曉!!男塾 青年よ、大死を抱け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
曉!!男塾 青年よ、大死を抱け
漫画
作者 宮下あきら
出版社 集英社
掲載誌 スーパージャンプ
発表期間 2001年11号 - 2010年10号
巻数 全25巻
話数 全200話
テンプレート - ノート

曉!!男塾 青年よ、大死を抱け』(あかつき!!おとこじゅく せいねんよ、たいしをいだけ)は、宮下あきらによる日本漫画作品。

概要[編集]

スーパージャンプ』(集英社)にて2001年11号から2010年10号まで連載。各話のサブタイトルの語尾は「○○である!!」となっている。『魁!!男塾』の続編であり、前作の主人公剣桃太郎の息子、剣獅子丸を主人公とし『魁!!男塾』のその後を描く。サブタイトルの「青年よ、大死を抱け」は、ウィリアム・スミス・クラークの言葉「少年よ、大志を抱け」から来ている。

前作と同じく男塾の塾生達が地獄のしごきで鍛え上げられ、敵と戦い、新たな友情を生んでいく物語である。前作の登場人物は既に卒業してはいるが、塾生の保護者的な立場として要所に登場する。

なお、前作で死亡扱いになっていた塾生(鎮守直廊三人衆やゴバルスキー)も本作では生存している。また、同じく前作の後日談である『天より高く』では生存していた大豪院邪鬼が本作では天挑五輪で死亡していることになっていたりと設定に差異がある。

登場人物[編集]

男塾塾生[編集]

