月に憑かれたピエロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

月に憑かれたピエロ』(つきにつかれたピエロ)、あるいは『ピエロ・リュネール』(フランス語: Pierrot lunaire作品21は、アーノルト・シェーンベルクが作曲した室内楽伴奏による連作歌曲である。

正式名称は『アルベール・ジローの「月に憑かれたピエロ」から三度の7つの詩』(ドイツ語: Dreimal sieben Gedichte aus Albert Girauds <<Pierrot lunaire>> )。すなわち、アルベール・ジロー英語版のフランス語詩をオットー・エーリヒ・ハルトレーベン英語版がドイツ語訳したものから21点を選び出し、7点ずつ3部に分け曲付けしたものである。

ソプラノの独唱者は、の雰囲気を補うために、シュプレッヒゲザングドイツ語版様式(語るように歌う=抑揚のようなメロディーが伴う、歌うような話し方)によって詩を「歌う」。無調音楽だが十二音技法ではない。シェーンベルクが音列技法を試みるのは、より後になってからである。

1912年10月16日に、ベルリンのコラリオンザールにおいて、「コロンビーナ」に扮したアルベルティーネ・ツェーメ(Albertine Zehme)を主演に迎えて初演が行われた。

作曲の経緯と受容[編集]

ベルギーの作家アルベール・ジローの詩によるピアノ伴奏の連作歌曲集をツェーメに持ちかけられたことが作曲のきっかけとなった。原詩は1884年に出版されている。シェーンベルクは1912年3月12日に作曲を始め、7月9日に脱稿するが、楽器編成を膨らませて、フルートピッコロ持ち替え)、クラリネットバスクラリネット持ち替え)、ヴァイオリンヴィオラ持ち替え)、チェロピアノからなるアンサンブルを構想する。10月16日のベルリン初演を行うまでに、シェーンベルクと主演のツェーメは、40回ものリハーサルを重ねた。反応は予想にたがわず賛否両論であり、アントン・ウェーベルンは初演時の口笛や嘲笑について触れつつも、最終的には「無条件の成功であった」と報告している[1]。歌詞の冒瀆性についていくつか批判がなされたのにシェーンベルクが反論し、「連中が音楽的であったなら、誰一人として歌詞を罵ったりはしまい。それどころか連中は、口笛を吹き吹き立ち去ろうとしたではないか[2]」と述べた。《月に憑かれたピエロ》の上演は、その後も1912年にドイツオーストリアで行われた。

続けて徐々に諸外国での演奏も行われた。中でもフランス初演はダリウス・ミヨーが指揮し、女声はアルザス地域圏出身で仏独両語に堪能だったマリア・フロイントが担当し、第1部のみの部分初演は1921年12月15日にパリ農協ホールで、全曲初演は1922年1月22日3月10日サル・ガヴォーにて行われ、フランスでのシェーンベルク受容に大きな役割を果たした[3]

構成[編集]

《月に憑かれたピエロ》は3部構成で、おのおの7つの詩が含まれる。第1部でピエロ宗教を、第2部では暴力瀆神を、第3部ではピエロが過去にとりつかれてきたベルガモへの里帰りを歌っている。

  • 第1部
    1. 月に酔う Mondestrunken
    2. コロンビーナ Colombine
    3. 伊達男 Der Dandy
    4. 蒼ざめた洗濯女 Eine blasse Wäscherin
    5. ショパンのワルツ Valse de Chopin
    6. 聖女 Madonna
    7. 病める月 Der kranke Mond
  • 第2部
    1. 夜〈パッサカリア〉 Nacht (Passacaglia)
    2. ピエロへの祈り Gebet an Pierrot
    3. 強奪 Raub
    4. 赤いミサ Rote Messe
    5. 絞首台の歌 Galgenlied
    6. 打ち首 Enthauptung
    7. 十字架 Die Kreuze
  • 第3部
    1. 望郷 Heimweh
    2. いやなこと Gemeinheit!
    3. パロディ Parodie
    4. 月のしみ Der Mondfleck
    5. セレナーデ Serenade
    6. 帰郷〈舟歌〉 Heimfahrt (Barcarole) (Journey Home)
    7. おお、いにしえの香りよ O alter Duft (O Old Perfume)

シェーンベルクは、数秘術に凝っていたので、7音から成る動機を作品全体に適用し、一方で演奏者数は指揮者を含めて7名としている。作品21に含まれる曲数が21であり、1912年に作曲を始めた日付が5月の12日であった。ほかに本作の鍵となる数字が3と13である。各詩は13行から成るのに対して、各詩の第1行は3回登場し、あたかも第7行や第13行であるかのように繰り返される。

楽曲[編集]

《月に憑かれたピエロ》では、多種多様な古い音楽形式が利用されている。たとえばカノンフーガロンドパッサカリア、自由対位法などである。アレグザンダー・ロイド・リンハート(Alexander Lloyd Linhardt, 2003年)は《月に憑かれたピエロ》を「伝統的調性音楽への復帰作」と看做している[2]。詩は、フランスの詩の古形である、二重ルフランつきロンドーの独語版である。各詩は、4行+4行+5行の3連構成であり、第1ルフランは第7行や第13行として、第2ルフランは第8行として反復される。

