春初めてのカッコウの声を聴いて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

春はじめてのカッコウを聞いて』(はるはじめてのかっこうをきいて、英語On Hearing the First Cuckoo in Spring)は、フレデリック・ディーリアス1912年に作曲した音詩。『川面の夏の夜』(Summer Night on the River)とともに『小オーケストラのための2つの小品』(Two Pieces for Small Orchestra)を構成している。

概要[編集]

世界初演は1913年10月2日ライプツィヒで行われた。イギリス初演は1914年1月20日ウィレム・メンゲルベルク指揮ロンドン・フィルハーモニック協会のオーケストラによる。

構成[編集]

弦楽器を伴奏に、クラリネットによるカッコウの声とオーボエの断片的な旋律を含んだ序奏で始まる。やがて、序奏のカッコウの声から派生した旋律が弦楽パートに現れる。第1ヴァイオリンに委ねられた第2主題は、グリーグも用いたノルウェー民謡『オーラの谷にて』から採られている。クラリネットがカッコウの声とともに戻って来て、やがて牧歌的な基調のまま締め括りを迎える。