剣 獅子丸(つるぎ ししまる)
声 - 石川英郎(PS2ゲーム)
主人公。男塾一号生。後に男塾総筆頭となる。剣桃太郎の一人息子で、母親が外国人のため青い瞳を持つ。男塾への入塾前は世界中を放浪し、時にはその道の達人に師事して各種の技を体得していた。また、幼少の頃は父・桃太郎より技の手ほどきを受けたこともある。父親を超えた、などと時折言われるが、完全無欠だった父親とは違い未熟な面も多い。ソドム編で現男塾三号生筆頭である江戸川に認められ、男塾総代として任命される。だがその際「絶対やだぞー!!」などとも言っており、少々現代っ子っぽさはあるようである。風雲羅漢塾との「裏箱根地獄駅伝」では最終走者として活躍した。
氣功闘法、心眼剣、鞏家兜指愧破千歩氣功拳(きょうけ とうしきはせんぽきこうけん)、馬赫拳、王虎寺秘奥義暹氣虎魂(しんきふうこん)、究極絶対奥義「魁(さきがけ)」、烈禪寺超絕奧義「念想透化體」、剣無限流「千手觀音突刺」などが使える。
黒巣 信長(くろす のぶなが)
男塾の超問題児で信長のようなスタイルの人物。日本人のプロレスラーが打ちのめされたことに日本を侮辱されたと感じ、試合中の外人レスラーをぶちのめし、在日米軍基地に単独攻撃するなどをし、投獄されていた。本来なら出て来られるはずではなかったが顔の広い塾長により開放される。出所してから、一号生として獅子丸達と共に活躍する。外人嫌いで、大きく「攘夷」の文字を学ランの背に描き、獅子丸に対しても「どうして男塾に外人がいやがる」と敵対心を出していたが、その後米軍兵士との戦いの中で獅子丸の実力を認めた(以降は外人嫌いの描写はほとんどなくなり、先述の学ランも着なくなった)(また獅子丸もその時に信長を認めている)。捨て子だったという過去も背負っているが、捨てた親を恨んだ事は一度もないらしい(母親の残した手紙が、母親自身の涙で読めないほど文字がにじんでいた為)。バラモン編からは悟空とコンビを組んでコミカルな解説実況役になっている。風雲羅漢塾との「裏箱根地獄駅伝」では第1走者として活躍した。
無限流活殺術という古武術の使い手で下駄や傘などの日用品や身の回りのもの等を使った格闘術が得意。
赤石 十蔵(あかし じゅうぞう)
関東最大の暴走族「金蜥蜴」総長にして、元男塾二号生・赤石剛次の息子。隻眼。父から受け継いだ一文字流斬岩剣を武器に、あらゆるモノを斬る。獅子丸との戦いで改心し、「金蜥蜴」は解散。男塾一号生となって、獅子丸と共に活躍。父親譲りの決め台詞「この世に斬れぬものはなし」は健在。
一文字流斬岩剣、烈風剣、斬岩念朧剣(ざんがんねんろうけん)などを会得している。
張悟空(ちゃんごくう)
ワールド男杯台湾代表として初登場。ソドム編以降、男塾塾生として入塾し、レギュラーの座に就く。
「奥義の総合商社」を自称し、孫悟空を真似た伸縮自在の棍や鳥・昆虫でカモフラージュした筋斗雲を使用したりする。また大猿から奪い取った尻尾を移植しており隠し武器として使用する。「自分は孫悟空の生まれ変わり」と主張しているが、さらにその後、直接の子孫であることも明かしており(その際、三蔵法師の子孫の弟子が師匠である事も明かす)、体内には猿の血が流れている。バラモン編からは信長と一緒になってギャグ要員を勤めている。また、終盤では大豪院煌鬼とも戦い、その際に月を間近で見たため煌鬼の何倍もの体躯を持つ大猿に変化した。
呉袁紹(ごえんしょう)
ワールド男杯中国代表として初登場。ソドム編以降、男塾塾生として入塾し、レギュラーの座に就く。前作でも登場した中国拳法の総本山とされる神拳寺の若きエース。穏やかな風貌をしているが実力は獅子丸に匹敵し、新生男塾の主力となる。実は幼少期に熱病を患い、それ以来視力を失っている。
神拳寺奥義水鏡漿(すいきょうしょう)、針鼠髪(しんそはつ)、髪雷驚(はつらいきょう)、究極絶対奥義『魁』(獅子丸の魁とは異なる、防御技としての『魁』)などを体得している。
日登 直樹(ひのぼり なおき)
男塾一号生筆頭。禿頭が特徴で喧嘩っ早いが情には厚い男。獅子丸入塾以来、筆頭としてそれらしいところはあまりないが、ここぞというところで体を張る度胸は持っている。風雲羅漢塾との「裏箱根地獄駅伝」においては、第3走者として活躍した。また、亜流魔偈呑(アルマゲドン)の応援時、副筆頭となっていることが判明した。
安東 洋明(あんどう ひろあき)
男塾一号生。中途半端に刈られた頭が特徴で前作の秀麻呂に相当する。親の威を借る狐であったが叔父の伊達によって無理矢理男塾に編入される(獅子丸と同日に男塾に転入)。以後は段々と根性が芽生え始めている。風雲羅漢塾との「裏箱根地獄駅伝」においては、第2走者として活躍した。
林 正治(はやし しょうじ)
男塾一号生。パイナップル頭と体の大きさが特徴。前作の椿山に相当する人物。ワールド男杯の信長vsツェタン・ラマ戦において、憑依されながらも自らを犠牲にして武器を手渡し、信長の勝利に貢献した。後に、男塾の財政難を救うため、超絶悶絶大喰い大会に出場するも、後一歩及ばなかった。
ブルーザ・マクドナルド
男塾一号生。通称マック。米国人の巨漢のプロレスラーで信長と一悶着を起こしたが男塾塾生達に完敗、男を磨き直すために男塾に入塾する。当初は片仮名台詞だったが、途中から完全に日本語化する。
江戸川(えどがわ)
前作では二号生筆頭代理で本作では20年以上たっても留年(原因は明かされず不明)し続け卒業できずに未だに男塾に在席する男塾総筆頭。巨体に似合わぬ笑顔がチャームポイントだが、実は顔の筋肉を使って笑っているように見せているだけであり、戦うときは大魔神のように怒りの表情に切り替えて戦う「顔面返し」の奥義を持つが、実力は怪しい。「ごっついの〜」が口癖。
実は双子の兄弟の内臆病な弟の方だったが、喧嘩では負け知らずの勇敢な兄共々トラックにはねられ瀕死の重傷を負った際医師団の決断と兄の意志により彼の脳と無事だった筋肉や内臓を元に再生された。そのため、臆病ながらも兄の魂と力を発現した「顔面返し」の使い手となった。だが、富士森との戦いの果てに兄離れをして1人立ちを決意し、結果富士森に勝ち兄の魂とも別れた。その様を見た塾長は江戸川の成長を感じ取り、卒業を認めた。
大豪院 煌鬼(だいごういん こうき)
かつて男塾の帝王と呼ばれた三号生筆頭・大豪院邪鬼の息子であり、男塾特号生。今は亡き邪鬼の忘れ形見(『暁』において邪鬼は天挑五輪のスパルタカス戦で死んだことになっている)であり、大豪院流の技を引き継いでいる。性格は不遜・尊大・非情であり、自分以外をいっさい認めず、師であり祖父でもある大豪院鐘鬼(だいごういんしょうき)を自らの手で殺している。だが、尊大な態度でありながらも同じ塾生や塾長は大事にするという邪鬼らしい面も引き継いでいる。瑪羅門一派との戦いで死んだかと思われたが、遺体は五芒真理星教によって回収されて蘇生しており、そのまま彼らの意のままに操られていたが、悟空との戦いの余波で暴かれたヒミコの素顔に大爆笑した事で解放される。五芒真理星教の本拠地から脱出する際に死亡したかと思われたが、王大人によって救い出されていた。
大豪院流真空殲風衝(しんくうせんぷうしょう)、真空殲風衝旋回脚(せんかいきゃく)、大豪院流極超奥義冥王炸裂波(めいおうさくれつは)などを習得している。
江田島 魁(えだじま かい)
最終話直前に登場した江田島平八の実子で獅子丸たちと同年齢。毬栗のような「バリバリ頭」で、逆上すると一層逆立つ。母親は森田幸子の遠縁筋であり彼女と顔が瓜二つで、平八と相思相愛で恋愛結婚して生まれた。小学生の頃に母親を交通事故で亡くす。単身中国に渡り拳法寺に道場破りをしながら腕を磨く。その後日本に帰国し、渋谷を庭場とする不良集団「X軍団」総長となる。成り行きで闘うことになったX軍団と男塾の戦いに参加し、改心。一から男を磨き直すと男塾に入塾した。母親を殺した男がハゲ頭だったことから、ハゲ頭を見ると冷静でいられなくなるが、獅子丸との戦いで克服した。平八の若い頃と良く似た性格で、中国各地の拳法寺への殴り込みで磨き上げた我流拳法を使い、獅子丸には若干劣るもののかなりの腕で、時には気合と根性で乗り切るなど平八の血を受け継いでいる。桃太郎からも「いい眼をしている」とそれなりに期待している。最終話にて、卒業する獅子丸が身に着けていたハチマキを獅子丸から託された。
ケント
X軍団のNO.2。元は天才的な高校野球の選手だったが、魁と出会ったことで彼に憧れ、全てを捨ててX軍団に入る。男塾との戦いではそのピッチャーとしての能力と不良の反則攻撃を駆使して闘ったが、獅子丸に敗れる。

