他界している場合や、歴史上の人物などの時は、その人物の遺体の一部(皮膚)・血痕などを用いて解析する場合や、その人物から直接血縁でつながる人物(父系子孫や母系子孫)の鑑定結果から類推して判定する場合など、ケースにより各々である。


ミトコンドリアDNA[編集]

母系による人類拡散の経路[編集]

ミトコンドリアDNA分岐と拡散を表す

ヒトミトコンドリアDNAハプログループ系統樹

  ミトコンドリア・イブ (L)    
L0 L1-6
L1 L2 L3   L4 L5 L6
  M N  
CZ D E G Q   A S   R   I W X Y
C Z B F R0   pre-JT P  U
HV JT K
H V J T

L0系統[編集]

ネルソン・マンデラ


デズモンド・ムピロ・ツツ


M7a系統[編集]

沖縄県石垣島 白保竿根田原洞穴 旧石器時代人骨


香琳院


徳川家慶


一条秀子


有田哲平


太田光


M7b系統[編集]

羽鳥慎一


細山貴嶺


川口春奈


M7c系統[編集]

埼玉県浦和1号縄文人骨


M8a系統[編集]

藤本美貴


久本雅美


クリスティ山口


E系統[編集]

台湾・亮島人1号人骨


D系統[編集]

富野由悠季


知花くらら


D4系統[編集]

徳川吉宗


増子女王


至心院


徳川家治


蓮光院


日高光啓


D4a系統[編集]

田中裕二


髙田延彦


ベッキー


藤森慎吾


大宮エリー


木曽さんちゅう


タモリ


山田親太朗


D4b系統[編集]

浦田直也


堺正章


上地雄輔


中山エミリ


片岡孝


白洲信哉


D4d系統[編集]

4代目 市川猿之助


茂木健一郎


D4j系統[編集]

虻川美穂子


服部文祥


D5系統[編集]

西島隆弘


糸井重里


濱田龍臣


幅允孝


上田晋也


C系統[編集]

馬友友


N系統[編集]

エヴァ・アンナ・パウラ・ブラウン


篠田謙一


中田敦彦


コロッケ


宮崎宣子


A系統[編集]

石川直樹


新垣結衣


エヴァ・ロンゴリア


坂口和明


狩野養信


R系統[編集]

ウィリアム王子とダイアナ妃


台湾・亮島人2号人骨


K系統[編集]

エッツ渓谷のアイスマン


H系統[編集]

聖ルカ

名前 ミトコンドリアDNA配列 ハプログループ
聖ルカの遺体 16235G, 16291T H


フランス王妃・マリー・アントワネット

マリー・アントワネット

名前 ミトコンドリアDNA配列 ハプログループ
マリー・アントワネット 16519C, 152C, 194T, 263G, 315.1C H


ナポレオン


V系統[編集]

ベンジャミン・フランクリン

名前 ミトコンドリアDNA配列 ハプログループ
ベンジャミン・フランクリン T16298C, 315.1C, 309.1C, A263G, T72C. V



ヴィクトリア女王

名前 ミトコンドリアDNA配列 ハプログループ
ヴィクトリア女王 16111T, 16357C, 263G, 315.1C V




F系統[編集]

豊玉姫尊


琉球 尚寧王陵4号石棺人骨


倫子女王


舞の海秀平(41歳)

舞の海秀平


松居一代


安めぐみ


J系統[編集]

リチャード3世

名前 ミトコンドリアDNA配列 ハプログループ
リチャード3世 16069T, 16126C, 73G, 146C, 185A, 188G, 263G, 295T, 315.1C J


マリオ・バターリ


フランチェスコ・ペトラルカ

名前 ミトコンドリアDNA配列 ハプログループ
ペトラルカの遺体 16126C, 16193T, 16311C J2


T系統[編集]

ロシアのニコライ2世

名前 ミトコンドリアDNA配列 ハプログループ
ニコライ2世の遺骨 16126C, 16169Y, 16294T, 16296T, 73G, 263G, 315.1C T


ジェシー・ジェイムズ

名前 ミトコンドリアDNA配列 ハプログループ
ジェシー・ジェイムズの遺体 16126C, 16274A, 16294T, 16296T, 16304C T2


B系統[編集]

河本準一


道重さゆみ(21歳)

道重さゆみ


養老孟司


Y染色体[編集]

父系による人類拡散の経路[編集]

Y染色体分岐と拡散を表す
ヒトY染色体ハプログループ系統樹
Y染色体アダム(Y-MRCA)
A0 A1
A1a A1b
A1b1 BT
B CT
DE CF
D E C F
G H IJK
IJ K
I J LT K(xLT)
L T M NO P S
N O Q R


A00系統[編集]

アルバート・ペリー


A系統[編集]

ニカウ


B系統[編集]

クリス・ロック




D2系統[編集]

瓊瓊杵尊



竹村健一


細川茂樹


堀江貴文(40歳)

堀江貴文


坂口和明


D4系統[編集]

ホアキン・ドロイ


DE系統[編集]

サラーフッディーン・アル=ビータール


E1b1a系統[編集]

ラムセス3世

ラムセス3世



ネルソン・マンデラ



バラク・オバマ


アル・ローカー


デズモンド・ムピロ・ツツ






E1b1b系統[編集]

アドルフ・ヒトラー


ライト兄弟

DYS 393 390 19 391 385A 385B 426 388 439 389I 392 389II
Alleles 13 24 13 10 16 18 11 12 12 13 11 29


アルベルト・アインシュタイン


ウイリアム・ハーヴェイ


ナポレオン


C系統[編集]

沖縄県具志頭村・港川1号人骨(港川人)


王罕


チンギス・カン




堺正章






ヌルハチ





G系統[編集]

エッツ渓谷のアイスマン



ヨシフ・スターリン

DYS 393 390 19 391 385A 385B 426 388 439 389I 392 389II 458 459A 459B 455 454 447 437 448 449 464A 464B 464C 464D
Alleles 14 23 15 9 15 16 11 12 11 11 10 28 17 9 9 11 11 25 16 21 28 13 13 14 14


I系統[編集]

