最後の海底巨獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

最後の海底巨獣(さいごのかいていきょじゅう、DINOSAURUS!)は1960年、)、「マックィーンの絶対の危機」などの低予算二流SF映画を数多く生み出し続けるイヤワース&ハリスコンビによって製作されたアメリカ怪獣映画1965年1月、AAA配給で同名タイトルで日本公開。1972年11月4日、テレビ朝日土曜映画劇場」で『SF最後の海底恐竜』の題名で放映された。

ストーリー[編集]

南海の島の海底から氷漬けのティラノザウルスブロントザウルス、そして原始人が発見されて……。落電によって蘇って……。島は大騒ぎ。

キャスト[編集]

  • バート・トンプソン:ウォード・ラムゼイ
  • チャック:ポール・ルカザー
  • ベディ・パイパー:クリスチナ・ハンソン
  • ジュリオ:アラン・ロバーツ
  • マイク・ハッカー:フレド・エンゲルバーグ
  • チカ:ルキ・ブライン
  • ジャスパー:ジャック・ヤンガー
  • ダンピー:ウエイン・C・トレッドウェイ
  • モウゼイ:ハワード・デイトン
  • T・J・オレリー:ジェームス・ローガン
  • ネアンデルタール人:グレッグ・マーテル
  • ウイルヘルム・サミュエル

スタッフ[編集]

  • 監督:アーヴィン・ショーテス・イヤワース・ジュニア
  • 製作:ジャック・H・ハリス
  • 脚本:ジーン・イヤワース、ダン・E・ワイズバード
  • 原案:ジャック・H・ハリス
  • 撮影:スタンリー・コルテス
  • 編集:ジョン・A・ブシェルマン
  • 音楽:ロナルド・スタイン
  • 美術:ジャック・センター
  • 特殊効果:ティム・ガール、ワー・チャン、ジーン・ウォレン