男塾関係者[編集]

江田島平八(えだじま へいはち)
男塾塾長。人智を超えたパワーと気力の持ち主。獅子丸曰く「天下無双とはこの人の為にある」。塾生が苦労して戦うほどの実力者を秒殺、さらに人質として樽の中に閉じ込められた状態でも他の2人をあっという間に退治する程の実力を持つ。生徒に対し、どんな苦境な状況にあっても、勝利を心から信じ続けている。
後述の王大人、藤堂兵衛、大河内民明丸とは大学の頃からの知り合い。江田島の人物像に関しては、男塾前史となる『天下無双 江田島平八伝』に記されている。
鬼ヒゲ
男塾教官。前作から引き続き登場し、今作でも塾生たちを厳しくシゴく。主人公たち(一号生)の専任教官は後述する安松であるが、登場回数は多い。前作のようなセコい小悪党ぶりを示す描写は無く、侠気ある描写が多くなった。
息子・軍平がおり、一塾生として男塾に入ったものの、暴走族に殺される。江田島が不在だったため、息子の仇を討とうと塾長机に辞表を提出したが、江田島の計らいで取り下げられた。
飛行帽 / 鉄カブト
男塾教官。前作から引き続き登場しているが、描写は少ない。
安松 哲平
今作から登場の男塾一号生専任教官。「新入り(サラ)殺しの安松」と言われているが、登場回数は少ない。
権田 馬之助(ごんだ うまのすけ)
男塾の学生寮「男根寮」の寮長。前作から引き続き登場し、相変わらずキツいシゴキとゲテモノ料理で塾生を悩ませる存在である。しかし前作では理不尽なシゴキのみを行う寮長とされたが、今作においては、塾生達が喜ぶと思い込んで嬉々として食材を収集したり、自らもその料理を酒のつまみとして食べており、本人がゲテモノ料理好きということが明らかになった。男塾の財政が悪化して満足な食事が提供できなくなった時には、同情的な発言をしており、自ら解決策を塾長に提言している。
王大人(わんたーれん)
江田島の盟友。瀕死の状態の塾生を蘇らせたり、闘いの手助けをする等、男塾を影で支えている。前作から引き続き、非常時には塾長代行を勤めたりもする。また、中国拳法の総本山と言われる神拳寺で拳皇候補とまで言われた実力者。ラーメンが大好物。バラモン編で紅神龍に敗れ、死んだと思われていたが、実は生存しており、藤堂らを陰で救出するなどの活躍を見せた。
大河内 民明丸(おうこうち みんめいまる)
民明書房というあらゆる拳法に精通した出版社の代表取締役。江田島の旧友で齢百歳を超えているが、自身が取材した中国秘術により、初老のままの外見をしている。闘いに挑む塾生の知恵袋として旅に同行する。また、この漫画で度々登場する架空の出版社・民明書房は、彼の会社である。
剣桃太郎(つるぎ ももたろう)
元男塾一号生筆頭にして、内閣総理大臣にまで登り詰めた男(現在は退いている)。剣獅子丸の父親。連載当初は息子を見守る親としての脇役であったが、男塾戦士の助っ人として登場もした。年齢を感じさせない見事な闘いぶりで、未だ衰えぬ闘志と漢気を見せた。
暁丸(あかつきまる)
男塾に代々伝わる伝説の宝仙刀。巌流島の決闘で佐々木小次郎が使用したりなど、歴史的な名勝負には必ず関わっているとされ、刀自体が意志を持っている。使用者の傷を癒したり未来を予知することが出来るが、暁丸が認めた男でなければ使われることを拒む。
マスクマン
亜流魔偈呑(アルマゲドン)に男塾メンバーとともに参戦した紅い学ランを着た謎の人物で、幾重にもマスクを被り、正体を隠している。大菩薩流の拳法を扱い、闘着「零坐零差(レーザーレーサー)」の開発会社と専属契約を行っている。
その正体は藤堂兵衛で、ゼウスとの戦いで戦死したと思われたが、王大人によって救い出されていた。

