春の嵐

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

春の嵐』(はるのあらし、原題:Gertrud )は、ヘルマン・ヘッセが著した小説1910年に発表された。原題の音訳でそのまま『ゲルトルート』とも呼ばれる。

不慮の事故により身体障害者となってしまったクーンを主人公とし、その友で才能あるオペラ歌手のムオト、クーンに愛されそしてムオトの妻となるゲルトルートとの交流を通してその人生を描く。

日本語訳[編集]

  • 春の嵐 原名ゲルトルート(高橋健二訳、新潮社、1939年 のち文庫)
  • 春の嵐(秋山六郎兵衛訳、ヘルマン・ヘッセ全集 第3 三笠書房、1959年 「孤独な魂 ゲルトルート」角川文庫)
  • 春の嵐(榛葉英治訳、偕成社 少女世界文学全集、1962年)
  • 春の嵐(石丸静雄訳、1967年、旺文社文庫)
  • 春の嵐(山本藤枝訳、岩崎書店 ジュニア版世界の文学、1967年)
  • 春の嵐(飯吉光夫訳 世界文学全集 32 ヘッセ 集英社、1973年)
  • 春の嵐(辻瑆訳、筑摩書房、1977年)
  • ゲルトルート(日本ヘルマン・ヘッセ友の会・研究会 編訳 ヘルマン・ヘッセ全集 臨川書店、2006年)