時津町立時津小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
時津町立時津小学校
過去の名称 第五大学区第一中学区公立時津小学校
中等時津学区時津小学校
時津学区公立中等時津小学校
時津学区尋常時津小学校
時津尋常小学校
時津尋常高等小学校
時津村国民学校
時津村立時津小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 時津町
校訓 強く・正しく・美しく
設立年月日 1874年(明治7年)10月28日
創立者 田中壮九郎・田中治兵衛
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 851-2104
長崎県西彼杵郡時津町野田郷2番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

時津町立時津小学校(とぎつちょうりつ とぎつしょうがっこう, Togitsu Town Togitsu Elementary School)は長崎県西彼杵郡時津町野田郷にある公立小学校。時津町内では一番歴史の長い小学校である。

概要[編集]

歴史
1874年明治7年)に開校した「第五大学区第一中学区時津小学校」を前身とする。2009年平成21年)に創立135周年を迎えた。
校訓
「強く、正しく、美しく」
校歌
基本的に歌われているのは2番までだが、「明治」の歌詞で始まる3番が存在し、2010年の140周年記念式典で、教員が斉唱した。
校区
住所表記で時津町の後に元村郷、野田郷、浦郷が続く地域[1]。中学校区は時津町立時津中学校

沿革[編集]

前史
  • 1870年(明治3年)3月 - 時津村・長与村・西浦上村3村連合で、時津村元村郷の茶屋跡の家屋を校舎に授業を開始。
    • 教員(校長)として波佐見の田中壮九郎を招く。当初の生徒は約40名。
  • 1872年(明治5年)
    • 時津村・西時津村・日並村が合併し、時津村となる。
    • 時津村日並郷字道木の庄屋跡を校舎に山口洋三郎を招き、授業を開始。
    • 学制が公布される。
  • 1874年(明治7年)
    • 2月 - 簡易日並小学校が開校。校長は田中治兵衛。
    • 5月 - 長与村・西浦上村との連合関係を解き、簡易時津小学校が開校。
正史
  • 1874年(明治7年)10月28日 - 学制により、正式に「第五大学区第一中学区中等時津小学校」が開校。校長には田中治兵衛が就任。旧庄屋跡[2]に校舎を設置。
  • 1888年(明治21年)9月 - 9ヶ村[3]連合で第四高等小学校を浦郷松本(現・時津図書館)に設置。
  • 1889年(明治22年)- 中等時津小学校を「尋常時津小学校」に改称。
  • 1893年(明治26年)
    • 4月 - 第四高等小学校を時津村で引き受け、尋常時津小学校と合併し、「時津尋常高等小学校」と改称。職員6名、生徒数は尋常科が228名、高等科が89名。
    • 7月 - 簡易日並小学校を統合し、日並分教場とする。
  • 1900年(明治33年)7月 - 日並分教場を日並郷中曽根に移転。
  • 1911年(明治44年)11月 - 時津農業補習学校を併置。
  • 1921年大正10年)5月 - 併設の時津農業補習学校に女子部が設置される。
  • 1926年(大正15年)6月 - 併設の農業補習学校が青年訓練認定時津実業補習学校に改称。
  • 1934年(昭和9年)7月 - 本校2階建て木造校舎が完成。
  • 1935年(昭和10年)6月1日 - 青年学校令により、併設の補習学校が時津青年学校に改称。
  • 1941年(昭和16年)4月1日
    • 国民学校令により、「時津村国民学校」に改称。尋常科を初等科に改称。
    • 時津青年学校が時津高等実業青年学校[4]に改称の上、浦郷(現・時津町立時津保育所)に移転。併設を解消。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 学制改革(六・三制の実施)
    • 旧・国民学校の初等科を改組し、「時津村立時津小学校」とする。日並分教場を「時津町立時津小学校日並分校」とする。
    • 旧・国民学校の高等科と旧・高等実業青年学校を改組し、時津村立時津中学校新制中学校)とし、旧・青年学校の校舎を仮校舎に使用。
  • 1951年(昭和26年)12月1日 - 町制施行で時津町が発足したことにより、「時津町立時津小学校」(現校名)に改称。
  • 1959年(昭和34年)4月 - 村松村子々川郷が時津町に編入[5]されたことにより、日並分校が児童数増加で6学級となる。
  • 1960年(昭和35年)4月1日 - 日並分校が分離し、時津町立時津北小学校として独立。
  • 1969年(昭和44年)4月 - 野田郷2番地(現在地)に鉄筋コンクリート造3階建ての新校舎(第一期工事)が完成し、12学級が移転。
  • 1970年(昭和45年)4月 - 校舎がすべて完成し、全学年が移転。時津町横尾地区が長崎市に編入したことにより、長崎市立大園小学校に横尾地区の児童を移す。
  • 1971年(昭和46年)3月 - 体育館が完成。
  • 1973年(昭和48年)8月 - プールが完成。
  • 1976年(昭和51年)4月 - 時津町内の児童数増加により、時津町立時津東小学校が新設分離し、浜田郷・小島田郷・西時津郷の児童を移す。

アクセス[編集]

最寄りのバス停
最寄りの国道・県道

周辺[編集]

  • 時津町役場
    • 時津図書館
    • 時津町立時津保育所
  • 時津川
  • ヤマダ電機テックランド時津店

脚注[編集]

  1. ^ 公立小・中学校 校区一覧 - 時津町ウェブサイト
  2. ^ 現・町営住宅。
  3. ^ 時津村・長与村・伊木力村・西浦上村・式見村・三重村・村松村・長浦村・亀岳村
  4. ^ 1947年(昭和22年)3月31日に廃止。
  5. ^ 編入された日は1月15日
[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 「時津町郷土誌」(1979年(昭和54年)5月30日, 時津町教育委員会)第2章 教育と文化 p.41 -

関連項目[編集]

外部リンク[編集]