曾金蓮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

曾金蓮(そうきんれん、Zēng Jīnlián、1964年6月26日1982年2月14日)は、中華人民共和国湖南省沅江市出身の中国人女性。確実な記録が残っているうちでは世界で最も背の高い女性(身長2.49m)。また、男性も含めて最も背の高い中国人。

脳下垂体腫瘍があったといわれ、それが原因で巨人症を引き起こし、14歳の時には身長2.34m・体重132kgになっていた。18歳の時には身長2.47mであった。しかし脊椎側彎症に罹っていた為直立することができず、身長は背骨が正常だと仮定して割り出したものである。1982年2月14日,脳下垂体腫瘍からの出血により死去、享年18歳(満17歳7ヶ月)。

関連項目[編集]