月城原子力発電所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
月城原子力発電所
各種表記
ハングル 월성원자력발전소
漢字 月城原子力發電所
発音 ウォルソン ウォンジャリョク パルジョンソ
ローマ字 Wolseong Nuclear Power Plant
テンプレートを表示
月城の位置
月城
発電所の位置

月城原子力発電所(ウォルソンげんしりょくはつでんしょ)は、大韓民国慶尚北道慶州市陽北面にある原子力発電所。運営は韓国水力原子力がおこなっている。総出力は新月城原子力発電所とあわせて477.9万kWである。

概要[編集]

1号機から4号機まで、原子炉に世界的に少数派であるCANDU炉カナダ重水炉)を使用していることが特徴。1号機は、韓国内で2番目の原子力発電所として1982年に稼働を開始した。3、4号機は1990年代に稼働を開始している。2012年7月には新月城1号機が稼働した。

設備[編集]

運転開始 原子炉形式 設備容量
(kW)
発電量
(MWh)
総累計
(MWh)
月城1号機 1983年4月22日 CANDU炉 67万 8千 5,080,434 131,198,080
月城2号機 1997年7月1日 CANDU炉 70万 5,910,585 67,323,603
月城3号機 1998年7月1日 CANDU炉 70万 5,958,123 62,526,838
月城4号機 1999年10月1日 CANDU炉 70万 6,057,621 57,014,623
新月城1号機 2012年7月31日 KSNP(OPR-1000) 100万
新月城2号機 2013年1月予定 KSNP(OPR-1000) 100万

トラブル[編集]

月城原発においては過去に故障などのトラブルが50回以上を数えるといい[1]、2012年11月で30年の設計寿命をむかえる1号機は過去10年間で8回故障[2]、特に2012年に入ってからは4回故障している。

  • 2012年1月12日、1号機の4台ある冷却材ポンプの1台でベアリングに高温信号を確認して原子炉が自動停止[3]
  • 2012年9月16日、1号機の変圧器が故障、タービンと発電機が停止[4]
  • 2012年7月中旬、電圧調節装置のエラーで発電機が停止[5]
  • 2012年10月30日、運転中にタービン停止信号を確認、発電停止[6]

2012年7月に稼働した新月城1号機でも2013年4月に異常停止が発生[7]。5月になって制御ケーブルが試験結果を偽装した不良品であったことが判明したため新古里原子力発電所2号機とともに運転を中止している [8][9]

脚注[編集]

  1. ^ 韓国月城原発1号機がまた故障、稼働期間の延長は…=韓国”. サーチナ (2012-09ー17). 2012年11月18日閲覧。
  2. ^ 社説 月城原発1号機の美しい‘臨終’を準備しよう”. ハンギョレ (2012年10月30日). 2012年11月18日閲覧。
  3. ^ 原発でまた運転停止 企業が緊急節電へ=韓国”. 聯合ニュース (2012年1月12日). 2012年11月18日閲覧。
  4. ^ 月城原発1号機 変圧器故障で停止=韓国”. 中央日報 (2012年9月17日). 2012年11月18日閲覧。
  5. ^ 韓国・月城原発1号機がまた故障…今年4回目”. 中央日報 (2012年10月30日). 2012年11月18日閲覧。
  6. ^ ‘寿命延長 論難’月城1号機、再び故障で停止”. ハンギョレ (2012年10月30日). 2012年11月18日閲覧。
  7. ^ 新月城原発1号機の原子炉が停止…電力需給“準備段階”発令=韓国”. 中央日報 (2013年4月23日). 2013年5月28日閲覧。
  8. ^ 新古里原発2号機・新月城1号機の原子炉停止へ=韓国”. 聯合ニュース (2013年5月28日). 2013年5月28日閲覧。
  9. ^ 韓国原発10基が稼動中断…夏の電力不足憂慮”. 中央日報 (2013年5月28日). 2013年5月28日閲覧。