ワールド男杯出場選手[編集]

シン
ワールド男杯インド代表として初登場。巨体に似合わぬ素早さと火吹きやターバンに仕込んだコブラを使い戦う。後に男塾に入塾。男杯からの入塾組として呉袁紹と張悟空以外で唯一、活躍の機会を与えられソドム七福神の大黒天と死闘を演じた
オゴタイ・ハーン
ワールド男杯モンゴル代表として初登場。馬術と馬上での剣術を得意とし、赤石十蔵を苦戦させた。後に男塾に入塾。
イワン・ユニベスキー
ワールド男杯ロシア代表として初登場。張悟空に一蹴されるが、濃硫酸に落ちても根を上げない根性の持ち主。後に男塾に入塾。
アントニオ・グレコ
ワールド男杯スペイン代表として初登場。闘牛士戦法を使うが気障な振る舞いも行い小手先の技を使う小物。しかし、技術はそれなりにあり、張悟空戦で消耗していた獅子丸をなかなか苦しめた。後に男塾に入塾。
ツェタン・ラマ
ワールド男杯チベット代表として初登場。チベット密教の秘術、驚異の再生能力や憑依戦法を使う。後に男塾に入塾。七福神軍団との戦いでは、悟空や赤石をチベットの密教の秘術で治療し、救護員的な存在となった。
シラノ・ド・ベッソン
ワールド男杯フランス代表として初登場。フェンシングを使う。後に男塾に入塾。男杯でもアルニョ・カレロに軽くやられたが、ソドム編でも弁財天に軽く倒される(珍しく生死不明)など典型的なやられ役。大きな鼻が特徴。
アルニョ・カレロ
ワールド男杯レモニスタン代表として初登場。ゲリラ戦法を使い、勝利のためなら手段を選ばないが必要悪と割り切っている。男杯では相棒メルバと共に獅子丸たちを苦しめた。後に男塾に入塾。
ジェロニモ
ワールド男杯アメリカ代表として初登場。後に男塾に入塾。
韓翔卓(かんしょうたく)
ワールド男杯中国代表として初登場。中国拳法と卓球を合わせた技を使う。後に男塾に入塾。
張飛(ちょうひ)
ワールド男杯中国代表として初登場。スケートやエアホッケーを用いた拳法を使う。後に男塾に入塾。

その他人々[編集]

宋麒(そうき)
梁山泊副頭であり、前作の宋江(そうこう)将軍の息子。父親譲りの戦法を用いる。赤石の刀以上の豪刀を使う。当初父宋江を破った赤石のいる男塾を恨んでおり、梁山泊敷地内で明石の息子十蔵と対戦するも惜敗し十蔵や男塾とも和解した。
斗斗(ドウドウ)
お館様の乗用パンダ。高い戦闘力を持ち信長と闘った。
劉燕(りゅうえん)
梁山泊首領。お館様とも呼ばれるがまだ年も若い。2人の兄の敵であるバラモン寺のケイマンを探して獅子丸らと行動を共にする。ドリルのように体を回転させて地中から奇襲する土錐乱(羅刹)、コマの上に乗り、機動性を上げる回殺独楽(センクウ)、一撃必殺の穿凶毒手拳(影慶)、とかつての男塾死天王を彷彿させる技を身につけている。バラモン寺の戦いでケイマンに敗れ、死亡。
タイロン
イケメンばかりの拳法寺、兆凶寺の首領。伸縮自在の毒爪を武器に戦う。秘薬を飲んでパワーアップした民明丸の鉄拳制裁を受けた後、改心した。元ネタは調教王子。
水鐘鬼(すいしょうき)
地下深くにある拳法寺鬼哭寺の番人。他2人の拳士(水豪鬼、水便鬼)と共に硫酸の池でシンクロナイズド戦法を使う。悟空に敗れた後、ローランによって3人とも死亡。
阿諷呂(あふうろ)
またの名をアフロ仙人。その名の通りアフロヘアーで、仙人の呼び名とはかけ離れたひらひら袖にベルボトムという1970年代のダンサールックをしている。だが、その強さは最強の幻術師と言われるほどで獅子丸と袁紹に絶対究極奥義"魁(さきがけ)"を伝授する。実は王大人の双子の弟。ダミアンとの戦いで獅子丸らに「魁」を伝授したあと、死亡。
マッスル吉村拓也
元格闘家。日本名を持ち日本で暮らしているが元は東南アジアの小国で生まれ、食糧難である祖国の子供達のために、賞金1億円の超絶悶絶大喰い大会に参加。大喰いの超絶奥義として、顎を外し口を大きくする技を持つ。
プリンセス園子
大食い界のアイドル。スマートでなおかつナイスバディ。頭には豚の鼻と耳を思わせる装飾をつけており、超絶悶絶大喰い大会に参加。キノコに詳しいが卑怯な手を使い、結局は決勝目前で敗れる。 
大田原 亀造
闇金融界の帝王と呼ばれる老人。八邪退散儀祭(はちじゃたいさんぎさい)の祭漢(さいかん)を男塾に依頼する。