ビルエル・ヤール

ビルエル・ヤール


エドモンド・ライス


レフ・ニコラエヴィチ・トルストイ


ウォーレン・エドワード・バフェット


ジミー・バフェット


アレクサンダー・ハミルトン

DYS 393 390 19 391 385A 385B 426 388 439 389I 392 389II 458 459A 459B 455 454 447 437 448 449 464A 464B 464C 464D
Alleles 13 22 14;15 10 13 14 11 14 12 13 11 29 15 8 9 8 11 22 16 20 31 12 14 15 15
DYS 460 GATA-H4 YCAIIA YCAIIB 456 607 576 570 CDYA CDYB 442 438
Alleles 10 10 19 21 14 16 16 19 35 38 12 10


I2系統[編集]

サー・ヘンリー・クリントン将軍


デイヴィッド・クロケット


エディー・イザード


J1系統[編集]

ファトフ・アリー・シャー


預言者・ムハンマド・イブン=アブドゥッラーフ


J2系統[編集]

ティベリウス・ユリウス・アブデス・パンテラ




ロスチャイルド家


ニック・ドノフリオ


マイク・ニコルズ


マット・ラウアー


マホメット・オズ


ジョン・ロリマー・ウォーデン




N系統[編集]

ゲディミナス


リューリク1世


アレクセイ・クロパトキン


ユーリイ・ガガーリン


O1系統[編集]

馬友友


O2系統[編集]

曹操


高向玄理


上田晋也


O2a系統[編集]

嘉隆帝(阮福暎)


朱子


O2b系統[編集]

柳成龍


O2b1系統[編集]

飛騨人


O3系統[編集]

有田哲平


中島聡


松岡肇


O3a系統[編集]

曹参


茂木健一郎


末永匡


R1a系統[編集]

ガウタマ・シッダールタ






サマーレッド・マクギレブリデ


ウィリアム・ウェルズ・ホリスター


トム・ハンクス


トヌ・トレヴィッツキー


アンダーソン・クーパー


R1b系統[編集]

アイルランド上王 コラ・ウアイス


ニコラウス・コペルニクス


ニコライ2世(30歳)

ロシアのニコライ2世

DYS 393 390 19 391 385a 385b 439 389i 392 389ii 458 456 635 Y-GATA-H4 437 438 448
Alleles 13 24 14 10 11 14 11 13 13 29 17 16 24 12 15 12 19




ジョン・アダムズとジョン・クィンシー・アダムズ


チャーリー・ローズ


チャールズ・ダーウィン



フレッド・フェルプス



チェ・ゲバラ






スペンサー・ウェルズ


フランクリン・ピアース


ジェームズ・ブキャナン Jr.


ツタンカーメン(トゥト・アンク・アメン)

DYS 393 390 19 391 385a 385b 439 389i 392 389ii 458 456 635 Y-GATA-H4 437 438 448
Alleles 13 24 14 11 11 14 10 13 13 30 16 15 23 11 14 12 19



ザカリー・テイラー


エイブラハム・リンカーン


ウィリアム・マッキンリー


トーマス・ウッドロウ・ウィルソン


ブルボン家


アイルランド上王 9人の人質のニール


聖コルンバ


ヘンリー・ルイス・ゲイツJr.


マルコム・グラッドウェル


マリオ・バターリ



スティーブン・コルベール



T系統[編集]

