月寒中央駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
月寒中央駅
1番出入口。右手には国道36号が見える。
1番出入口。右手には国道36号が見える。
つきさむちゅうおう - Tsukisamu chūō
H12 美園 (1.2km)
(1.0km) 福住 H14
所在地 札幌市豊平区月寒中央通7丁目
駅番号 H13
所属事業者 札幌市交通局
所属路線 札幌市営地下鉄東豊線
キロ程 12.6km(栄町駅起点)
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗車人員
-統計年度-
8,519人/日(降車客含まず)
-2012年度-
開業年月日 1994年(平成6年)10月14日
ビルの地下に駅が存在している
月寒中央駅改札口
ホーム
駅名標(福住方面)

月寒中央駅(つきさむちゅうおうえき)は、札幌市豊平区月寒中央通7丁目の国道36号(月寒通・室蘭街道)下にある、札幌市営地下鉄東豊線である。駅番号はH13

駅構造[編集]

もともと既存市街地につくられた駅であることから、4箇所ある出口のうち公園隅に位置する1番出口を除く3箇所は、民間ビルの中に出入口が作られている。エレベーターがあるのは3番出口。3番出口には下り方向のエスカレーターも設置されている。なお、1番出口は22時30分に閉鎖される。

地下2階は駅事務室・券売機・売店・コンコースがあり、地下3階がホーム階となっている。1面2線の島式ホームで、1994年10月14日に同時開業した学園前、豊平公園、美園、福住と同様、建設費節約のため在来路線と比較してホームの幅が狭くなっている。

のりば
1 東豊線 福住行き
2 東豊線 大通さっぽろ栄町方面


隣の美園駅との間は、民家下を通過するため札幌市営地下鉄初の山岳トンネル(NATM)工法で造られた月寒トンネルがあり、同トンネル内では対向線との間に柱等がないのが特徴である。札幌市交通局が2004年4月1日に発行した「札幌市営交通ご利用ガイド」の表紙下段部には、同トンネルの写真が掲載されている。

利用状況[編集]

札幌市交通局によると、2012年度の一日平均乗車人員は8,519人であった。

年度 一日平均
乗車人員
2008年 7,959
2009年 7,854
2010年 8,084
2011年 8,266
2012年 8,519


駅周辺[編集]

地下鉄は国道36号線(月寒通・室蘭街道)の下を通っており、出口も国道に沿って設置されている。

歴史[編集]

  • 1994年(平成6年)10月14日 豊水すすきの - 福住間延伸に伴い開業
  • 2005年(平成17年)8月18日 駅3番出口裏の機動隊庁舎跡地に駐輪場を整備・供用開始。それに伴い月寒体育館に隣接していた駐輪場を廃止
  • 2007年(平成19年)1月29日 改札機更新によって5口6台の改札機が全てカード対応型となる。この更新にあわせて車椅子対応改札口が1箇所増設された。

駅名の由来[編集]

開業前は「月寒駅」として計画されていた。開業にあたって「月寒中央駅」となったのは、かつて千歳線月寒駅(つきさっぷえき)が存在した場所から離れているため。

バス路線[編集]

月寒中央バス発着場

2010年12月1日現在。「月寒中央バス発着場」または路上停留所に発着する。

隣の駅[編集]

札幌市営地下鉄
東豊線
美園駅 (H12) - 月寒中央駅 (H13) - 福住駅 (H14)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]