春川栄山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

春川 栄山(はるかわ えいざん、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

鳥文斎栄之の門人かといわれる。俗名は不明。江戸中橋槙町(現在の日本橋三丁目付近)に住む。作は寛政7年(1795年)に刊行された狂歌本『歳旦狂歌江戸紫』(万亀亭主人編)の挿絵のみが知られる。門人に春川五七(神屋蓬洲)がいる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]