トーマス・ジェファーソン








脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ミトコンドリアDNAに関しては「L0、L1、L2、L3、M、E、D、C、N、I、A、W、X、R、U、K、R0、HV、H、V、R9、F、J、T、B」順に記し、Y染色体に関しては「A、B、D、E、C、F、G…」順に記した。
  2. ^ So, Where Do We Come From?, Carte Blanche”. M-Net (2004年9月19日). 2012年2月8日閲覧。
  3. ^ Rondganger, Lee (2006年6月6日). “Being an African makes me who I am”. IOL. 2012年2月8日閲覧。
  4. ^ Alexander, Mary (2007年4月24日). “Are you related to Mandela?”. SouthAfrica.info. 2012年2月8日閲覧。
  5. ^ Coan, Stephen (2010年7月28日). “The first people”. The Witness. 2012年2月8日閲覧。
  6. ^ a b Schuster et al (2010年2月18日). “Bantu genomes from southern Africa”. Nature. 2011年5月12日閲覧。
  7. ^ a b c d e f g mt-DNA Haplogroups of Famous People”. 23andMe (2013年9月10日). 2014年1月1日閲覧。
  8. ^ 2010年までに沖縄県石垣島石垣市)の白保竿根田原洞穴遺跡で出土した旧石器時代人骨10点を国立科学博物館が分析した結果、5点からミトコンドリアDNAを抽出した。うち4点が約2万-1万年前(国内最古)の骨であり、4点のうち2点は「M7a」と呼ばれるDNAタイプであることが分かった。『白保竿根田原洞穴:旧石器人骨からDNA…国内で最古』”. 毎日新聞 (2013年12月2日). 2013年12月2日閲覧。
  9. ^ a b c d e f g h i 『Discover Japan』(2012年8月号)53頁
  10. ^ a b c d e f g h i j k l だ液で解明(秘)アナタの祖先”. 日本テレビ『世界一受けたい授業』 (2010年7月10日). 2013年10月13日閲覧。日本テレビ『100710 世界一受けたい授業 - 藤本美貴 道重さゆみ』”. tudou (2010年7月10日). 2013年12月4日閲覧。
  11. ^ a b c d e f g h i j k l m DNA分析で人類のルーツが分かる!?”. 日本テレビ『開局55周年記念番組 タモリ教授のハテナの殿堂?』 (2008年11月29日). 2013年10月23日閲覧。
  12. ^ a b c d e f g h i DNAで解明! 千葉雄大とスザンヌが親戚だった!? 堺校長の先祖はチンギス・ハン!?”. 日本テレビ『世界一受けたい授業SP 新春使える知識ベスト100』 (2011年1月8日). 2014年4月16日閲覧。
  13. ^ 『DNA人類進化学 - 2.古代人のDNAをさぐる「縄文人骨からの解読」』”. 遺伝学電子博物館 (2004年12月1日). 2013年12月2日閲覧。
  14. ^ 『亜型M7 - 日本の基層集団を生む系統?』Toshiyuki Itoh”. mtDNA亜型からみた系統関係と拡散経路 (2004年12月1日). 2013年11月1日閲覧。
  15. ^ a b 台灣考古重大成果 DNA解密 亮島人是南島祖先”. 藝文新聞 (2013年7月17日). 2014年3月20日閲覧。
  16. ^ a b 馬祖の「亮島人」がオーストロネシア族人の始祖”. KMT (2013年7月17日). 2014年3月20日閲覧。
  17. ^ ガンダム富野監督のDNA、15万年前からのルーツを解析!”. 『日経トレンディネット』 (2009年8月27日). 2013年10月30日閲覧。
  18. ^ 地球と宇宙の環境科学展~消えた生き物の謎と秘密~”. 日本科学未来館 (2009年8月28日). 2013年10月30日閲覧。
  19. ^ 地球と宇宙の環境科学展~消えた生き物の謎と秘密~”. 日本科学未来館 (2009年8月28日). 2013年10月30日閲覧。
  20. ^ a b c 世界一受けたい授業”. Ameba blog (2011年1月11日). 2014年4月16日閲覧。
  21. ^ 『Discover Japan』(2012年8月号)47頁より
  22. ^ a b 世界一受けたい授業などなど”. ついっぷる (2011年1月8日). 2014年4月17日閲覧。
  23. ^ mtDNA of Takashi Kataoka”. Mito Search. 2014年4月18日閲覧。
  24. ^ 『Discover Japan』(2012年8月号)48頁より
  25. ^ 『私の祖先はネアンデルタール?』茂木健一郎のI love 脳”. 「yomiDr.読売新聞の医療サイト」讀賣新聞 (2014年2月3日). 2014年2月3日閲覧。
  26. ^ 『Discover Japan』(2012年8月号)46頁より
  27. ^ 世界一受けたい授業などなど”. Ameba blog (2011年1月11日). 2014年4月17日閲覧。
  28. ^ 『Discover Japan』(2012年8月号)49頁より
  29. ^ 正確には、死の直前にアドルフ・ヒトラーと正式に婚姻しているのでエヴァ・アンナ・パウラ・ヒトラーという名である。
  30. ^ ヒトラーの妻はユダヤ系だった? 英テレビ番組でDNA分析”. AFP BB News (2014年4月6日). 2014年4月11日閲覧。
  31. ^ ヒトラーの妻はユダヤ系? DNAを分析”. News Nobody knows (2014年4月6日). 2014年4月11日閲覧。
  32. ^ 篠田謙一さんが語る、ミトコンドリアDNAでたどる人類の起源”. 『THE BIG ISSUE JAPAN』第86号 (2008年1月1日). 2013年11月27日閲覧。
  33. ^ 『Discover Japan』(2012年8月号)50頁より
  34. ^ a b デイリー・東京スポグチ”. paper.li (2012年). 2014年2月22日閲覧。
  35. ^ a b No.5 シリコンバレーのニューチャレンジ グーグルが投資した「23andMe」バイオ技術の格安普及を目指す”. Bizline (2009年8月31日). 2014年2月22日閲覧。
  36. ^ 血液型性格占いはもう古い? 23andme.com”. 蛇使いのたわごと(ツインスパークな人生) (2009年4月18日). 2014年2月26日閲覧。
  37. ^ 『Discover Japan』(2012年8月号)70頁より
  38. ^ DNA tests show future British monarch Prince William has clear genetic line to India from Diana's side”. Mail Online India (2013年6月14日). 2014年4月15日閲覧。
  39. ^ Prince William belongs to Indian mtDNA haplogroup R30b”. Eupedia (2013年6月15日). 2014年4月15日閲覧。
  40. ^ Luca Ermini et al. (30 October 2008), "Complete Mitochondrial Genome Sequence of the Tyrolean Iceman", Current Biology
  41. ^ DNA profiles and haplogroups of famous persons”. iGENEA (2013年8月1日). 2014年2月15日閲覧。
  42. ^ 聖ジュスティーナが殉教した地に建てられた教会(Basilica di Santa Giustina)で、聖ルカの遺体を納めた聖墓がある。
  43. ^ 聖ルカの遺体の移送(パドヴァのサンタ・ジュスティーナ聖堂サン・ルカ礼拝堂をめぐって)”. 東北大学大学院文学研究科美術史学 (28), 67-75, 2007 (2007年). 2014年2月17日閲覧。
  44. ^ Le sue ossa furono trasportate a Costantinopoli nella famosa Basilica dei Santi Apostoli; le sue spoglie giunsero poi a Padova, dove tuttora si trovano nella Basilica di Santa Giustina. La sua testa è stata traslata dalla Basilica di Santa Giustina alla Cattedrale di San Vito a Praga nel XIV secolo; infine una costola del corpo di San Luca è stata donata nel 2000 alla Chiesa greco-ortodossa di Tebe. Esiste un'altra reliquia della testa del Santo nel Museo Storico Artistico "Tesoro" nella Basilica di San Pietro in Vaticano.
  45. ^ Marie Antoinette”. Mitosearch (2013年12月8日). 2013年12月8日閲覧。
  46. ^ Marie Antoinette”. famousdna (2013年12月8日). 2013年12月8日閲覧。
  47. ^ DNA Analysis of 5 People Who Helped Create America”. Thegeneticgenealogist.com (2007年11月1日). 2011年5月12日閲覧。
  48. ^ JAPAN DNA Project”. FAMILY TREE DNA (2013年2月11日). 2013年10月15日閲覧。
  49. ^ 『浦添グスクと浦添ようどれの発掘調査から解ること』下地 安広”. 浦添市教育委員会 (2004年12月1日). 2013年11月1日閲覧。
  50. ^ 『Discover Japan』(2012年8月号)45頁より
  51. ^ 日本人の起源に迫る(ミトコンドリアDNAのタイプによる)”. 日本放送協会サイエンスZERO』 (2007年11月4日). 2013年10月17日閲覧。
