普通律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

普通律Common metre, 省略形:C. M.)は、弱強格調の韻律で、音節の長さが「8, 6, 8, 6」の(厳密にいうと、弱強四歩格と弱強三歩格が交互に繰り返される)四行詩を構成する。『アメイジング・グレイス』のような賛美歌や、クリスマス・キャロル『While Shepherds Watched their Flocks By Night』で使われることが多く、賛美歌調hymn metres)ともいう。押韻構成は「ABAB」である。

A-maz-ing Grace, how sweet the sound, - (A)
That saved a wretch like me! - (B)
I once was lost, but now am found, - (A)
Was blind, but now I see. - (B)
ジョン・ニュートンen:John Newton)『アメイジング・グレイス』

バラッド律[編集]

『タム・リン』(en:Tam Lin)などのバラッドに使われるバラッド律バラッド格調ballad metre)は普通律の変化形である。普通律同様、弱強格の四行連で、第1行・第3行に4つの強勢(強いアクセント)を、第2行・第4行に3つの強勢を持ち、普通、押韻されている[1]。バラッド律が普通律と異なるのは、普通律の押韻構成が「ABAB」なのに対し、バラッド律は「XAXA」である(「X」は押韻されていないことを示す)[2]

エミリー・ディキンソンの多くのがバラッド律で書かれている。

Because I could not stop for Death,
He kindly stopped for me; - (A)
The Carriage held but just Ourselves
And Immortality. - (A)
— エミリー・ディキンソンの詩712番

他にも、ウィリアム・ワーズワースの『Lucy Poems』の中の全詩がバラッド律で書かれている。

脚注[編集]

  1. ^ Horton, Ronald A. (1995). British Literature for Christian Schools. Bob Jones U, 100–1, 718.
  2. ^ Common Questions on Emily Dickinson