月井里駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
月井里駅
駅舎
駅舎
所在地 江原道鉄原郡
開業年月日 1913年7月10日
廃止年月日 1950年[1]
乗入路線
所属路線 京元線
キロ程 103.1[2]km(龍山起点)
鉄原 (5.0km)
(10.0km) 佳谷

月井里駅(ウォルジョンニえき)は大韓民国江原道鉄原郡にあった京元線廃駅)である。1950年朝鮮戦争で爆撃により破壊され、そのまま廃止された。非武装地帯南方限界線(MDL)にあり[3]、開業(1913年)から廃止まで、韓国最北端の駅でもあった。駅の向かいに「鉄馬は走りたい」と書かれた看板と、朝鮮戦争の時に爆撃で破壊された列車の残骸が残っている。朝鮮戦争では、朝鮮人民軍が撤収する際に列車の前方部分だけを持ち帰り、客車として使われていた後方部分だけを残した。最も熾烈な戦いが繰りひろげられた鉄の三角地に位置しており、鉄の三角展望台として一般開放されている[3]

歴史[編集]

  • 1913年7月10日朝鮮総督府鉄道京元線 鉄原 - 福渓 間延長により開業。
  • 1950年:朝鮮戦争により破壊され、そのまま廃止。
  • 1989年11月:駅および駅に停まっていた列車の遺構を「鉄の三角展望台」として一般開放した。

隣の駅[編集]

朝鮮総督府鉄道
京元線(1945年当時)
鉄原駅 - 月井里駅 - 平康駅

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 정확한 시기는 명확하지 않다.
  2. ^ [1]
  3. ^ a b 月井里駅(鉄の三角展望台)(월정리역(철의 삼각전망대)) - 韓国観光公社公式サイト