  52. ^ Results of the DNA analysis”. University of Leicester (2013年2月4日). 2013年10月13日閲覧。
  53. ^ Geneticist Dr Turi King and genealogist Professor Kevin Schürer give key evidence on the DNA testing”. University of Leicester. 2013年2月5日閲覧。
  54. ^ Burns, John F (2013年2月4日). “Bones Under Parking Lot Belonged to Richard III”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2013/02/05/world/europe/richard-the-third-bones.html 2013年2月6日閲覧。 
  55. ^ Rachel, Ehrenberg (2013年2月6日). “A king's final hours, told by his mortal remains”. Science News. Society for Science & the Public. 2013年2月8日閲覧。
  56. ^ Bower, Dick (Director) (2013年2月27日). Richard III:The Unseen Story (Television production). UK: Darlow Smithson Productions.. http://www.channel4.com/programmes/richard-iii-the-king-in-the-car-park/episode-guide/series-1/episode-2 
  57. ^ “Genetic analysis of the skeletal remains attributed to Francesco Petrarca”. Forensic Science International 173 (1): 36-40. (November 2007). http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17320326 2013年7月1日閲覧。. 
  58. ^ Famous DNA”. Isogg.org. 2013年7月6日閲覧。
  59. ^ The New Root – Haplogroup A00”. Roberta Estes (2012年11月16日). 2014年2月13日閲覧。
  60. ^ アメリカ人男性から未知のタイプのY染色体発見。Y染色体アダムの年代が塗り変わる。”. Not so open-minded that our brains drop out. (2013年3月14日). 2014年2月13日閲覧。
  61. ^ The Root of the Tree of our Fathers”. Y-HAPLOGROUP A (2013年3月8日). 2014年2月13日閲覧。
  62. ^ Y-Haplogroup A Project”. Family Tree DNA (2013年3月1日). 2014年2月13日閲覧。
  63. ^ Cameroonian Y-DNA lineage A00 is older than Homo sapiens(カメルーンのY-DNA系統A00は、ホモサピエンスよりも古い)”. Prehistory, Anthropology and Genetics (2013年3月2日). 2014年2月13日閲覧。
  64. ^ Y-ADAM” (2013年3月14日). 2014年2月13日閲覧。
  65. ^ Descendant of Adam Found in South Carolina: Why This Could Re-Write History”. PolicyMic (2013年3月25日). 2014年2月13日閲覧。
  66. ^ Cruciani F, Trombetta B, Massaia A, Destro-Bisol G, Sellitto D, Scozzari R (June 2011). “A revised root for the human Y chromosomal phylogenetic tree: the origin of patrilineal diversity in Africa”. Am. J. Hum. Genet. 88 (6): 814–8. doi:10.1016/j.ajhg.2011.05.002. PMC 3113241. PMID 21601174. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0002-9297(11)00164-9. 
  67. ^ Batini C, Ferri G, Destro-Bisol G, et al. (September 2011). “Signatures of the preagricultural peopling processes in sub-Saharan Africa as revealed by the phylogeography of early Y chromosome lineages”. Mol. Biol. Evol. 28 (9): 2603–13. doi:10.1093/molbev/msr089. PMID 21478374. http://mbe.oxfordjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=21478374.  as PDF
  68. ^ "The Past Is Another Country". African American Lives. PBS. 4回,2シリーズ.
  69. ^ JAPAN DNA Project”. FAMILY TREE DNA (2013年2月11日). 2013年10月15日閲覧。
  70. ^ 私たちはどこから来たのか?”. 日本科学未来館(日経BP社&ナショナルジオグラフィック) (2009年8月5日). 2013年10月30日閲覧。
  71. ^ ジェノグラフィック・プロジェクト「私たちはどこから来たのか?」”. 日本科学未来館 (2009年8月5日). 2013年10月30日閲覧。
  72. ^ 『人生のレールは一本ではない -悔いのない生き方をしよう-』三浦雄一郎竹村健一 共著、2007年、太陽企画出版、27頁より「(竹村健一の)は、兵庫県生野という町からずいぶん奥に入った黒川村という寒村の生まれです。長男だったけど、戸数が10軒ほどしかないの暮らしに飽きたらず、次男に家督を譲り、自分から勘当されるようにして大阪に出てきた」
  73. ^ 解明された細川茂樹のDNAとそのルーツ”. 日経Trendy net (2009年8月21日). 2013年10月13日閲覧。
  74. ^ 六本木で働いていた元社長のアメブロ”. Ameba (2009年1月16日). 2013年10月13日閲覧。
  75. ^ Y-haplogroup D in Cebu, Philippines”. A Genetic Genealogy Community (2012年5月12日). 2014年3月1日閲覧。
  76. ^ D Haplogroup (Y-DNA) Project”. FAMILY TREE DNA (2013年3月25日). 2014年3月1日閲覧。
  77. ^ Philippines Joaquin Doroy's family tree”. mundia (2013年10月2日). 2014年3月9日閲覧。
  78. ^ Lebanon-Syria-Palestine-Jordan DNA Project”. Family Tree DNA (2011年3月5日). 2014年1月31日閲覧。
  79. ^ DNA of Izzat Al Bitar”. Генографическое Общество EurАзия (ДНК-проект) (2012年3月4日). 2014年1月31日閲覧。"Additional information about Paternal Line:FTDNA tested the haplogroup as CT(xC,D,E,F), which can mean that it is either CT*(xCF,DE), CF*(xC,F) or DE*(xD,E). SNP-markers M145=P205 & M203 are being tested at the moment. It is most likely DE*(xD,E), as it looks close to DE* haplotypes in Nigeria & Guinea-Bissau, and no CT* or CF* have yet been discovered in the whole World.DE* is an extremely rare haplogroup. However, a similar haplotype (not SNP-tested) was found in 1 out of 113 provincial Syrians by Donbak2006 (other studies didn't find this haplotype or haplogroup anywhere in Syria). Izzat Al Bitar lived in Damascus around 150 years ago. He had many sons, among whom Mohammad Kamal. He also had many sons, among whom Adib. Adib also had many children, among whom daughter Afaf (wife of Hussein bin Rahma Al Zaabi, head of Al Zaab (Al Tabbiyah) Area in Abu Dhabi City) and son Makin. Makin has 3 sons: Mohammad Mazen, Ruslan & Iskander. It was Ruslan who was DNA-tested.
  80. ^ Y DNA tree - early and undefined branches”. Family Tree DNA (2011年3月5日). 2014年1月31日閲覧。
