春川ナミオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

春川ナミオ(はるかわ - 、1947年(昭和22年) - )は大阪府出身のイラストレーター。主に、豊満な女性に虐げられる男性(あるいは男性を虐げる豊満な女性)をモチーフにした作品を発表している。

概説[編集]

メディアへの初出は、戦後の三大カストリ雑誌の一つとして数えられる「奇譚クラブ」の読者投稿欄であった。昭和30年代から男性マゾヒズムをテーマにした独特の絵柄でマニアの支持を集め、この分野の第一人者としての地位を確立した。近年欧米のウェブサイトで春川の絵を掲載しているアダルトサイトも増え、彼の名前を知らなくても絵は見たことがあるという人はいる。こうしたアダルトサイトでは沖渉二椋陽児前田寿按小妻容子などSM雑誌から直接取り込んだらしいラインナップ(おそらく無断使用の著作権侵害と思われる)が並んでいるが、春川の描くグラマラスな女性が海外のマニアに好まれるのか、専門サイトも存在している。

ペンネームの「春川ナミオ」は女優「春川ますみ」と谷崎潤一郎の『痴人の愛』主人公「ナオミ」のアナグラムとされている。春川ますみは元ストリッパーのグラマー女優であり、このペンネームからも春川のフェティシズムが伺える。一貫して豊満な女性に虐げられる男性を描いているが、その男性は喜んでその苦痛を享受しており、男性のマゾヒズムを徹底的に描く作家として知られている。SM雑誌に作品を発表しながら、北川プロのSMビデオなど多くのアダルトビデオのパッケージイラストも手がけている。また漫画作品やアニメーションの監督もつとめている。

作風[編集]

春川の描く女性は豊満で、ルノアールの描く裸婦像にも似てかなりのボリュームがある。また、尻と乳房を非常に大きく描くために日本人離れしたプロポーションとなり、そのためか海外での評価が高い。顔面騎乗を好み、呼吸ができないほど女性の尻に深く埋没した男性の顔、というモチーフは数え切れないほど描かれている。また圧迫系プレイとされる踏み付けや人間馬人間便器というディープなシチュエーションも多い。なお、あの独特の画風は全て鉛筆で描かれている。

作品[編集]

画集[編集]

  • 『痴人の愛』(発行:サン出版 1980年)- 初の画集
  • 『処刑島の女王』(発行:夢屋 1994年
  • 『春川ナミオ画集』(発行:夢屋 1996年
  • 『巨女渇愛』(発行:大洋図書 2000年
  • 『巨女渇愛 VOL.2 - 巨女の魅惑に酔い痴れて』(発行:マイウェイ出版 2002年

映像[編集]

  • 『復讐の美尻 セクハラ上司の屈従』(製作:北川プロ 実写作品 監督:春川ナミオ)
  • 『闇の貴婦人 男狩り』(発行:BOOKSオリオン、アニメ作品 1997年
  • 『春川ナミオ』(DVDアニメ作品)
  • 『顔面騎乗に花束を!』(DVD 北川プロ 監督:homer 主演:みづき桃香 2010年
女王様と奴隷によるSM作品だが、友情出演として春川ナミオ本人がインタビューに応じている。