春のめざめ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『春のめざめ』初版(1891年)

春のめざめ』(Frühlings Erwachen)は、フランク・ヴェーデキント戯曲1891年出版。思春期の少年たちの性への目覚めと、それに対する大人たちの抑圧、その結果として起こる少年たちの悲劇を描いた3幕の作品。検閲により上演禁止の措置がとられ、15年を経た1906年になってマックス・ラインハルトの演出で初演された。

内容[編集]

中心人物はギムナジウムの優等生メルヒオールと、その友人の劣等生モーリッツ、同級生の少女ヴェントラの3人。メルヒオールとモーリッツはある日の帰り道、ふとしたきっかけで性知識の話をはじめ、メルヒオールはモーリッツに「子供を作る方法」を図解入りの文で説明してやると約束する。成績のさえなかったそのモーリッツは、一時は仮進級にこぎつけるものの競争に耐えられなくなる。彼はメルヒオールの母親にアメリカへ出奔するための資金を無心するが断られ、河のほとりでピストル自殺をする。一方メルヒオールは家畜小屋のなかでなかば強姦のようにしてヴェントラと肉体関係を結び、この結果ヴェントラは妊娠する。彼女は人知れず幸福を感じていたが、事実を知った母親によって堕胎させられ、堕胎薬がもとで死んでしまう。

モーリツの遺品の中から先の図解入りの文書が見つかり、ついで手紙からヴェントラとの関係が発覚したメルヒオールは、親によって感化院に入れられる。メルヒオールは感化院を脱走するが、森の中でヴェントラの墓を見つけ、彼女が死んだことを知る。自分を責めるメルヒオールのもとに、首を失ったモーリッツが現われ、彼を死へと誘う。そこに仮面をつけた紳士が現われ、「モラル」が想像から生まれながらも実体として存在するものであることを教え、モーリッツを諭してメルヒオールを生の世界へ連れ戻す。

成立と受容[編集]

ヴェーデキントはこの戯曲の草稿をチューリヒで書いたのち、1890年10月から1891年4月にかけてミュンヘンで書き上げた。抑圧された環境下での青少年の性を赤裸々に描いており、作中には強姦やサド・マゾヒズム、自慰を暗示する場面、同性愛の描写といったものが含まれるが、ヴェーデキント自身はほとんどすべての場面が自分のギムナジウム時代に現実にあったことを基にしていると述べている。作中で自殺するモーリッツは、実際に自殺したヴェーデキントの二人の同級生フランク・オバーリンとモーリッツ・デュアが主なモデルとなっており、ヴェーデキントは後者から自殺の計画を打ち明けられた際、彼についての戯曲を書くことを約束したのだという(Hensel, S. 102ff.)。

この戯曲ははじめミュンヘンの出版社に持ち込んだが内容に対する法的な懸念から断られ、最終的にチューリヒの書店からヴェーデキントの自費で出版された。初版本の表紙画はヴェーデキント自身の依頼でフランツ・フォン・シュトゥックが担当している。しかし内容が問題視されて上演は禁じられ、実際に舞台にかけられたのは1906年になってからであった。初演はベルリン・ドイツ座においてマックス・ラインハルトの演出で行われており、検閲でいくつかの場はカットされた。プロイセンでは初演後にふたたび上演禁止が命じられたが、1907年にはバイエルンで上演され、その後オーストリア各地でも舞台にかけられている。第一次世界大戦を挟んでも人気が衰えず、時代を現代に移し変えた演出などで現在にいたるまで上演が続けられており、20世紀の作品ではブレヒトの諸作品と並ぶといわれるほどの成功を収めることとなった。

1928年にはマックス・エッティンガー作曲によるオペラ版が上演されている。また1923年にヤーコプ・フレック監督で、リヒャルト・オスワルト監督でそれぞれ映画が作られた。2006年にはダンカン・シークの音楽とスティーブン・セイターの脚本によりブロードウェイロック・ミュージカルとして上演されており、この作品はトニー賞を8部門受賞するなどして話題をさらっている(春のめざめ (ミュージカル)を参照)。

日本語訳[編集]

  • 春のめざめ(酒寄進一訳、長崎出版、2009年)
  • 春のめざめ(菅藤高徳訳、河出文庫、1955年)
  • 春の目ざめ(川崎芳隆訳、三笠文庫、1951年)
  • 『世界戯曲全集 第16巻 独墺篇 6 ウエデキント・シユテルンハイム集』(世界戯曲全集刊行会、1930年、春のめざめ:菅藤高徳訳)
  • 春のめざめ(野上豊一郎訳、岩波文庫、1927年;角川文庫、1955年)
  • 『春のめざめ・地霊』(河原万吉等訳、潮文閣、1927年)
  • 春のめざめ(柴田咲二訳、新栄閣、1924年)

参考文献[編集]

  • フランク・ヴェーデキント 『春のめざめ』 酒寄進一訳、長崎出版、2009年
  • 保坂一夫 編 『ドイツ文学 名作と主人公』 自由国民社、2009年、129-131頁
  • Georg Hensel: Nachwort. In: Frühlings Erwachen, Stuttgart 2000, Reclam.

外部リンク[編集]