星原健太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星原 健太 Football pictogram.svg
名前
愛称 ケンタ、ホッシー
カタカナ ホシハラ ケンタ
ラテン文字 HOSHIHARA Kenta
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1988年5月1日(26歳)
出身地 大阪府大東市
身長 173cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム ギラヴァンツ北九州
ポジション FW (WG) / DF (SB)
背番号 17
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2007-2013 ガンバ大阪 10 (1)
2012 水戸ホーリーホック(loan) 11 (1)
2014- ギラヴァンツ北九州 0 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2013年12月16日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

星原 健太(ほしはら けんた、1988年5月1日 - )は、大阪府大東市出身のプロサッカー選手ポジションフォワードディフェンダー

来歴[編集]

少年チームのコーチをしていた父である星原隆昭(現・セレッソ大阪U-15監督)[1]の影響でサッカーをはじめ、中学進学と同時にガンバ大阪ジュニアユースに入団。ユース時代の2005年には高円宮杯全日本ユース選手権日本クラブユース選手権で得点王に輝く活躍を見せた。

2007年にG大阪のトップチームに昇格(同期昇格は倉田秋下平匠)。毎年怪我に泣かされ出場機会を得られなかったが、4年目の2010年に公式戦初出場を飾り、同年5月のJ1リーグ第9節鹿島アントラーズ戦でプロ初得点を決めた。

2012年8月8日に水戸ホーリーホックに期限付き移籍。横浜FC戦では、移籍後初ゴールを決めた。

2013年は、期限付き移籍満了に伴いガンバ大阪に復帰が決まった[2]。この年、主にフォワードではなくディフェンダー(サイドバック)としてベンチ入りする機会が多かったが、出場はわずか2試合に留まった。シーズン終了後、ギラヴァンツ北九州への移籍が発表された[3]。また、ポジション登録もDFに変更した。

人物・エピソード[編集]

  • 同じ誕生日(5月1日)という理由から、当時チームメイトの木村敦志との共同ブログを2011年5月に開設。
  • 2010年に決めたJリーグ初ゴールも5月1日の誕生日であった。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
  • 1995年 - 2000年 四条畷FC
  • 2001年 - 2003年 ガンバ大阪ジュニアユース
  • 2004年 - 2006年 ガンバ大阪ユース(門真なみはや高校
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
2007 G大阪 32 J1 0 0 0 0 0 0 0 0
2008 24 0 0 0 0 0 0 0 0
2009 0 0 0 0 0 0 0 0
2010 6 1 0 0 0 0 6 1
2011 0 0 1 0 1 0 2 0
2012 2 0 0 0 - 2 0
水戸 32 J2 11 1 - 1 0 12 1
2013 G大阪 24 2 0 - 0 0 2 0
2014 北九州 17 -
通算 日本 J1 8 1 1 0 1 0 10 1
日本 J2 13 1 - 1 0 14 1
総通算 21 2 1 0 2 0 24 2
国際大会個人成績 FIFA
年度 クラブ 背番号 出場 得点 出場 得点
AFC ACL クラブW杯
2008 G大阪 24 0 0 0 0
2009 0 0 -
2010 1 0 -
2011 0 0 -
2012 2 0 -
通算 AFC 3 0 0 0

経歴[編集]

タイトル[編集]

クラブ[編集]

ガンバ大阪ユース
ガンバ大阪

個人[編集]

代表歴[編集]

  • U-18日本代表
  • U-19日本代表

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 星原 隆昭(ホシハラ タカアキ) Takaaki HOSHIHARA”. セレッソ大阪 CEREZO OSAKA OFFICIAL SITE. 2012年4月7日閲覧。
  2. ^ 星原 健太選手 ガンバ大阪へ復帰のお知らせ ガンバ大阪 2013年1月11日
  3. ^ “星原 健太選手 ギラヴァンツ北九州へ完全移籍のお知らせ”. ガンバ大阪オフィシャルサイト. (2013年12月16日). http://www.gamba-osaka.net/news/news_detail.php?id=5444 2013年12月16日閲覧。 

外部リンク[編集]