月夜の恋占い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
月夜の恋占い
Le Battement d'ailes du papillon
監督 ローラン・フィロード
脚本 ローラン・フィロード
製作 Pascal Judelewicz、Anne-Dominique Toussaint
製作総指揮 Franck Landron
出演者 オドレイ・トトゥ
Faudel
音楽 Peter Chase
撮影 Jean-René Duveau
編集 Didier Ranz
公開 フランスの旗 2000年6月21日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 90分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
製作費 120万ユーロ
テンプレートを表示

月夜の恋占い』(つきよのこいうらない、原題: Le Battement d'Ailes du Papillon)はローラン・フィロード監督の2000年製作のフランスの映画

あらすじ[編集]

舞台はパリ。普通の人々の生活が、予期しない出来事の連続によって変わってしまう。その元となるのは公園の小石であったり、通りの真ん中に投げられた靴であったりする。こういった、あきらかに些末なこと(コーヒーメーカーの不具合であったり、車の窓から捨てられたマカロンであったり)が、お互いに知らない二人を出会いに導く。

出演[編集]

  • イレーヌ:オドレイ・トトゥ
  • ユネス:フォーデル (fr)
  • リシャール:エリック・サヴァン (fr)
  • マリー:ナタリー・ブザンソン (fr)
  • エルザ:リジアンヌ・メイス (fr)
  • ステファニー:イレーヌ・イスマイロフ (fr)
  • リュック:エリック・フェルドマン (fr)
  • ボビー:フレデリック・ブラリー (fr)
  • リュックの祖母:フランソワーズ・ベルタン (fr)
  • タクシー運転手:ピエール・ベルマール (fr)

題名[編集]

邦題は『月夜の恋占い』であるが、フランス語の原題は全く異なるLe Battement d'ailes du papillon(蝶の羽のはばたき)である。これはカオス理論にあるバタフライ効果を引用したもので、登場人物の1人がこの考えを詳しく説明している。英題Happenstanceもこれに拠っている。

外部リンク[編集]