暁の七人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
暁の七人
Operation Daybreak
監督 ルイス・ギルバート
脚本 ロナルド・ハーウッド
原作 アラン・バージェス
製作 カーター・デ・ヘイヴン
スタンリー・オトゥール
音楽 デヴィッド・ヘンチェル
撮影 アンリ・ドカエ
編集 セルマ・コネル
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1975年11月
日本の旗 1976年6月12日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

暁の七人』(Operation Daybreak)は、1975年アメリカ映画で、第二次世界大戦中、プラハでのラインハルト・ハイドリヒ暗殺(これについては、エンスラポイド作戦を参照のこと)の実話を基にしたものである。

監督はルイス・ギルバートで、場面のほとんどがプラハで撮影されたものである。アラン・バージェスのノンフィクション『暁の七人』(Seven Men at Daybreak)が原作になっている。アメリカでは『自由の代価』(The Price of Freedom)という題名で公開された。「Operation Daybreak」は、イギリスでの公開タイトル。日本では、原作のタイトルで公開されている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ヤン ティモシー・ボトムズ 高山栄
ヨセフ アンソニー・アンドリュー
カレル マーティン・ショー 小川真司
ヤナク ジョス・アクランド 樋浦勉

外部リンク[編集]