ソドム世界会議[編集]

洪恩来(ほんえんらい)
表向きにはワールド男杯の主催者、その裏ではソドム世界会議の総統という2つの顔を持つ男。永遠の若さと強さを求め、鳳慧罵亜(ほうえばあ)を作り出し、男杯などで闘氣とあらゆる奥義を集めていた。念願通り若返ったが、獅子丸に鳳慧罵亜に叩きつけられてその機能が暴走した影響で老人の頭と赤ん坊の身体を持つ姿になってしまった。
藤堂兵衛(とうどう ひょうえ)
江田島の永遠の敵。ソドム世界会議日本支部長として再登場。江田島をひたすら憎しみ、男塾生をいたぶる事に快感を得ている。しかし、一方で戦いを終えた後に江田島と暗に次の戦いを互いに心待ちするやり取りを交わしたり、江田島の悲報に号泣するなど、単純に憎い仇敵では括れない生き甲斐となっている。
後に、最も意外な展開において男塾生たちの前に登場する事となる。詳細は上記のマスクマンを参照。
江田島とはある程度は和解したようで、最終話の獅子丸達の卒業式に参列していた。
月光
第153代目の三面拳月光。骨相撰術によって中華10億人の中から選ばれた。姿形は先代月光とそっくりでやはり生来の盲目。質実剛健の拳士だが、当代三面拳の中ではただ一人、人間味のある男。先代の技の他に体色を自由に操る奥義「鬆天流趨(すてんるすう)」を使う。
雷電
第153代目の三面拳雷電。骨相撰術によって中華10億人の中から選ばれた。姿形は先代雷電とそっくりだが、手下の猿たちをあっさり見捨てる非情さを持つ男。使用する技は先代雷電と同様。悟空に敗れたあと、自らが見捨てた猿たちの懇願によって救われたことから改心したが、飛燕の放った人食い蛍に喰い殺され死亡する。
飛燕
第153代目の三面拳飛燕。骨相撰術によって中華10億人の中から選ばれた。姿形は先代飛燕とそっくりだが、同じ三面拳の雷電を見せしめとして殺したり、奥義習得のために奥義書を殺して奪うなど先代とは正反対で冷徹冷酷な男。死体を操る技の他、鞏家兜指愧破千歩氣功拳、先代の技を進化させた鶴嘴万本(かくしまんぼん)を使う。これに加え人食い蛍と鋼線を用いた戦いで獅子丸を苦しめるが、獅子丸の怒りで巨大化した千歩氣功拳をまともに喰らい、塔から吹っ飛ばされて海に落とされた。
大三元兄弟
組織を裏切った洪と藤堂を始末するために現れたソドムの刺客。それぞれ額に「白」「發」「中」の文字が描かれている。信長と悟空がソドムの者でも応援していた程だが、鳳慧罵亜で若返り、強さを手にし、ソドムを裏切った洪に返り討ちにされた。

ソドム七福神軍団[編集]

七福神の名をコードネームに持つ、ソドム世界会議の団員。

福禄寿
ソドム七福神軍団の一人。突いただけで相手の体を地面にめり込ませる技を使うほか、水辺での戦いに長けている。常に笑みを絶やさない表情をしているが、時折真剣な表情をすることも。江田島との戦いで超奥義を放つ前に瞬殺されるも、ソドム壊滅後も生き残った数少ない人物。しかし、復讐のため悟空に攻撃を加えようとして、弁財天に粛清された。
弁財天
ソドム七福神軍団の一人。琵琶による洗脳音波の他、性別を自由に変えられる奥義「性天廻」を使い、男女の特性を活かした戦法を使う(本来の性別はどちらなのか不明)。女の時は美女、男の時はマッチョ。悟空に敗れるが、男としてはその男気に、女としては異性として惚れた。戦闘力を残していたために塾長参戦時に再登場するが、エビスと共に呆気なく敗れた。
後に男として男塾に入塾する。しかし入塾後の出番は江田島の葬式の時1コマだけ登場したのみ。
大黒天
ソドム七福神軍団の一人。最初は大黒天のような姿で現れたがそれはカモフラージュで本体はアトムヘアの拳士。…というのも実はカモフラージュで2人の小柄な大黒天が中に入っている。ダミー部分を利用した戦法を使う。死闘の末、シンを倒したが、獅子丸に正体を見抜かれて敗れ、寿老人に粛清された。
寿老人(閻豹)
ソドム七福神軍団の一人。全身に経の書かれた大男で神拳寺出身の袁紹のライバル。寿老人はソドムのコードネームで本名は閻豹。同門と言うこともあり袁紹と同じく、水鏡漿の使い手。
毘沙門天(クローン伊達)
ソドム七福神軍団の一人。伊達臣人の血液から複製されたクローン人間でその能力はオリジナルより優れているとされる。性格も本物の伊達と同じようであり、技もまったく同じものを使用出来る。漢気もまた同じである。
布袋和尚
ソドム七福神軍団の一人。全身が柔らかく、弾力が非常に強い肉体を持つ(本人曰く究極の肉体)。息を吸い込みゴムマリのような体となり、その弾力を活かし、飛び跳ね回りながら矛を振り回す「弾毬餅」が超極奥義。クローンの伊達と赤石十蔵の「斬岩先輩後輩誇羅墓(コラボ)剣」で真っ二つにされ、「不味そうな鏡餅」(by毘沙門天(クローン伊達))になった。
エビス
ソドム七福神軍団の一人。出番は塾長にボコボコにされていた場面だけである。