  81. ^ Hawass, Z.; Ismail, S.; Selim, A.; Saleem, S. N.; Fathalla, D.; Wasef, S.; Gad, A. Z.; Saad, R.; Fares, S.; Amer, H.; Gostner, P.; Gad, Y. Z.; Pusch, C. M.; Zink, A. R. (17 December 2012). “Revisiting the harem conspiracy and death of Ramesses III: anthropological, forensic, radiological, and genetic study”. BMJ 345 (dec14 14): e8268–e8268. doi:10.1136/bmj.e8268. http://academia.edu/2308336/Revisiting_the_harem_conspiracy_and_death_of_Ramesses_III_anthropological_forensic_radiological_and_genetic_study 2013年7月6日閲覧。. 
  82. ^ ISOGG 2014による表記。
  83. ^ Are you related to Mandela?”. SouthAfrica.info (2012年2月8日). 2014年2月17日閲覧。 Nelson Mandela, former President of South Africa, belonged to Haplogroup E1b1a (Y-DNA) typical of Bantu peoples.
  84. ^ Obama Shares Melungeon Ancestry with California Professor”. DNA BLOG (2011年9月21日). 2014年2月16日閲覧。 Obama's Bunch line was found to carry E1b1a haplogroup, a sub-Saharan African male lineage. He is also supposed to have Cherokee ancestry in his mother's colonial genealogies.
  85. ^ [1], ISOGG.
  86. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2010による表記では「E1b1a8a*」である。
  87. ^ a b DNA tests reveal "Hitler was descended from the Jews and Africans he hated"”. Mail Online (2010年8月24日). 2014年3月8日閲覧。
  88. ^ a b ヒトラーの祖先、ユダヤ人の可能性も-DNA検査で発覚”. IB Times (2010年8月25日). 2011年4月8日閲覧。
  89. ^ 第二次世界大戦中は、アメリカ海軍に所属。
  90. ^ 現在はアメリカ人
  91. ^ 現在はオーストリア人
  92. ^ Family Tree DNA, the largest Y-chromosome testing organization for genealogy and ancestry purposes later announced that the interpretation of Hitler’s ancestry given by certain media outlets, based on information released by Jean-Paul Mulders and historian Marc Vermeeren, is "highly questionable". With a Y-chromosome database containing close to 200,000 samples from different populations, Family Tree DNA’s Chief Y-DNA Scientist, Professor Michael Hammer said that "scientific studies as well as records from our own database make it clear that one cannot reach the kind of conclusion featured in the published articles." Based on Family Tree DNA records, no less than 9% of the populations of Germany and Austria belong to the haplogroup E1b1b, and among those, the vast majority - about 80% -are not associated with Jewish ancestry. "This data clearly show that just because one person belongs to the branch of the Y-chromosome referred to as haplogroup E1b1b, that does not mean the person is likely to be of Jewish ancestry," said Professor Hammer.
  93. ^ Family Tree DNA questions reporting about Hitler’s origins”. Family Tree DNA (2010年8月30日). 2014年3月10日閲覧。
  94. ^ Wright DNA Project
  95. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2010による表記では「E1b1b1a2」である。
  96. ^ Wright Dna Project”. Wright-dna.org. 2011年5月12日閲覧。
  97. ^ G2b-M377 / L72 / L183 / M283 Y Haplogroup Project (formerly G2c)”. Family Tree DNA (1928年5月2日). 2013年10月2日閲覧。
  98. ^ E-M35 Phylogeny Project”. Haplozone.net. 2013年10月2日閲覧。
  99. ^ ISOGG 2014による表記
  100. ^ Harvey Y-DNA Genetic Project Harvey Y-DNA Genetic Project”. Family Tree DNA (2011年12月8日). 2014年1月25日閲覧。
  101. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2010による表記では「E1b1b1c1」である。
  102. ^ B2YWY DNA of Humphrey Harvey and William Harvey”. y search (2012年1月6日). 2014年1月25日閲覧。
  103. ^ Haplogroup of the Y Chromosome of Napoleon the First, Lucotte 2011
  104. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2010による表記では「E1b1b1c1*」である。
  105. ^ ISOGG 2014による表記。2013版迄の表記では「C1」
  106. ^ THE MINATOGAWA MAN”. The University Museum The University of Tokyo (1982年). 2014年3月16日閲覧。
  107. ^ The Y-chromosome C3* star-cluster attributed to Genghis Khan's descendants is present at high frequency in the Kerey clan from Kazakhstan.
  108. ^ ISOGG 2014による表記。改定される前の原文のISOGG 2013迄の表記では「C3*」である。
  109. ^ 『モンゴル秘史 2 チンギス・カン物語』、30,33頁
  110. ^ 元朝秘史』による。
  111. ^ ISOGG 2014による表記。改定される前の原文のISOGG 2013迄の表記では「C3」である。
  112. ^ Zerjal, T; Xue Y, Bertorelle G, Wells RS, Bao W, Zhu S, Qamar R, Ayub Q, Mohyuddin A, Fu S, Li P, Yuldasheva N, Ruzibakiev R, Xu J, Shu Q, Du R, Yang H, Hurles ME, Robinson E, Gerelsaikhan T, Dashnyam B, Mehdi SQ, Tyler-Smith C (2003). “The Genetic Legacy of the Mongols”. American Journal of Human Genetics 72 (3): 717–21. doi:10.1086/367774. PMC 1180246. PMID 12592608. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1180246. 
  113. ^ Family Tree DNA. “Matching Genghis Khan”. 2007年4月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年5月16日閲覧。
  114. ^ SMGF: Genghis Khan modal haplotype search results”. 2013年10月13日閲覧。
  115. ^ a b c DNAで一瞬でわかるアナタのルーツ”. 日本テレビ『世界一受けたい授業』 (2011年1月8日). 2013年10月13日閲覧。[出典無効]WP:QS
  116. ^ ISOGG 2014による表記。改定される前の原文のISOGG 2013迄の表記では「C3」である。
  117. ^ 港家小柳丸(初代)大正・昭和期の浪曲師・埋葬場所:3区1種29側(栗原家)”. 歴史が眠る多磨霊園. 2014年2月5日閲覧。
  118. ^ 『われわれはどこから来たのか、われわれは何者か、われわれはどこへ行くのか -生物としての人間の歴史-』帯刀益男著、早川書房、2010年5月20日、101頁より
  119. ^ Dienekes’ Anthropology Blog: The genetic legacy of the Manchu”. Dienekes.blogspot.com (2005年10月21日). 2013年10月14日閲覧。
