春の小川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
春の小川

春の小川」(はるのおがわ)は、1912年に発表された文部省唱歌である(高野辰之が作詞[1]岡野貞一が作曲したとの説がある)。初めて掲載されたのは『尋常小学唱歌 第四学年用』である。以後歌詞の改変があったものの、国民学校小学校で現代まで100年以上にわたって教えられ続け、世代を越えて歌い継がれている。二部形式で書かれた楽曲である。

オリジナルの歌詞[編集]

1912年、『尋常小学唱歌 第四学年用』に載った歌詞は次の通り。1930年頃までに生まれた世代はこの歌詞で習っている。1930年生まれである詩人の川崎洋は、学生時代に習った際にもこの歌詞であったことを著書に記している[2]。なお、当時は作者の名前が伏せられていた。

※著作権消滅済

一、
春の小川はさらさら流る。
岸のすみれやれんげの花に、
にほひめでたく、色うつくしく
咲けよ咲けよと、ささやく如く。
二、
春の小川はさらさら流る。
蝦やめだかや小鮒の群に、
今日も一日ひなたに出でて
遊べ遊べと、ささやく如く。
三、
春の小川はさらさら流る。
歌の上手よ、いとしき子ども、
聲をそろへて小川の歌を
うたへうたへと、ささやく如く。

歌詞の変更[編集]

この曲の歌詞は2回改変された。このために世代によって覚えている歌詞が違うという問題ができた。

1942年版の歌詞[編集]

国民学校への移行に伴い教科書が改訂された。「春の小川」は3年生用の『初等科音楽 一』に再録されたが当時の国民学校令施行規則では国語で文語文を教えるのは5年生以上と定められていた。そのため、林柳波が歌詞を口語体に変えた。さらに3番の歌詞を削除した。

一、
春の小川は、さらさら行くよ。
岸のすみれや、れんげの花に、
すがたやさしく、色うつくしく
咲いてゐるねと、ささやきながら。
二、
春の小川は、さらさら行くよ。
えびやめだかや、小ぶなのむれに、
今日も一日ひなたでおよぎ、
遊べ遊べと、ささやきながら

1947年版の歌詞[編集]

戦後の1947年、最後の文部省著作音楽教科書である『三年生の音楽』では再び歌詞が次のように改められた。この変更は民間の編集した教科書にも継承された。

一、
春の小川は、さらさら行くよ。
岸のすみれや、れんげの花に、
すがたやさしく、色うつくしく
咲けよ咲けよと、ささやきながら。
二、
春の小川は、さらさら行くよ。
えびやめだかや、小ぶなのむれに、
今日も一日ひなたでおよぎ、
遊べ遊べと、ささやきながら。

現在小学校で教えられている歌詞[編集]

1947年版の歌詞を教えるところもあり、また、新仮名遣いに改められた1942年版の歌詞を教えるところもあり、地域、教科書、学校によってまちまちである。また、合唱用としてオリジナルの歌詞を教わる場合もある。

歌詞の由来[編集]

小田急線参宮橋-代々木八幡駅間の線路沿いにある『春の小川』の歌碑

作詞をしたとされる高野の自筆原稿は発見されておらず、歌のモデルの川については決定的な資料はない。

作詞当時、高野は東京府豊多摩郡代々幡村の一角(現在の代々木3丁目)に居を構えていた。当時の一帯は一面の田園地帯であり、宇田川の支流のひとつである河骨川と呼ばれる小川[3]が田を潤していた。高野は家族ともどもこの川に親しみ、それを謳ったのがこの歌であるという説がある[4]。 河骨川は1964年(昭和39年)に暗渠化されたが、かつての川の岸辺、小田急線代々木八幡駅にほど近い線路沿い(代々木5丁目65番地)には歌碑が建てられ、渋谷区教育委員会による解説が添えられている。また、渋谷区内で宇田川や渋谷川に合流することから、歌の舞台としてこれらの川が紹介されることがある。

ただし、高野が現在の長野県中野市出身であることから、この小川は高野の地元である長野県内のことではないかとする説もある[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『洋泉社MOOK 東京ぶらり暗渠探検 消えた川跡をたどる!』洋泉社 2010年3月 ISBN 9784862485090
  2. ^ 「大人のための教科書の歌」 44頁。
  3. ^ 河骨が多かったのが名の由来といわれている。
  4. ^ 藤田桂世 『大正・渋谷道玄坂』 青蛙房、1978年

参考文献[編集]