瑪羅門(バラモン)一派[編集]

カイエン
バラモン第一の刺客で平八にかけられた秘法儀の様子を伺っていた。カラスを操り、自身も鳥のように飛翔することが出来るが袁紹の返り討ちに遭い、逃げ帰ったが処分された。
ローラン
バラモン第二の刺客で鬼哭寺を襲撃する。幽体離脱して戦う彌(び)という秘法儀を会得しており、初対決では獅子丸と袁紹に完勝している。だが、瀕死の袁紹に解毒剤を与えて救ったり、バラモン寺到達以降は獅子丸たちに協力的な態度を取ったりと謎の多い男。相棒のカエルのゲロヨンには並々ならぬ思い入れがあったようだ。
その正体は中国拳法秘密捜査局の捜査員であり紅神龍が持ち出した秘宝を奪回するために潜入していた。後に、給料の安さに不満を持ち「魅死臨(ミシリン)」という格闘集団の格付けを行う組織の調査員となり、男塾に最高の三ッ星をつけたりするなど、最終決戦に協力。
ダミアン
おかっぱヘアーのバラモン第三の刺客。バラモン最強の幻術の使い手でアフロ仙人を追いつめたが「魁」を受けて消滅した。
チンロン
2つに分かれたキューピーヘアが特徴のバラモン寺の闘士。ローランからバラモン寺次期首領の最終候補に残れなかったのが不思議な位の強敵と言われ、遠隔操作可能な追尾式の氣拳を用いる。獅子丸に敗れた後、ケイマンに処分された。
インレン
凄まじくはみ出した眉毛が特徴のバラモン寺の闘士。ローラン曰く、「厄介な奴」。体の大きさを自由に変化させる秘法儀を使う。煌鬼と戦うものの、足一本であっさりと倒される。
ケイマン
バラモン寺次期首領候補の一人。かつて大豪院邪鬼が得意とした真空殲風衝(しんくうせんぷうしょう)を使いこなし、立ち塞がるもの全てを骨とする。また、他者の肉体の一部を奪い自分のものとする彌胞移植蘇(みほういしょくせん)を体得し、自らの肉体の損傷を恐れぬ驚異の闘志の持ち主。梁山泊を襲い、劉燕の兄2人を殺害した人物。劉燕を返り討ちにしたが、袁紹の「魁」によって真空殲風衝を跳ね返され敗れる。その後、頭部を残して全身が骨と化してもなお袁紹に挑みかかるが、煌鬼の放った真空殲風衝によって完全に骨と化す。
サイアン
バラモン寺次期首領候補の一人。重力を操る秘法儀「恒星操重鑿(こうせいそうじゅうさく)」を会得している。煌鬼に敗れたあと、パイロンによって粛清された。
極度の閉所恐怖症。
パイロン
バラモン寺次期首領候補の一人。細菌を操る秘法儀「菌死胞(きんしほう)」を会得しており、次期首領候補筆頭の呼び声も高い。勝利のためならば手段を選ばない非情さと計算高さを持っている。の秘密を獅子丸に見破られ敗北後、紅神龍によって異空間へと飛ばされた。
紅神龍(ホンシェンロン)
バラモン寺第161代首領。江田島平八に敵の生体エネルギーを吸い取り玉に封印し弱らせる秘法儀、闇殺呪を使う。その他の秘法儀は空間を操る「亜空転還(あくうてんかん)」。かつて王と戦った経験があり、再戦を行い勝利する。呪いから復活した江田島塾長と死闘を繰り広げた末に破れ、最後は潔く敗北を認めた。

風雲羅漢塾(ふううんらかんじゅく)[編集]