  120. ^ ISOGG 2014による表記。改定される前の原文のISOGG 2013迄の表記では「C3c」である。
  121. ^ Interview Dr. Eduard Egarter-Vigl, Head of Conservation and Assistant to research projects of the Archaeological Museum in Bozen. From the Docu-Movie: "Ötzi, ein Archäologiekrimi" [Ötzi, a Archaeology Crime] by Christine Sprachmann. TV-Broadcast by 3sat 10 August 2011 and br-alpha 13 September 2011.
  122. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2011による表記では「G2a4」である。
  123. ^ Русский Newsweek / Тема номера, www.runewsweek.ru
  124. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2010による表記では「G2a1」である。
  125. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「I1」である。
  126. ^ Finding the founder of Stockholm – A kinship study based on Y-chromosomal, autosomal and mitochondrial DNA”. 2013年8月12日閲覧。
  127. ^ Rice Family DNA Project”. Edmund Rice (1638) Association. 2009年8月31日閲覧。
  128. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「I1」である。
  129. ^ a b c d e f g h i j k l m n Y-dna Haplogroups of Famous People”. 23andMe (2013年9月10日). 2014年2月5日閲覧。
  130. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「I1」である。
  131. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「I1」である。
  132. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「I1」である。
  133. ^ Hamilton DNA Project Results Discussion”. Personal.psu.edu. 2011年5月12日閲覧。
  134. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「I1a」である。
  135. ^ The Crockett Families DNA Project”. Family Tree DNA. 2011年5月12日閲覧。
  136. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2010による表記では「I2b1」である。
  137. ^ "The Dad's Line". Meet The Izzards. BBC. 2013年2月21日放送.
  138. ^ “L.A. Ferydoun Barjesteh van Waalwijk van Doorn (Khosrovani), 'Short Report: DNA-evidence versus the Paper Trail. Groundbreaking News on the Origine of the Qajars', in: Qajar Studies VIII (2008)” 
  139. ^ Y-DNA famous people”. ISOGG (2013年12月1日). 2014年2月15日閲覧。
  140. ^ Identifying Genetic Traces of Historical Expansions: Phoenician Footprints in the Mediterranean”. American Journal of Human Genetics (2008年11月17日). 2014年3月11日閲覧。
  141. ^ Haplogroup J2, Romans, Viticulture and Christianity.”. Anthrogenica (2013年11月20日). 2014年3月11日閲覧。
  142. ^ P.Haupt/S.Hornung, "Ein Mitglied der Heiligen Familie? Zur Rezeption eines römischen Soldatengrabsteines aus Bingerbrück", Kr. Mainz-Bingen. In: Archäologische Informationen 27/1, 2004, S.133-140.
  143. ^ : pantherを意味するラテン語。
  144. ^ Marcello Craveri, La vita di Gesù, Feltrinelli, Milano, 1966, 466 pp
  145. ^ Origenes Adamantius, Contra Celsum, AD 248
  146. ^ Displaying User ID: VJJWF, AA5C8, EMR4R, EPDJ4, ySearch.org 
  147. ^ (IBM Executive Vice President, Innovation and Technology tested with the Geneographic Project”. 2013年8月12日閲覧。
  148. ^ Nick Donofrio
  149. ^ Faces of America (Television Program, Page 31 by Henry Louis Gates 
  150. ^ a b Famous Haplogroups”. isogg.org (2008年3月19日). 2014年3月5日閲覧。
  151. ^ 健康バラエティ ドクター・オズ・ショー - オフィシャルサイト - ソニー・ピクチャーズ
  152. ^ 産経新聞によると、世界112ヶ国で放送されたとしている。
  153. ^ Worden DNA”. Worden Family Association (2013年8月12日). 2014年3月3日閲覧。
  154. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2010による表記では「N1c1」である。
  155. ^ DNA Database for Rurikid and Gediminid princes”. Freepages.genealogy.rootsweb.ancestry.com. 2011年5月12日閲覧。
  156. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2010による表記では「N1c1」である。
  157. ^ Distribution of European Y-chromosome DNA (Y-DNA) haplogroups by country in percentage // Eupedia
  158. ^ Rurikid Dynasty DNA Project at FamilyTreeDNA”. Familytreedna.com. 2011年5月12日閲覧。
  159. ^ Rurikid Dynasty DNA Project – News
  160. ^ Structure of the Y-haplogroup N1c1 updated to 67 markers, Jaakko Häkkinen. January 17, 2012. University of Helsinki.
  161. ^ a b Russian Nobility DNA Project”. FTDNA (2010年6月8日). 2014年4月11日閲覧。
  162. ^ a b Y染色體破譯曹操身世:非曹參後代無夏侯氏血統”. 北京日報 (2012年5月2日). 2014年3月15日閲覧。
  163. ^ Dienekes’ Anthropology Blog: Y-chromosome of Emperor Cao Cao: O2”. Dienekes.blogspot.com (2011年12月27日). 2013年10月2日閲覧。
  164. ^ Ancient DNA of Emperor CAO Cao's granduncle matches those of his present descendants: a commentary on present Y chromosomes reveal the ancestry of Emperor CAO Cao of 1800 years ago.”. ResearchGate. doi:10.1038/jhg.2013.5. 2013年10月2日閲覧。
  165. ^ The Takamuko clan of Japan claims agnatic descent from Cao Pi, who was the first Emperor of the state of "Cao Wei" and the eldest son of "Cao Cao". This suggests that the Takamuko clan also belongs to Y-DNA haplogroup "Haplogroup O-P31 (Y-DNA)". The Takamuko clan is most famous for Takamuko no Kuromaro.
  166. ^ DNA of Nguyen-Phuoc”. y search (2012年6月10日). 2014年1月30日閲覧。
  167. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2009による表記では「O2a」である。
