智北駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
智北駅
駅全景(2004年8月)
駅全景(2004年8月)
ちほく - Chihoku
W51 智恵文 (2.1km)
(2.3km) 南美深 W53
所在地 北海道名寄市字智恵文
駅番号 W52
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 宗谷本線
キロ程 93.3km(旭川起点)
電報略号 チホ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
開業年月日 1959年(昭和34年)11月1日
備考 無人駅
1977年の智北仮乗降場と周囲約500m範囲の状況。左稚内方面。道路整備前で、駅と踏切の位置が現在と異なる。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成

智北駅(ちほくえき)は、北海道上川総合振興局名寄市字智恵文にある北海道旅客鉄道(JR北海道)宗谷本線である。駅番号W52電報略号チホ

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅。ホームは線路の北側(稚内方面に向かって右手側)に存在する[2]分岐器を持たない棒線駅となっている[2]

仮乗降場に出自を持つ開業時からの無人駅[3]で、ホーム東側の出入口附近のホーム上に待合所を有する[4]軽量鉄骨プレハブの建物である[4]。ホームは旭川方に階段を有し[4]駅施設外に連絡している。移設時に有効長を長くした[2]。鉄骨製コンクリート床である。トイレは無い[4]

いわゆる秘境駅のひとつに数えられる[5]

ホーム名寄方の手前に北海道道252号美深名寄線の踏切がある。この252号線が整備される以前は、旧道踏切が現在の位置より150m程稚内方に寄った位置にあったため、ホームの位置も100m程稚内方にずれていた。

駅名の由来[編集]

智恵文駅の北側に位置したため「智北」とした[6]

利用状況[編集]

  • 1992年度(平成4年度)の1日乗降客数は2人[2]

駅周辺[編集]

周囲は湿地が多い[4]。田畑が広がる。

隣の駅[編集]

北海道旅客鉄道
宗谷本線
智恵文駅 (W51) - 智北駅 (W52) - 南美深駅 (W53)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 書籍『日本鉄道旅行地図帳 全線全駅全廃線 1 北海道』(監修:今尾恵介新潮社2008年5月発行)46-47ページより。
  2. ^ a b c d 書籍『JR・私鉄全線各駅停車1 北海道630駅』(小学館1993年6月発行)146ページより。
  3. ^ 書籍『無人駅探訪』(監修:西崎さいき、文芸社2011年6月発行)148ページより。
  4. ^ a b c d e f g 書籍『北海道鉄道駅大図鑑』(著:本久公洋、北海道新聞社2008年8月発行)210ページより。
  5. ^ 書籍『秘境駅へ行こう!』(著:牛山隆信小学館文庫2001年8月発行)212ページより。
  6. ^ 書籍『北海道の駅878ものがたり 駅名のルーツ探究』(監修:太田幸夫、富士コンテム、2004年2月発行)121ページより。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]