熊田 金造(くまだ きんぞう)
江田島平八のライバルにして、西の風雲羅漢塾塾長。江田島と双璧をなす実力者で関西方面で将来を背負って立つ漢を育てている。常に財政難の男塾と違い、資金は豊富でエリート塾生も多い。病魔に冒され、余命1ヶ月と診断され、最後の勝負を挑むため江田島の元へ訪れる。五芒真理星教との戦いの後、数万分の一の成功率の手術を受け、奇跡的に生還する。
清元 篤(きよもと あつし)
羅漢塾塾生の総大将。熊田の養子でもある。勝負の最中に五芒真理星教によって連れ去られ、彼らに操られていたが、獅子丸によって救出される。
伊賀 辰造(いが しんぞう)
伊賀忍者出身の長身の男。その出自の通り、身軽さや忍術を武器にする。現実的だが、相手の男気を汲む懐の大きさを持ち合わせる。
赤岡 良太(あかおか りょうた)
小柄で小太りな元いじめられっ子。隻眼。心身共に自分の弱さを嘆き、強さを求めて羅漢塾で男を磨いている。少々性格はひね気味だが、度胸の入り具合は人一倍である。前作の、同じく羅漢塾の闇太郎を太らせたような外見。
トンバ
アフリカからの留学生でアフロ頭が特徴。大自然で鍛えた身体能力を持つ。外国人だが義理には篤く、男を磨いている。
富士森(ふじもり)
羅漢塾の上級生。二重人格者で普段は大人しいが、スイッチが入ると狂ったように暴れ続ける。あまりの凶暴性ゆえに留置所に入り続けていたため、20年留年し続けている。

王家の谷の守護者達(ファラオ・スフィンクス)[編集]

魅死臨の三ッ星を貰ったことで、亜流魔偈呑(アルマゲドン)に参加。P・Sと略される。

ジェビル
前作のジェセルを思わせるミイラ男。実際は砂の中に潜んで人形を操っている。キングコブラ「アメハス」をも使い信長を退け(アメハスは倒された)、十蔵との戦いでも悟空の助けを要させるなど、なかなかの強敵。
オシリスの豐饒
前述の通りの、ミイラ男の人形を操る技。中国拳法で言う「傀儡操(かいらいそう)」
ナイソスの黃昏
砂中から、砂が生き物であるかのような動きを見せつつ攻撃する奥義。
ツタンカーメン十五世
ファラオ・スフィンクスの現リーダー。ドレッドヘアーが特徴。先祖たちを頭が古いと言い、ロボットの鳥を使うなどの戦法に出たためマスクマンの怒りを買う。最初に名乗って以降は一貫して「ファラオ」と呼ばれた。
トト神の審判
大量の「石虫」を相手の全身に取りつかせ動きを封じ、あたかも石化したかのように見せる技。
ピクロス神の降臨
巨大な鳥に変身して攻撃する技と見せかけ、前述のロボット鳥を使用する。
メラホトの戦慄
中国拳法で言う「断崖宙乱関」。ピラミッドの頂上に鎖をつけ、そこにつかまって戦う。
その他のメンバー
上記2名を含め棺に入っていたため(ツタンカーメン十五世は黄金の棺)、ジェビルがうち一人のアヌビス(副官かは不明だが、期待されていた)と交代しようとしたところでマスクマンの「大菩薩流緊縛鎖(だいぼさつりゅうきんばくさ)」によってツタンカーメン十五世以外の全員が鎖で縛られ、棺から出ることもかなわなくなり戦闘不能となってしまった。

狼髏館(ろうろうかん)[編集]

とらわれた幼いお館様を助けるため、大会に出場。余裕を見せて三人での参加。

閻幻太子(えんげんたいし)
サングラスをかけており、多少の手段は選ばない。ネーミングセンスは悪いが自覚症状なし。
憑(ピン)
中国拳法で言う「憑混魂(ピンフンフン)」。あらゆるものにとり憑き、それに変身できる。彼は自らを自由の女神に変身させた。
自由の女神殺人ヨーヨー
自由の女神のかぶる冠を取り外し紐でくくり、ヨーヨーのように動かして攻撃する技。
滅墮墓太子(めっだぼたいし)
二番手。太っているように見えるが、実は数え切れないほどの調理器具・材料を拳法着の中に隠し持っているためで、実際には痩せている。自称「料理拳法家」。メタボ腹を男として最低として見ており、最も憎んでいる。
奧義猿廚火鍋(ユアンチュウフオグオ)
猿を使用した料理で、その匂いは無理矢理に相手の足をこちらに向けさせるほど。
蓮迴麵(れんかいめん)
麺で敵を捕らえ動きを封じる技。
星将太子(せいしょうたいし)
 リーダー格。獅子丸と闘った。
輪環體(りんかんたい)
超絶超極絶対奥義。全身を輪切りにできる特異な肉体(縦でも良い)となり、敵の斬撃を無力化する。さらに、肉体を切り離し遠隔操作することも可能。
蛸闘拷(しょうとうごう)
腕そのものを蛸のように軟化して、伸縮自在にし鞭のようにも操る超絶奥義。

