春江町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
はるえちょう
春江町
廃止日 2006年3月20日
廃止理由 新設合併
三国町丸岡町春江町坂井町坂井市
現在の自治体 坂井市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
都道府県 福井県
坂井郡
団体コード 18365-2
面積 24.47km²
総人口 23,968
(2005年国勢調査)
隣接自治体 坂井町丸岡町福井市
町の木 イチイ
町の花 ユリ
春江町役場
所在地 910-0492
福井県坂井郡春江町随応寺17号10番地
旧春江町役場(現在は坂井市役所春江総合支所)
座標 北緯36度08分
東経136度13分
旧・春江町の位置
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

春江町(はるえちょう)は、福井県北部、坂井郡に属していた2006年3月20日、坂井郡内3町との合併により坂井市春江町となった。

宅地造成が進み福井県トップレベルの人口増加率となっており、福井市ベッドタウンとしての役割を持っている。

地理[編集]

福井平野の中、全域が平地であり山がない。

主な地形[編集]

隣接していた市町村[編集]

歴史[編集]

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行により、境村・為国村・沖布目村・大針村・江留上村・江留下村・随応寺村・江留中村・藤鷲塚村・千歩寺村・中庄村・本堂村・西太郎丸村・東太郎丸村・針原村・田端村・高江村・松木村・金剛寺村・安沢村の区域をもって春江村が発足。
  • 1942年昭和17年)4月3日 - 春江村が町制施行して春江町となる。
  • 1955年(昭和30年)3月30日 - 磯部村の一部(大字中筋・定重および、それぞれ出垣内の区域を除く大字正蓮花・寄安)を編入。
  • 1955年(昭和30年)3月31日 - 大石村と合併し、改めて春江町が発足。
  • 1964年(昭和39年)5月1日 - 坂井町と境界変更。
  • 1967年(昭和42年)8月1日 - 丸岡町と境界変更。
  • 2006年平成18年)3月20日 - 三国町・丸岡町・坂井町と合併して坂井市が発足。同日春江町廃止。

行政[編集]

  • 町長 渡辺一成 (2005年5月~2006年3月)

経済・産業[編集]

総面積のほぼ半分が水田であり稲作が盛ん。幹線道路沿いには郊外型商業施設が建ち並ぶ。

産業人口[編集]

2005年国勢調査

  • 第1次産業 0502人
  • 第2次産業 5211人
  • 第3次産業 7172人

市町村合併[編集]

春坂市[編集]

2002年平成14年)12月2日、「春江町・坂井町合併協議会」を設置した。春江町は2004年(平成16年)3月15日に、隣の坂井町と合併して「春坂市」になる予定だったが、2003年(平成15年)8月13日に坂井町長からの「合併一年延期」の申し入れによって、8月20日に予定されていた合併調印式を延期した。(元をたどれば、県内の町では一番人口が多い丸岡町競艇のある三国町が合併に積極的ではなかった)

しかし、春江町は「2004年3月合併」の期限を堅持することを確認。8月27日の区長会で、当時の春江町長が坂井町長の態度を理由に「合併白紙」を宣言し、9月3日には記者会見で合併白紙を正式に発表した。

これにより、あわら市に次ぐ県内二番目の新市誕生は幻になった。

坂井市[編集]

2004年(平成16年)4月27日三国町長が坂井郡4町での合併を模索する意向を示した。2003年末には坂井町長が丸岡町と三国町に合併の打診をし、春江町長も福井市への編入を示唆していたのだが、春坂市のしこりが残る坂井郡をひとつにまとめようと、将来的なあわら市との合併も視野に入れての提案だった。6月15日に「坂井郡四町合併準備会」、8月20日に法定の「坂井郡四町合併協議会」を設置し、協議も順調に進んで、11月16日には新市名を「坂井市」とすることまで決まった。

しかし、12月21日には春江町長が「町の主張が通らない」として、一方的な合併離脱を表明するなか、同年末に福井市長と合併に関する事項を話した(福井市長の記者会見回答による)とされる面談を行うなど、町長の突飛な行動に町議会からの反発も起きた。2005年(平成17年)2月には春江町長が協議への復帰を表明。3月3日には、最後まで決まらなかった「庁舎を坂井町に置く」という項目も受け入れて、3月17日に合併調印式を行った。その後各町議会の可決、7月5日に福井県議会での可決を経て、8月29日告示された。

この間、春江町では町政に混乱を来した、として住民が町長のリコールを町選挙管理委員会に請求。合併調印後の2005年(平成17年)4月にその選挙告示を控えた町長が自らその職を辞する結末を迎えたが、その直前に助役、収入役も辞職しており、5月に新人候補2名の町長選挙を経て当選者が就任するまでの間、一般職の総務課長が町長職務執行者を務める異常事態となった。

2006年(平成18年)3月20日、県内では敦賀市越前市を抜いて2番目の規模となる、人口約9万3000人の「坂井市」が誕生した。

交通[編集]

空港[編集]

福井空港(定期便なし)

鉄道路線[編集]

中心となる駅 
春江駅
隣接市町村への連絡
JR西日本
北陸本線:(福井市) - 春江駅 - (坂井町
えちぜん鉄道
三国芦原線:(福井市) - 太郎丸駅 - 西春江駅 - 西長田駅 -(坂井町)
都道府県庁への連絡
春江駅から北陸本線普通列車約9分の福井駅(福井市)下車
広範囲な連絡
春江駅から北陸本線普通列車で福井駅、または芦原温泉駅あわら市)にてJR西日本の特急列車に接続

バス路線[編集]

京福バス
福井駅から町内への路線、町内を通り丸岡町、および坂井町の西端部を経て三国町へ向かう路線を運行

道路[編集]

高速道路
町内のインターチェンジ:なし(最寄のインターチェンジは北陸自動車道丸岡インターチェンジ
一般国道
なし
都道府県道
福井県道・石川県道5号福井加賀線
福井県道10号丸岡川西線
福井県道20号三国春江線
福井県道29号福井金津線
福井県道30号福井丸岡線
福井県道102号春江川西線
福井県道103号福井三国線
福井県道108号春江丸岡線
福井県道160号板倉高江線
福井県道163号高江針原線
福井県道234号福井空港線

地域[編集]

健康[編集]

平均年齢は41.7歳(2005年国勢調査)。福井県の調査時点の市町村では最も低い。

教育[編集]

出身有名人[編集]

その他[編集]

参考文献[編集]

  • 『市町村名変遷辞典』東京堂出版、1990年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]