星に想いを

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
星に想いを
I.Q.
監督 フレッド・スケピシ
脚本 アンディ・ブレックマン
製作 キャロル・バウム
出演者 メグ・ライアン
ティム・ロビンス
ウォルター・マッソー
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
ダニー・マイケル
撮影 イアン・ベーカー
編集 ジル・ビルコック
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年12月25日
日本の旗 1995年5月3日
上映時間 110分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 $26,381,221[1]
テンプレートを表示

星に想いを』(I.Q.)はフレッド・スケピシ監督による、 1994年ロマンティック・コメディで、出演はティム・ロビンスメグ・ライアン、そしてウォルター・マッソーである。

あらすじ[編集]

自動車修理工のエドは、プリンストン大学数学者の美しく聡明なキャサリン・ボイドと偶然出会った。

2人は互いに一目で恋に落ちるのだが、キャサリンはそれを認めようとしない。工場に置き忘れた懐中時計を見つけたエドは、それを返しに彼女の住所へ赴いたところ、アルバート・アインシュタインと出くわす。キャサリンはアインシュタインの姪だったのだ。いたずら好きの天才として描かれるアインシュタインは、いたずら好きな友人科学者達のネイサン、カート、そしてボリスらとともに、エドをキャサリンにお似合いの若者としてとらえ、エドをもっと科学者らしく見せるために手助けを始める。

その一方、キャサリンには人生が数字だけで割り切れるものでなく、心で感じるものでもあるのだと教えようとする。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エド・ウォルターズ ティム・ロビンス 大塚芳忠
キャサリン・ボイド メグ・ライアン 佐々木優子
アルバート・アインシュタイン ウォルター・マッソー 富田耕生
ジェームズ・モーランド スティーヴン・フライ 大塚明夫
ルイス・バンバーガー チャールズ・ダーニング 池田勝
カート・ゴデル ルー・ジャコビ 茶風林[2]
ボリス・ポドルスキー ジーン・サックス 北村弘一
ネイサン・リープクネヒト ジョゼフ・メイハー 村松康雄
ボブ・ロゼッティ トニー・シャルーブ 田原アルノ
フランク フランク・ホエーリー
アイゼンハワー大統領 キーン・カーティス
特別捜査官 ダニエル・フォン・バーゲン 辻親八
ビル・ライリー グレッグ・ジャーマン
(クレジットなし)
古田信幸

豆知識[編集]

  • 現実にはアインシュタインにはキャサリン・ボイドという姪はいなかった。
  • 劇中よく話題に上る科学理論、量子力学についてのアインシュタインの著作は現実にはない。
  • 劇中と違い、クルトが恥ずかしがり屋で内向的だったのは有名である。
  • 劇中ではアインシュタインとその仲間達がほぼ同年齢のように描かれているが、実際はアインシュタインより17歳~30歳若かった。
  • ルイス・バンバーガー(ニュージャージーの実業家として登場)は実際にはこの映画の時代には生存していない。1944年没である。

参考文献[編集]

  1. ^ a b I.Q.”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年11月20日閲覧。
  2. ^ ビデオパッケージは今西正男に誤表記されている。

外部リンク[編集]