厳娜亜羅[編集]

最終決戦に参加するも狼髏館によって5人全員5分で息絶えたことだけが伝えられた。

淤凛葡繻(オリンポス)[編集]

こちらも三人での参加。女神と呼ばれる亜汀奈(アテナ)を助けるために、シード選手として参戦した。その際、なにやら聖紆麈がヒミコと関係がありそうな説明がされかけたが、結局は不明。

亜葡論(アポロン
信長の嫌いな美形キャラ。信長とゴマ吉のコンビネーション攻撃の前に敗北。
淤凛葡繻超絶奥儀 射偉忍虞美威夢(シャイニングビーム)
額に装備した、太陽光線を収束する秘石を念で増幅し撃ちだす破壊光線。
搴兜稜萃(ケンタウロス
聖紆麈の力で半人半馬となった男。赤石に敗れる。
淤凛葡繻秘技 ビーナスの円舞
中国拳法で言う「殺戮円盤」。刃物付きのフライングディスクを飛ばす。
淤凛葡繻超絶奥儀 天駆ける勇者
聖紆麈の念の力によって、ペガサスのように羽をつけた姿。技としては聖紆麈のもの。
アキレスの剣
淤凛葡繻に伝わる剣。自在に形を変えることができる。
聖紆麈(ゼウス
前作の聖紆麈の息子。かなり父親と似ていない。多大な念の力を使う。マスクマンを倒すが、獅子丸の念想透化體の前に敗北。
淤凛葡繻超絶奥儀 天空のケイロン
空から、念で作った矢を降り注がせる。
淤凛葡繻超絶無比奥儀 聖紆麈の赫怒(ゼウスのかくど)
念の力で、巨大化したように見せかけるが、一撃の威力はその大きさに比例する。
淤凛葡繻超極悶絶奥儀 リオンデスの怒り
念の力で伝説の神獣リオンデス(基本体はライオン、牛の角、蛇の尻尾、荒鷲の翼)となったように見せかける。上記の技と同様、攻撃の破壊力はすさまじく変化する。

五芒真理星教[編集]

ヒミコ
教祖。常にマスクで顔の下半分を覆っている美形。実はマスクで覆われた顔の下半分はどんな高度な整形手術をもってしても治らないブサイクな顔をしており、それを幼少の頃から馬鹿にされ、いじめられてきたことを怨んで、その復讐心から五芒真理星教を組織して世界を支配しようとしたが、獅子丸によって阻止される。テロリストとして国際指名手配もされており、獅子丸に敗れた後、逮捕された。大豪院煌鬼を蘇生させるなど、医術及び技術力の高さは本物の様である。
実は最終巻の獅子丸達の卒業式に来賓として参列している姿が確認できる。
女性のようにも見えるが、マスクが外れて醜い素顔が晒された後は、男性である事が判明(ローランの台詞より)。
蓮星
五芒星の一人。五芒真理星教の戦闘隊長。清元篤の師匠でもあるが、宇宙空間での対決で信長に敗れる。
 星座冥界殺
念の力で宇宙塵を操り攻撃に使用する。信長との戦闘では彼の星座であるサソリに姿を変えさせて攻撃した。
拍星
五芒星の一人。
忍星
五芒星の一人。
鋼星
五芒星の一人。
體星
五芒星の一人。

単行本[編集]

ジャンプコミックスデラックス
  1. 2001年10月4日刊行 ISBN 4-08-859233-6
  2. 2002年3月4日刊行 ISBN 4-08-859277-8
  3. 2002年7月4日刊行 ISBN 4-08-859307-3
  4. 2002年11月1日刊行 ISBN 4-08-859327-8
  5. 2003年3月4日刊行 ISBN 4-08-859346-4
  6. 2003年7月4日刊行 ISBN 4-08-859366-9
  7. 2003年12月4日刊行 ISBN 4-08-859393-6
  8. 2004年4月30日刊行 ISBN 4-08-859415-0
  9. 2004年9月3日刊行 ISBN 4-08-859433-9
  10. 2004年12月3日刊行 ISBN 4-08-859450-9
  11. 2005年4月4日刊行 ISBN 4-08-859494-0
  12. 2005年9月2日刊行 ISBN 4-08-859519-X
  13. 2006年1月5日刊行 ISBN 4-08-859551-3
  14. 2006年5月2日刊行 ISBN 4-08-859572-6
  15. 2006年10月4日刊行 ISBN 4-08-859601-3
  16. 2007年2月2日刊行 ISBN 978-4-08-859623-5
  17. 2007年6月4日刊行 ISBN 978-4-08-859646-4
  18. 2007年10月4日刊行 ISBN 978-4-08-859671-6
  19. 2008年2月4日刊行 ISBN 978-4-08-859690-7
  20. 2008年7月4日刊行 ISBN 978-4-08-859716-4
  21. 2008年12月9日刊行 ISBN 978-4-08-859744-7

外部リンク[編集]