星野立子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

星野 立子(ほしの たつこ、1903年明治36年)11月15日 - 1984年(昭和59年)3月3日)は、昭和期の俳人。高浜虚子の次女。虚子の一族でも特に評価の高い人物の一人である。女流では中村汀女橋本多佳子三橋鷹女とともに四Tと称された。

東京府麹町区富士見町(現・東京都)に生まれ、7歳のとき鎌倉に移る。東京女子大学高等学部卒業。1925年に星野天知の息子・星野吉人と結婚。『ホトトギス』発行所および文化学院に就職。1926年より父の薦めで作句をはじめる。1930年、父の後ろ盾を得て、初の女性による主宰誌『玉藻』創刊。句集に『立子句集』(1937年)『鎌倉』(1940年)『実生』(1957年)『春雷』(1972年)などがある。

虚子は子女のなかで、句作を「私の方から勧めたのは、星野立子一人である」(『晴子句集』序文)としている。さらに虚子は『立子句集』(1937年)の序文で「自然の姿をやはらかい心持で受け取ったまゝに諷詠するといふことは立子の句に接してはじめて之ある哉といふ感じがした。写生といふ道をたどつて来た私はさらに写生の道を立子の句から教はつた感じる」と激賞した。1935年ころからは、それまでの「明るい鏡に写しとつたやうな景色を写生した句」が「作者の感情に動くままに景色を描くといつた句になつて来た」(「玉藻」1925年11月号)と評している。

作品[編集]

  • ままごとの飯もおさいも土筆かな
  • 囀をこぼさじと抱く大樹かな
  • 朴の葉の落ちをり朴の木はいづこ
  • しんしんと寒さがたのし歩みゆく
  • 雛飾りつつふと命惜しきかな

などが代表句である。立子は自ら進んで認めたように、虚子の唱える客観写生、花鳥諷詠の忠実な実践者であった[1]。口語的な発想の伸びやかな句風であり、父虚子の持っていた即興詩的な側面をよく受け継いでいる[2]

出典[編集]

  1. ^ 齋藤慎爾坪内稔典夏石番矢復本一郎編 『現代俳句ハンドブック』 雄山閣、1995年、83頁
  2. ^ 山本健吉 『定本 現代俳句』 角川書店、1998年、219頁

外部リンク[編集]