  168. ^ Zhu Xi, the most influential Neo-Confucian scholar and philosopher in Chinese history, may have belonged to Y-DNA haplogroup Haplogroup O-M95 (O2a1) according to the DNA test of one documented descendant. This finding is significant since Zhu Xi was allegedly a distant cousin several times removed of Zhu Yuanzhang, founding emperor and ancestor of China's Ming Dynasty according to Zhu朱 (surname) records. Given the sample size, however, this result cannot be regarded as conclusive and further testing of other documented descendants of Zhu Xi朱子 is necessary to help confirm or refute this finding. Furthermore, testing of documented descendants of Zhu Yuanzhang would help confirm whether there is in fact a recent, common male ancestry between Zhu Xi and the Emperors of the Ming Dynasty.
  169. ^ Y-DNA haplogroup of Zhu Xi”. Ysearch (2013年6月1日). 2013年10月15日閲覧。
  170. ^ Korea DNA Project”. Family Tree DNA (2012年10月8日). 2014年1月25日閲覧。
  171. ^ 飛騨人のルーツ「父親の系統は弥生人」研究者がDNA解析で解明”. 岐阜新聞 (2013年7月2日). 2014年3月18日閲覧。
  172. ^ 飛騨びとのルーツ、母「縄文系」・父「弥生系」-DNA解読で立証、11月に学会発表”. 飛騨経済新聞 (2013年7月1日). 2014年3月18日閲覧。
  173. ^ 「デジタル家電は今後,Webサービス型になる」米UIEvolution社CEO”. 日経エレクトロニクス (2005年12月28日). 2014年3月15日閲覧。
  174. ^ Satoshi Nakajima”. Life is beautiful (2013年12月26日). 2014年3月15日閲覧。
  175. ^ DNA マーカー『M122』を持つ人は、お米が大好き!?”. Life is beautiful (2006年1月28日). 2014年3月15日閲覧。
  176. ^ 第165回 UIEvolution株式会社 中島 聡 2「中島 聡をつくったルーツ1」”. Dream Gate (2013年12月24日). 2014年3月15日閲覧。
  177. ^ チンギスハン子ども数千人? 子孫世界に1600万人 中国紙報道 DNA鑑定で判明”. 姫路関連のニュースメモ (2007年5月27日). 2014年2月8日閲覧。
  178. ^ 明治時代に起因する問題点”. 姫路駅前CASTY21秋葉原誘致計画 (2005年12月11日). 2014年2月8日閲覧。
  179. ^ 姫路市内での地区ごとの松岡分布”. 松岡姓について (1996年2月26日). 2014年2月13日閲覧。
  180. ^ ISOGG 2014版に基づく表記。原文では、ISOGG 2010版に基づく表記「O3a4」である。
  181. ^ 『私の祖先はネアンデルタール?』茂木健一郎のI love 脳”. 「yomiDr.読売新聞の医療サイト」讀賣新聞 (2014年2月3日). 2014年2月3日閲覧。
  182. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGGによる旧表記では「O3a3」である。
  183. ^ deCODEmeとNavigenicsで遺伝子検査をしたデータを公開してみる。”. グニャラくんの株式会社wktk運営日記 (2010年8月14日). 2014年3月7日閲覧。
  184. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2010による表記では「O3a3」である。
  185. ^ A study headed by geneticist Z. Zhao et al. (2009) based on an analysis of "32 Y-chromosomal markers in 560 North Indian males collected from three higher caste groups (Brahmins, Chaturvedis and Bhargavas) and two Muslims groups (Shia and Sunni) were genotyped" found that "a substantial part of today's North Indian paternal gene pool was contributed by Central Asian lineages who are Indo-European speakers, suggesting that extant Indian caste groups are primarily the descendants of Indo-European migrants." [2] An increasing number of studies have found South Asia to have the highest level of diversity of Y-STR haplotype variation within R1a1a, such as those of Kivisild et al. (2003), Mirabel et al. (2009) and Sharma et al. (2007, 2009).
  186. ^ 平凡社『世界大百科事典』釈迦族
  187. ^ Sengupta et al. in their 2006 paper in the American Journal of Human Genetics say that "Our overall inference is that an early Holocene expansion in northwestern India (including the Indus Valley) contributed R1a1-M17 chromosomes both to the Central Asian and South Asian tribes".
  188. ^ Haplogroup R1a as the Proto Indo-Europeans and the Legendary Aryans as Witnessed by the DNA of Their Current Descendants”. Scientific Research (2005年9月5日). 2014年3月15日閲覧。
  189. ^ A prehistory of Indian Y chromosomes: Evaluating demic diffusion scenarios”. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America (2012年2月1日). 2014年3月15日閲覧。
  190. ^ Polarity and Temporality of High-Resolution Y-Chromosome Distributions in India Identify Both Indigenous and Exogenous Expansions and Reveal Minor Genetic Influence of Central Asian Pastoralists, by Sanghamitra Sengupta,1 Lev A. Zhivotovsky,2 Roy King,3 S. Q. Mehdi,4 Christopher A. Edmonds,3 Cheryl-Emiliane T. Chow,3 Alice A. Lin,3 Mitashree Mitra,5 Samir K. Sil,6 A. Ramesh,7 M. V. Usha Rani,8 Chitra M. Thakur,9 L. Luca Cavalli-Sforza,3 Partha P. Majumder,1 and Peter A. Underhill3, 1Human Genetics Unit, Indian Statistical Institute, Kolkata, India; 2N. I. Vavilov Institute of General Genetics, Russian Academy of Sciences, Moscow; 3Department of Genetics, Stanford University, Stanford; 4Biomedical and Genetic Engineering Division, Dr. A. Q. Khan Research Laboratories, Islamabad; 5School of Studies in Anthropology, Pandit Ravishankar Shukla University, Raipur, India; 6University of Tripura, Tripura, India; 7Department of Genetics, University of Madras, Chennai, India; 8Department of Environmental Sciences, Bharathiar University, Coimbatore, India; and 9B. J. Wadia Hospital for Children, Mumbai, India [3]
  191. ^ The Descendants Of Somerled: DNA Evidence”. Clan Donald USA Genetic Genealogy Project (2013年12月23日). 2014年2月5日閲覧。
  192. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「R1a1」である。
  193. ^ Somerled - The Norse Scot foe of the Vikings”. Famous DNA (2010年12月7日). 2014年1月23日閲覧。
