昭洋 (測量船)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Japan Coast Guard HL01 SHOYO.jpg
艦歴
建造者 {{{建造者}}}
運用者 {{{運用者}}}
計画 {{{計画}}}
発注 {{{発注}}}
起工 {{{起工}}}
進水 {{{進水}}}
竣工 1998年3月20日
就役 就役中
退役 {{{退役}}}
除籍 {{{除籍}}}
除籍後 {{{除籍後}}}
その後 {{{その後}}}
母港 {{{母港}}}
主要諸元
艦種 {{{艦種}}}
艦級 {{{艦級}}}
排水量 総トン数:3,128t
全長 98.0m
全幅 15.2m
深さ 7.8m
高さ {{{高さ}}}
吃水 {{{吃水}}}
機関 ディーゼル電気推進(ディーゼル2基、推進電動機2基)2軸推進 5,700馬力
機関出力 {{{機関出力}}}
速力 16.5kt
燃料 {{{燃料}}}
航続距離 12,000浬
潜航限界深度 {{{潜航限界深度}}}
乗員 37名
搭載量 {{{搭載量}}}
兵装
艦載艇 {{{艦載艇}}}
艦載機 {{{航空機}}}
艦載機 {{{艦載機}}}
搭載総数 {{{総搭載機数}}}
飛行甲板 {{{飛行甲板}}}
C4I {{{C4I}}}
レーダー {{{レーダー}}}
ソナー {{{ソナー}}}
探索装置・
その他装置
{{{探索装置}}}
電子戦
対抗手段
{{{電子戦}}}
愛称 {{{愛称}}}
モットー {{{モットー}}}
その他 {{{その他}}}

昭洋(HL-01)は、海上保安庁測量船。公称船型は3,000トン型。

概要[編集]

1998年(平成10年)に退役した同名測量船の後継船として、同年3月20日に三井造船玉野事業所で竣工した。海上保安庁の測量船としては最大級である。また同船種として初のディーゼル電気推進を採用し、竣工同年の「シップ・オブ・ザ・イヤー98」を受賞した。 様々な観測・測量装置を備え、水路測量や海洋観測業務に従事しており、さらなる搭載器機の更新のため平成24年度後半から近代化工事が予定されている。

主要搭載装置[編集]

  • 複合測位装置
  • マルチビーム測深機(シービーム2112)
  • 海上重力計
  • 海上磁力計
  • 連続塩分水温水深計(CTD)
  • 超音波流向流速計(ADCP)
  • 特殊搭載艇「マンボウⅡ」
  • 機動測量艇(昭洋1号艇)

就役当初は曳航式サイドスキャンソナー(通称アンコウ)を搭載していたが、現在は業務に利用することがないため陸上保管されている。

参考文献[編集]

  • 海人社『世界の艦船』1998年5月号 No.538
  • 海人社『世界の艦船』2012年7月号 No.762

関連項目[編集]