各曲の楽器法は変化に富むため、前後する楽曲が同じ音色の組み合わせになることがない。すべての演奏者が揃って演奏するのは、Rote MesseDer MondfleckHeimfartO alter Duftなど数曲のみである。

無調の本作は、ドイツのカバレット文化を反映した表現主義的な曲付けによって、詩に生き生きとした生命力を吹き込んでいる。シュプレヒシュティンメ(独語:Sprechstimme、文字通りには「話し声」)とは、話すような発声法を意味しており、声楽家は指定されたリズムピッチを用いるが、ピッチを保持せず、語りのような要領で音高を上げ下げするのみである。

楽器編成[編集]

フルートピッコロ持ち替え)、クラリネットバスクラリネット持ち替え)、ヴァイオリンヴィオラ持ち替え)、チェロ、シュプレッヒシュティンメ、ピアノ。簡易的な伝統的なピアノ伴奏譜だけの楽譜もユニヴァーサル社から出版されている。

演奏時間[編集]

全3部、21曲約35分(各部12分、11分、12分)。

矛盾点[編集]

《月に憑かれたピエロ》には、数々のパラドックスが含まれる。たとえば器楽奏者は、独奏者であると同時にオーケストラを構成しており、ピエロは主人公(英雄)であると同時に道化師である。作品は、楽劇であると同時にコンサートピースであり、語られる歌(または歌われる朗読)つきのハイカルチャーのショー(またはサブカルチャーでもありうる芸術音楽)である。男役の道化師を演ずるのは女声で、道化師は第1人称と第3人称の間を揺れ動く。

こういう矛盾点はもともとズボン役から始まってモーツァルトのオペラ「魔笛」やワーグナー楽劇などにも見られ、西洋では常に音楽だけ最優先させるので矛盾は半ば伝統化している。

音源[編集]

1940年にシェーンベルクは、エリカ・シュティードリー=ヴァーグナーを独唱者に本作の録音を行なった。その他の著名な「ピエロ歌手」に、ベサニー・ビアズリー、ヘルガ・ピラルツィクジャン・デガエターニイヴォンヌ・ミントンフィリス・ブリン=ジュルソンカリン・オットクリスティーネ・シェーファーアニャ・シリヤ、および女優のバルバラ・スコヴァがいる。

ジャズ・シンガーのクレオ・レーン1974年に《月に憑かれたピエロ》を録音し、グラミー賞クラシック部門にノミネートされた。

現代アートに興味を持つことで名高いポップ・スターのビョークは、1996年ヴェルビエ音楽祭においてケント・ナガノの指揮のもとに《月に憑かれたピエロ》を歌った。2004年のビョークへのインタビューによると、「ケント・ナガノはライヴ録音をしたがったのだけれども、生涯かけてこの曲を歌う人たちの聖域を自分が侵してしまいそうだと実感した[3]」のだという。その音源はごく少数の海賊盤が出回ったに過ぎない。

1999年にはこの曲を題材とした映像作品『ワン・ナイト、ワン・ライフ』(One Night. One Life.)が制作されている。監督はオリヴァー・ヘルマン、主演および歌唱はクリスティーネ・シェーファーである。また最近のドイツ語圏では新人のサロメ・カンマーの極端な歌唱がもっとも高く評価されている。

2004年には東京藝術大学新奏楽堂において、ヨネヤマ・ママコの助演によりパントマイム付きの『月に憑かれたピエロ』の上演が試みられた。

現在はドイツの音大でも指揮者なしで学生だけで演奏するほど水準が上がってきている。

上演形態のいろいろ[編集]

1962年にはダンサーであり振り付け師であったグレン・テトレー英語版の振り付けでピエロ姿のルドルフ・ヌレエフがこの曲を背景に踊った。 Music : Arnold Schoenberg Choreography : Glen Tetley Creation New York, Fashion Institute of Technology. 5.V.1962.


2012年には「夢幻能」として、ピエロと能楽師の舞台があった。 『月、シェーンベルク、能-次元を超える愉楽・夢幻能「月に憑かれたピエロ」』 2012年12月5日(水)音楽堂コンサートホール、ピエロ(ソプラノ) :中嶋彰子ドイツ語版、シテ(宝生流能楽師):渡邊荀之助、指揮:ニールス・ムースドイツ語版、ピアノ:斎藤 雅昭、笛:松田 弘之、太鼓:飯嶋 六之佐、地謡:佐野 登渡邊 茂人藪 克徳、管弦楽:オーケストラ・アンサンブル金沢


影響[編集]

室内楽伴奏の歌曲という珍しい演奏形態は、同時代ではストラヴィンスキーの『3つの日本の抒情詩』(フランス語: 3 Poésies de la lyrique japonaise)やラヴェルの『ステファヌ・マラルメの3つの詩』(フランス語: 3 Poèmes de Stéphane Mallarmé)、後代ではブーレーズの『主なき槌』に影響を与えた。

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Quoted in Winiarz.
  2. ^ Quoted in Hazlewood.
  3. ^ Otto Erich Hartleben,Mark Delaere,Jan Herman: Pierrot lunaire. Albert Giraud, Otto Erich Hartleben, Arnold Schoenberg[1], 175p.

参考文献・外部リンク[編集]