  194. ^ 『アダムの呪い』ブライアン・サイクス著、大野晶子訳、2004年7月15日、ヴィレッジブックス。第16章「武将 サマーレッドのY染色体」218-243頁より。
  195. ^ The Norse Code”. Articles and Stories on Scottish History (2003年9月28日). 2014年1月23日閲覧。
  196. ^ Hollister DNA Project”. Family Tree DNA (2008年2月25日). 2014年2月8日閲覧。
  197. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「R1a1」である。
  198. ^ William Welles Hollister 1818 - Hanover Licking Ohio” (2008年2月25日). 2014年2月8日閲覧。
  199. ^ Ancestry of Tom Hanks”. 2001年5月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月12日閲覧。
  200. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「R1a1」である。
  201. ^ Hanks DNA Project”. 2013年8月12日閲覧。
  202. ^ Trubetsky's DNA”. Ysearch (2013年6月12日). 2014年3月1日閲覧。
  203. ^ Famous DNA”. isogg. 2011年5月12日閲覧。
  204. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「R1a1」である。
  205. ^ DNA of the Three Collas”. PetersPioneers (2012年7月14日). 2014年3月3日閲覧。
  206. ^ Colla Uais, The Ancestral Father of the Scottish Clans”. iGENEA (2013年3月6日). 2014年3月3日閲覧。
  207. ^ Clan Donald USA(米国ドナルド家の遺伝的系譜の調査について)”. Genetic Genealogy Project (2013年10月22日). 2014年3月3日閲覧。
  208. ^ Genetic identification of putative remains of the famous astronomer Nicolaus Copernicus”. National Academy of Sciences (2009年7月6日). 2014年1月23日閲覧。
  209. ^ http://dienekes.blogspot.com/2009/02/y-chromosome-of-tsar-nicholas-ii.html”. Dienekes.blogspot.com (2009年2月27日). doi:10.1073/pnas.0811190106. 2011年5月12日閲覧。
  210. ^ Supporting Information (The last Russian emperor) (PDF)”. 2011年5月12日閲覧。
  211. ^ [4], ISOGG
  212. ^ ダーウィン一族のハプログループはR1b”. 『ジャパンタイムスウィークリー』 (2010年2月13日). 2013年11月27日閲覧。
  213. ^ Marks, Kathy (2010年2月5日). “Darwin family DNA shows African origin”. The New Zealand Herald. http://www.nzherald.co.nz/world/news/article.cfm?c_id=2&objectid=10624203 2012年12月20日閲覧。 
  214. ^ Phelps/Felps DNA Project”. Family Tree DNA (2012年6月9日). 2014年3月5日閲覧。
  215. ^ DNA profiles and haplogroups of famous persons”. iGENEA (2013年8月1日). 2014年2月15日閲覧。
  216. ^ ""Charlie Rose - Henry Louis Gates, Jr. / Spencer Wells / Major Gen. Douglas Lute"". "Charlie Rose".
  217. ^ Pierce DNA Project”. the Pierce DNA Project, Northern U.S. and British Isles (2010年1月1日). 2014年1月25日閲覧。
  218. ^ Presidential DNA”. isogg (2008年1月10日). 2014年1月25日閲覧。
  219. ^ Richard Alan Jordan, Lutheran Pastor, 9th Cousin 8 times removed of President Franklin Pierce (2010年). “Ancestry chart”. Richard Alan Jordan. 2010年10月3日閲覧。
  220. ^ Nathaniel Hawthorne (2010年). “The Life of Franklin Pierce, 1852, Chapter 1”. 2010年10月3日閲覧。
  221. ^ Presidential DNA”. isogg (2008年1月10日). 2014年1月25日閲覧。
  222. ^ The Tutankhamun DNA Project”. iGENEA. 2013年3月6日閲覧。
  223. ^ Baghdjian, Alice (2011年8月1日). “Half of European men share King Tut's DNA”. Reuters. http://uk.reuters.com/article/2011/08/01/oukoe-uk-britain-tutankhamun-dna-idUKTRE7704OR20110801 2013年3月6日閲覧。 
  224. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「R1b1c」である。
  225. ^ Presidential DNA”. isogg (2008年1月10日). 2014年1月25日閲覧。
  226. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「R1b1c」である。
  227. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「R1b1c」である。
  228. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「R1b1c」である。
  229. ^ ブルボンの家は、YハプログループR1b1b2a1a1b *(R-Z381 *)に属していた”. Dienekes' Anthropology blog (2013年10月9日). 2013年11月1日閲覧。
  230. ^ 原文では「R1b1b2a1a1b*」とあるが、「M269 > U106 > S263/Z381」とある為、ISOGG 2013-2014による表記では(R-Z381)は「R1b1a2a1a1c」である。
  231. ^ The R-Z18 and Subgroups Haplogroup Project”. Family Tree DNA (2013年12月10日). 2014年2月16日閲覧。
  232. ^ Genetic genealogy reveals true Y haplogroup of House of Bourbon contradicting recent identification of the presumed remains of two French Kings”. European Journal of Human Genetics (2013年10月9日). 2013年11月1日閲覧。
  233. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2011による表記では「G2a3b1a」である。
  234. ^ Niall of the Nine Hostages”. Famous DNA (2010年12月7日). 2014年1月23日閲覧。
  235. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「R1b1c7」である。
  236. ^ Moore LT, McEvoy B, Cape E, Simms K, Bradley DG (2006). “A y-chromosome signature of hegemony in gaelic Ireland”. Am. J. Hum. Genet. 78 (2): 334–8. doi:10.1086/500055. PMC 1380239. PMID 16358217. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1380239. 
  237. ^ Niall of the Nine Hostages”. Famous DNA (2010年12月7日). 2014年1月23日閲覧。
  238. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2007による表記では「R1b1c7」である。
  239. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2009による表記では「R1b1b2a1a2f2」である。
  240. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2009による表記では「R1b1b2a1a」である。
  241. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2009による表記では「R1b1b2a1a2d」である。
  242. ^ ISOGG 2014による表記。原文のISOGG 2009による表記では「R1b1b2a1a2f」である。
  243. ^ ISOGG 2008 Y-DNA Haplogroup T”. Isogg.org. 2009年9月2日閲覧。※旧分類では、ハプログループK2に分類されていたが、現在はこのSNPを持つハプログループはTに分類されている。


関連項目[編集]

外部リンク[編集]